VIRGIN HARLEY | 来場者のマナーのよさを改めて感じさせられたホットロッドショー2014最速レポート第二弾 トピックス

来場者のマナーのよさを改めて感じさせられたホットロッドショー2014最速レポート第二弾

  • 掲載日/2014年12月11日【トピックス】
  • 取材協力/MOONEYES
Hotbike Japan.comコンテンツ
チョッパーシティ仙台から参加のCOSMICは2台のショベルヘッドを持ち込んだ。同店の真髄であるフリスコスタイルは文句ナシにクール。
チョッパーシティ仙台から参加のCOSMICは2台のショベルヘッドを持ち込んだ。同店の真髄であるフリスコスタイルは文句ナシにクール。

2014年を総括するカスタムの祭典、「23rd Annual YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2014(HRCS)」が12月7日(日)にパシフィコ横浜で開催された。モーターサイクルの今期ゲストは渡米14年目ではじめての帰国となるKiyo’s Garage率いる熊本県出身のKiyoが1970年式のHONDA CB750 K0「Cherry Blossom」とともに登場。さらにBorn Free 6 にてInvited Builders’ Choice Awardを獲得したSunrise CyclesのKosuke Saito が1936ナックルチョッパーを引っさげ凱旋帰国を果たした。その他、レジェンドのTom Fugelが1948パンヘッドチョッパー「Double Diamond」とともに来日。そしてBorn Free 6でBest in Showを獲得したBrent Rogersの1946ナックルがお目見え。このマシンは前出の Kiyo’s Garageが製作した車両である。もちろんカーゲストも盛りだくさん。恒例のライドインショーにピンストライプギャザリングなどのコンテンツも大盛況であった。そして今期HRCSの裏テーマであった、みなとみらい地区近隣への騒音対策である「Be Calm Not Loud [SHIZUKANI]」。この企画はHRCSの未来をかけた取り組みであったが来場者と出展業者の呼びかけにより、見事成功を収めた。来年以降も横浜の地でHRCSを開催できる見通しが立った。来場者数15000人、モーターサイクル650台、ショーカー300台という前代未聞の規模で開催されたHRCSのすべてをここにお届けしよう!

HI-WORKSが手掛けたエキセントリックなEVOスポーツカスタム。ガーターフォークにアルミ叩き出しのエクステリアという異色のマシンである。
HI-WORKSが手掛けたエキセントリックなEVOスポーツカスタム。ガーターフォークにアルミ叩き出しのエクステリアという異色のマシンである。
HIDE MOTORCYCLEが展示したアーリーボッバー。程よいボリュームの外装と前後タイヤのバランスが絶妙。さすがのセンスである。
HIDE MOTORCYCLEが展示したアーリーボッバー。程よいボリュームの外装と前後タイヤのバランスが絶妙。さすがのセンスである。
タイトに押し込まれたスタイリッシュなマフラーと曲面で構成されたシートベースなどHIDEMOらしい仕上がりと言える。見事W&W's Pickを受賞。
タイトに押し込まれたスタイリッシュなマフラーと曲面で構成されたシートベースなどHIDEMOらしい仕上がりと言える。見事W&W’s Pickを受賞。
green MCが製作したナックルボッバー。レーシーなフォルムに各部の丁寧な作り込みが見応えある一台。非常にうまくまとめ上げている。
green MCが製作したナックルボッバー。レーシーなフォルムに各部の丁寧な作り込みが見応えある一台。非常にうまくまとめ上げている。
Kiyo's Pickを獲得したHAMANSのアーリーショベルチョッパー。同店が得意とする60'sスタイルをさらに進化させたブランニュー。
Kiyo’s Pickを獲得したHAMANSのアーリーショベルチョッパー。同店が得意とする60’sスタイルをさらに進化させたブランニュー。
凝ったブースの作り込みで来場者を魅了するバーバーサイクルは2台の車両を展示。ブースとマシンでトータルに世界観を表現するのがこのショップの流儀である。
凝ったブースの作り込みで来場者を魅了するバーバーサイクルは2台の車両を展示。ブースとマシンでトータルに世界観を表現するのがこのショップの流儀である。
マットなカラーリングとシンプルなフォルムから、どこかミニュチュアモデルのような印象を受けるROCKET MCのEVOスポーツカスタム。
マットなカラーリングとシンプルなフォルムから、どこかミニュチュアモデルのような印象を受けるROCKET MCのEVOスポーツカスタム。
エッグタンクのような分割タンクとボリュームのあるシートカウルでレーシーに仕上げられたASAMAのパンショベル。マフラーの取り回しにも注目だ!
エッグタンクのような分割タンクとボリュームのあるシートカウルでレーシーに仕上げられたASAMAのパンショベル。マフラーの取り回しにも注目だ!
ブラッククロームが手掛けたアイアンカスタム。ハイトが抑えられたフューエルタンクとスーパーバーのバランスがグッド。シンプルなカラーリングも好印象である。
ブラッククロームが手掛けたアイアンカスタム。ハイトが抑えられたフューエルタンクとスーパーバーのバランスがグッド。シンプルなカラーリングも好印象である。
FLY WHEEL MAG.のブースはSANDFLATSのガレージをイメージしたかのような雰囲気に仕上げられている。もちろん車両はSANDFLATSレーサーである。
FLY WHEEL MAG.のブースはSANDFLATSのガレージをイメージしたかのような雰囲気に仕上げられている。もちろん車両はSANDFLATSレーサーである。
鎌倉のブルーグルーブが仕上げた46ナックル。工場にあった手持ちのパーツで組み上げられたというリアルチョッパーだ。
鎌倉のブルーグルーブが仕上げた46ナックル。工場にあった手持ちのパーツで組み上げられたというリアルチョッパーだ。
鎌倉のシャフトとブルーグルーブ、そしてサンセットブルバードのローカル合同ブース。タカさんに本間さん、そしてジャーニーさん。
鎌倉のシャフトとブルーグルーブ、そしてサンセットブルバードのローカル合同ブース。タカさんに本間さん、そしてジャーニーさん。
トイズマッコイのブースにOWLのオリジナルバイザー、そしてネオファクトリーのブースではS&Sのプロモーションが積極的に行われていた。
トイズマッコイのブースにOWLのオリジナルバイザー、そしてネオファクトリーのブースではS&Sのプロモーションが積極的に行われていた。
ネオファクトリーのブースに展示されていた新作のコンプリートマシン。EVOソフテイルをベースに190万円という乗り出し価格は魅力的だ。
ネオファクトリーのブースに展示されていた新作のコンプリートマシン。EVOソフテイルをベースに190万円という乗り出し価格は魅力的だ。
バドロータスが仕上げた1983FXEカスタム。シンプルかつ定番のスタイルであるが、オイルタンクのフォルムなどに遊びゴゴロを感じさせる一台。
バドロータスが仕上げた1983FXEカスタム。シンプルかつ定番のスタイルであるが、オイルタンクのフォルムなどに遊びゴゴロを感じさせる一台。
東大阪の革職人GORKYが愛車とビンテージと見紛うほどのエイジングが施されたシートを展示。もちろんサドルバッグもオリジナル品だ。
東大阪の革職人GORKYが愛車とビンテージと見紛うほどのエイジングが施されたシートを展示。もちろんサドルバッグもオリジナル品だ。
オールドハーレーに造詣が深いSon's MCのブースには2台の車両が展示された。フラッテーは未完であるが、完成が楽しみなマシンである。
オールドハーレーに造詣が深いSon’s MCのブースには2台の車両が展示された。フラッテーは未完であるが、完成が楽しみなマシンである。
HOTBIKE USA Mag's Pickを獲得したVida MCのFXRTカスタム。スーパーチャージャーを搭載したモンスターだ。
HOTBIKE USA Mag’s Pickを獲得したVida MCのFXRTカスタム。スーパーチャージャーを搭載したモンスターだ。
車坂下が手掛けたEVOスポーツカスタム。リジッドフレームのシンプルなフォルムを最大限生かすよう、クリーンに仕上げられている。
車坂下が手掛けたEVOスポーツカスタム。リジッドフレームのシンプルなフォルムを最大限生かすよう、クリーンに仕上げられている。
アメ車のホットロッドを製作するSide motorsが展示した38ナックルボッバー。四輪ホットロッドを含めたトータルでの世界観は圧巻!
アメ車のホットロッドを製作するSide motorsが展示した38ナックルボッバー。四輪ホットロッドを含めたトータルでの世界観は圧巻!
SPORTY GARAGEの1966XLCHカスタム。XR750をモチーフにフレームから外装に至るまで大幅に手が加えられている。
SPORTY GARAGEの1966XLCHカスタム。XR750をモチーフにフレームから外装に至るまで大幅に手が加えられている。
同じくSPORTY GARAGEが持ち込んだKHK。ナセル&サイドバッグを装備したコンパクトツアラーである。
同じくSPORTY GARAGEが持ち込んだKHK。ナセル&サイドバッグを装備したコンパクトツアラーである。
和テイストが炸裂したブースに展示されたSATSUMA SWのナックルヘッド。スーパーナロースプリンガーや美しいフレームワークなど見応え十分のマシン。
和テイストが炸裂したブースに展示されたSATSUMA SWのナックルヘッド。スーパーナロースプリンガーや美しいフレームワークなど見応え十分のマシン。
エクステンドされたスプリングフォークがポイントのフラッティーチョッパー。STANCEらしい隙のないリアルなマシンに仕上げられている。
エクステンドされたスプリングフォークがポイントのフラッティーチョッパー。STANCEらしい隙のないリアルなマシンに仕上げられている。
国内屈指のカスタムペインター&ピンストライパーが集結するピンストライプギャザリングはHRCSの目玉的コンテンツと言える。ご覧のように大盛況!
国内屈指のカスタムペインター&ピンストライパーが集結するピンストライプギャザリングはHRCSの目玉的コンテンツと言える。ご覧のように大盛況!
お馴染みシェイキンにM&Kのマコトさん、そしてアーティストのヨシオさん。NANA ART STUDIOのブースではエアブラシのデモが行われていた。
お馴染みシェイキンにM&Kのマコトさん、そしてアーティストのヨシオさん。NANA ART STUDIOのブースではエアブラシのデモが行われていた。
今期HRCSのカスタムペイントコンテストは時計をモチーフにしたSIGN OF THE TIMES。さまざまなアイデアで時計がアートと化す!
今期HRCSのカスタムペイントコンテストは時計をモチーフにしたSIGN OF THE TIMES。さまざまなアイデアで時計がアートと化す!
綺羅びやかなショーバイクはビルダーのプライドをかけた、まさに作り手の分身とも言える存在だ。
綺羅びやかなショーバイクはビルダーのプライドをかけた、まさに作り手の分身とも言える存在だ。
リアルなオイル染みはオートバイの存在理由を静かに主張している。
リアルなオイル染みはオートバイの存在理由を静かに主張している。
神戸ニューオーダーチョッパーショーを主催するコアマシーンが手掛けたトライアンフチョッパー。バーチカルツインモーターの美しさが際立っている。
神戸ニューオーダーチョッパーショーを主催するコアマシーンが手掛けたトライアンフチョッパー。バーチカルツインモーターの美しさが際立っている。
ボルトオンハードテイルが組み込まれたメッキフレームがポイントとなるHaunt MCのショベルチョッパー。鋭角的なミニエイプも個性的だ。
ボルトオンハードテイルが組み込まれたメッキフレームがポイントとなるHaunt MCのショベルチョッパー。鋭角的なミニエイプも個性的だ。
NAVY'Sが手掛けたEVOスポーツカスタム。外装&フレームにペイントされたブルーグレーのカラーリングがビンテージテイストを演出している。
NAVY’Sが手掛けたEVOスポーツカスタム。外装&フレームにペイントされたブルーグレーのカラーリングがビンテージテイストを演出している。
JOINTSのアワードマシンブースに展示されたMCDのパンヘッドカスタム。新旧のエッセンスをうまくブレンドした無二のマシンに仕上げられている。
JOINTSのアワードマシンブースに展示されたMCDのパンヘッドカスタム。新旧のエッセンスをうまくブレンドした無二のマシンに仕上げられている。
イベントを可憐に盛り上げるショーガール。カスタムマシンとのマッチングは言わずもがな。
イベントを可憐に盛り上げるショーガール。カスタムマシンとのマッチングは言わずもがな。
四輪ブースでもショーガールがイベントを盛り上げていた。この50'sテイストはハーレーのカスタムショーではなかなか見られないスタイルである。
四輪ブースでもショーガールがイベントを盛り上げていた。この50’sテイストはハーレーのカスタムショーではなかなか見られないスタイルである。
25周年を迎えたワイルドマン石井。石井さん、おめでとうございます! そして常連のジェフデッカーにラングリッツの岡本さん。DiCEのブースは大盛況!
25周年を迎えたワイルドマン石井。石井さん、おめでとうございます! そして常連のジェフデッカーにラングリッツの岡本さん。DiCEのブースは大盛況!
注目のJURASSIC CUSTOMSのブースには新作の1935 INDIAN FOURとBF6に出展されたTHE KRAKENが展示された。
注目のJURASSIC CUSTOMSのブースには新作の1935 INDIAN FOURとBF6に出展されたTHE KRAKENが展示された。
今期のJURASSIC CUSTOMSはFordのサインがアイコンとなるValley Autoとの合同出展となった。
今期のJURASSIC CUSTOMSはFordのサインがアイコンとなるValley Autoとの合同出展となった。
BF6のために製作されたJURASSIC CUSTOMS渾身の作、THE KRAKENがお披露目された。寸分の隙もなく作り込まれたモンスターカスタム。
BF6のために製作されたJURASSIC CUSTOMS渾身の作、THE KRAKENがお披露目された。寸分の隙もなく作り込まれたモンスターカスタム。
そして新作の1935 INDIAN FOUR。レーサーをモチーフに滝沢さんプロデュースのもと、Cheetah CCの大沢さんが手掛けた渾身のマシン。
そして新作の1935 INDIAN FOUR。レーサーをモチーフに滝沢さんプロデュースのもと、Cheetah CCの大沢さんが手掛けた渾身のマシン。
直列4気筒の心臓部がこのマシンのキモ。フューエルタンクをマウントするバンドが個性的だ。滝沢さん、次回作にも期待しています!
直列4気筒の心臓部がこのマシンのキモ。フューエルタンクをマウントするバンドが個性的だ。滝沢さん、次回作にも期待しています!
新潟県から参加したJACKSUN'Sのブースには2台のオールドマシンが展示された。同店の世界観を表現したオールドテイスト溢れる作り込みである。
新潟県から参加したJACKSUN’Sのブースには2台のオールドマシンが展示された。同店の世界観を表現したオールドテイスト溢れる作り込みである。
茨城県のOver Revが手掛けたパンヘッドベースのロングフォークとEVOソフテイルカスタム。
茨城県のOver Revが手掛けたパンヘッドベースのロングフォークとEVOソフテイルカスタム。
INU CHOPPRESが製作したEVOスポーツベースのマシン。ボトムケース&三つ又をワンオフしたカヤバ35mmフォークとキックスタートを装備したアイアンテイストの一台。
INU CHOPPRESが製作したEVOスポーツベースのマシン。ボトムケース&三つ又をワンオフしたカヤバ35mmフォークとキックスタートを装備したアイアンテイストの一台。
EVOスポーツをベースにXR750をイメージしAKO MCが製作したマシン。フレームからフォーク、足回りに至るまでかなり手が入っている。
EVOスポーツをベースにXR750をイメージしAKO MCが製作したマシン。フレームからフォーク、足回りに至るまでかなり手が入っている。
ハマーサイクルのベンダーブースにオーシャンビートルのブース、ジャックサンズのブースも大盛況の様子。
ハマーサイクルのベンダーブースにオーシャンビートルのブース、ジャックサンズのブースも大盛況の様子。
セレクテッドが持ち込んだTCベースのハイエンドカスタム。ブラウンメタリックのフレームとマフラーの取り回しに注目していただきたい。
セレクテッドが持ち込んだTCベースのハイエンドカスタム。ブラウンメタリックのフレームとマフラーの取り回しに注目していただきたい。
大神戸のアーリーチョッパー。無駄なものを極限まで削ぎ落とした潔いチョッパーである。見れば見るほどに、その作り込みに驚かされる至極のマシン。
大神戸のアーリーチョッパー。無駄なものを極限まで削ぎ落とした潔いチョッパーである。見れば見るほどに、その作り込みに驚かされる至極のマシン。
6スポークホイールと楕円テーパー状のスーパーナローリジッドフォークが最大の見所となっている。フェンダーの裏までペイントされているのは驚きだ。
6スポークホイールと楕円テーパー状のスーパーナローリジッドフォークが最大の見所となっている。フェンダーの裏までペイントされているのは驚きだ。