VIRGIN HARLEY | ホットロッドショー2014最速レポート第三弾はアワードマシンを中心に紹介 トピックス

ホットロッドショー2014最速レポート第三弾はアワードマシンを中心に紹介

  • 掲載日/2014年12月12日【トピックス】
  • 取材協力/MOONEYES
Hotbike Japan.comコンテンツ
ツインカムソフテイルをベースに徹底的に作り込まれたCRIB MCのマシン。有機的な外装はもちろんのこと、スイングアームにも注目していただきたい。
ツインカムソフテイルをベースに徹底的に作り込まれたCRIB MCのマシン。有機的な外装はもちろんのこと、スイングアームにも注目していただきたい。

2014年を総括するカスタムの祭典、「23rd Annual YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2014(HRCS)」が12月7日(日)にパシフィコ横浜で開催された。モーターサイクルの今期ゲストは渡米14年目ではじめての帰国となるKiyo’s Garage率いる熊本県出身のKiyoが1970年式のHONDA CB750 K0「Cherry Blossom」とともに登場。さらにBorn Free 6 にてInvited Builders’ Choice Awardを獲得したSunrise CyclesのKosuke Saito が1936ナックルチョッパーを引っさげ凱旋帰国を果たした。その他、レジェンドのTom Fugelが1948パンヘッドチョッパー「Double Diamond」とともに来日。そしてBorn Free 6でBest in Showを獲得したBrent Rogersの1946ナックルがお目見え。このマシンは前出の Kiyo’s Garageが製作した車両である。もちろんカーゲストも盛りだくさん。恒例のライドインショーにピンストライプギャザリングなどのコンテンツも大盛況であった。そして今期HRCSの裏テーマであった、みなとみらい地区近隣への騒音対策である「Be Calm Not Loud [SHIZUKANI]」。この企画はHRCSの未来をかけた取り組みであったが来場者と出展業者の呼びかけにより、見事成功を収めた。来年以降も横浜の地でHRCSを開催できる見通しが立った。来場者数15000人、モーターサイクル650台、ショーカー300台という前代未聞の規模で開催されたHRCSのすべてをここにお届けしよう!

PLAN Jが手掛けたショベルチョッパー。左右振り分けマフラーにS&Sツースロート、そしてストレッチされたフォークでバランスのいいスタイリングを入手。
PLAN Jが手掛けたショベルチョッパー。左右振り分けマフラーにS&Sツースロート、そしてストレッチされたフォークでバランスのいいスタイリングを入手。
EVILACTが展示した37ULチョッパー。製作はチェリーズカンパニーが担当している。メッキフレームに磨き上げられたモーターが美しい一台。
EVILACTが展示した37ULチョッパー。製作はチェリーズカンパニーが担当している。メッキフレームに磨き上げられたモーターが美しい一台。
個人出展でエントリーを果たしたHOT-DOCKの名作、GUZZLER  II 。細かなアップデイトを繰り返し、ご覧の究極の姿を入手するに至ったフルスクラッチモデル。
個人出展でエントリーを果たしたHOT-DOCKの名作、GUZZLER II 。細かなアップデイトを繰り返し、ご覧の究極の姿を入手するに至ったフルスクラッチモデル。
MC FORCEの店主、久保さんのドラッグレーサーがエントリー。純レーサーであるが、カスタムマシンとしての見応え十分な車両にフィニッシュ。
MC FORCEの店主、久保さんのドラッグレーサーがエントリー。純レーサーであるが、カスタムマシンとしての見応え十分な車両にフィニッシュ。
NUTS CCが製作したショベルカスタム。エクステリア、タイヤ、そしてマフラーにボリュームを持たせ、非常にマッシブに仕上げられている。
NUTS CCが製作したショベルカスタム。エクステリア、タイヤ、そしてマフラーにボリュームを持たせ、非常にマッシブに仕上げられている。
シンプルかつ妥協のない作り込みでクリーンなマシンを製作するOUT CAST。ワンオフフレームの艶かしい曲線とシンプルな外装により研ぎ澄まされた美しさを表現。
シンプルかつ妥協のない作り込みでクリーンなマシンを製作するOUT CAST。ワンオフフレームの艶かしい曲線とシンプルな外装により研ぎ澄まされた美しさを表現。
ライザーと一体型のナローハンドルにシンプル極まりないピーナッツタンク、クロームが施された前後のKim Tabホイール、磨き上げられたモーターなど見所多し!
ライザーと一体型のナローハンドルにシンプル極まりないピーナッツタンク、クロームが施された前後のKim Tabホイール、磨き上げられたモーターなど見所多し!
EVOスポーツをベースにRAD JALOPYが手掛けた一台。ストレッチされたステムとフロントフォークにより、見事なバランスでフィニッシュ。
EVOスポーツをベースにRAD JALOPYが手掛けた一台。ストレッチされたステムとフロントフォークにより、見事なバランスでフィニッシュ。
カスタムショーの常連ViSEブースには例年通り、リアルなチョッパーが集結。どれもオーナーの思いが詰まったチョッパーである。
カスタムショーの常連ViSEブースには例年通り、リアルなチョッパーが集結。どれもオーナーの思いが詰まったチョッパーである。
ロッドホッパーZERO ENGINEERINGブースでは女体書道、圭春さんによるパフォーマンスが披露された。「和」テイスト炸裂!
ロッドホッパーZERO ENGINEERINGブースでは女体書道、圭春さんによるパフォーマンスが披露された。「和」テイスト炸裂!
大忙しのTROPHY江川さん、ViSEのベンダーブースは終始人垣が絶えなかった。右下はスペシャルゲストのロッキンジェリービーン氏。
大忙しのTROPHY江川さん、ViSEのベンダーブースは終始人垣が絶えなかった。右下はスペシャルゲストのロッキンジェリービーン氏。
ブラットスタイルのブースにショップサムズのブース、お馴染み大盛況の大神戸、そしてEVILACTのブース。
ブラットスタイルのブースにショップサムズのブース、お馴染み大盛況の大神戸、そしてEVILACTのブース。
話題のBMW R nineT Custom Projectにより製作された4台のマシンが展示された。ハーレーフリークも見逃せない至極のマシンである。
話題のBMW R nineT Custom Projectにより製作された4台のマシンが展示された。ハーレーフリークも見逃せない至極のマシンである。
46 ワークスが手掛けたCLUBMAN RACER。BMWカスタムを得意とする同店だけに、ツボを心得たマシンに仕上げられている。
46 ワークスが手掛けたCLUBMAN RACER。BMWカスタムを得意とする同店だけに、ツボを心得たマシンに仕上げられている。
ヒデモが製作したBOXER。美しいカウリングを装着したヒデモらしい一台にフィニッシュ。鋳物のシリンダーヘッドにも注目だ。
ヒデモが製作したBOXER。美しいカウリングを装着したヒデモらしい一台にフィニッシュ。鋳物のシリンダーヘッドにも注目だ。
ブラットスタイルのマナーが炸裂したCYCLONE。ボクサーエンジンをベースに己のスタイルを貫き通すブラットスタイルに敬意を評したい。
ブラットスタイルのマナーが炸裂したCYCLONE。ボクサーエンジンをベースに己のスタイルを貫き通すブラットスタイルに敬意を評したい。
チェリーズカンパニーのHIGHWAY FIGHTER。このマッシブなカバードフォルムはプロジェクトの中でもひと際異彩を放っていた。
チェリーズカンパニーのHIGHWAY FIGHTER。このマッシブなカバードフォルムはプロジェクトの中でもひと際異彩を放っていた。
CRIB MCのブースにはEVOスポーツをベースにした数多くの車両が持ち込まれた。どれも同店らしいオールドテイスト溢れるマシンに仕上げられている。
CRIB MCのブースにはEVOスポーツをベースにした数多くの車両が持ち込まれた。どれも同店らしいオールドテイスト溢れるマシンに仕上げられている。
レースを使ったメランコリックなブースに展示されたURAWUS CYCLEのショベルチョッパー。シートのカラーリングが突き抜けている!
レースを使ったメランコリックなブースに展示されたURAWUS CYCLEのショベルチョッパー。シートのカラーリングが突き抜けている!
シウンが持ち込んだ1952 FLパンヘッドチョッパーがSunrise Cycles' Pickを獲得。この直球勝負の70'sスタイルは、決して色褪せることはない。
シウンが持ち込んだ1952 FLパンヘッドチョッパーがSunrise Cycles’ Pickを獲得。この直球勝負の70’sスタイルは、決して色褪せることはない。
Cycle Zombies' Pickを獲得したHAWG HOLICの36ナックル。なんとKフレームにナックルモーターを積み込んだスーパータイトなチョッパーである。
Cycle Zombies’ Pickを獲得したHAWG HOLICの36ナックル。なんとKフレームにナックルモーターを積み込んだスーパータイトなチョッパーである。
同じくHAWG HOLICが手掛けた48ULチョッパー。エイプバーと跳ね上げフェンダー、そしてマフラーエンドが個性となる一台。
同じくHAWG HOLICが手掛けた48ULチョッパー。エイプバーと跳ね上げフェンダー、そしてマフラーエンドが個性となる一台。
SWALLOW TAILが製作した1944 Eナックルヘッド。ボードトラックレーサーをモチーフに、こだわりが満載されたリアルな車両である。
SWALLOW TAILが製作した1944 Eナックルヘッド。ボードトラックレーサーをモチーフに、こだわりが満載されたリアルな車両である。
スロットルと連動するマフラーにベントを設け排圧をコントロール。さらにトグロ状のオイルラインでオイルが冷却される仕組み。
スロットルと連動するマフラーにベントを設け排圧をコントロール。さらにトグロ状のオイルラインでオイルが冷却される仕組み。
このナックルで鹿児島東京間を走破したUP-SWEEP協力の写真展も開催。さらにウエスコブーツ&ディーエンセーターも展示。右下はビルダーのナツキさんとケイスケさん。
このナックルで鹿児島東京間を走破したUP-SWEEP協力の写真展も開催。さらにウエスコブーツ&ディーエンセーターも展示。右下はビルダーのナツキさんとケイスケさん。
展示されているカスタムマシンのディテイルを吟味するオーディエンス。ひと目見ただけでは気付かないような作り込みの発見も。
展示されているカスタムマシンのディテイルを吟味するオーディエンス。ひと目見ただけでは気付かないような作り込みの発見も。
マニア垂涎の66コブラに69カマロのコンバー、メインステージはライブで大盛り上がり。HOT WHEELS目当てに訪れる来場者も多い。
マニア垂涎の66コブラに69カマロのコンバー、メインステージはライブで大盛り上がり。HOT WHEELS目当てに訪れる来場者も多い。
美しく磨き上げられたモーターはカスタムショーの象徴であろう。オーナーの夢が詰まった世界で一台のカスタムマシンである。
美しく磨き上げられたモーターはカスタムショーの象徴であろう。オーナーの夢が詰まった世界で一台のカスタムマシンである。
すべての造詣には理由がある。リアルなカスタムとはそういうものである。
すべての造詣には理由がある。リアルなカスタムとはそういうものである。
LOVE EAR ARTが持ち込んだショベルスポーツベースのFoxy Lady。言わずと知れたジミ・ヘンドリックスの名曲がイメージソースとなっている。
LOVE EAR ARTが持ち込んだショベルスポーツベースのFoxy Lady。言わずと知れたジミ・ヘンドリックスの名曲がイメージソースとなっている。
K&Mが展示したアーリーショベルチョッパー。マフラーをはじめ、荒々しい金属造型がアジとなる一台。
K&Mが展示したアーリーショベルチョッパー。マフラーをはじめ、荒々しい金属造型がアジとなる一台。
EVOスポーツをベースにエキセントリックに仕上げられたグレーシアのマシン。倒立フォークにビレットホイールで足回りも抜かりなし。
EVOスポーツをベースにエキセントリックに仕上げられたグレーシアのマシン。倒立フォークにビレットホイールで足回りも抜かりなし。
BAD DEVILS CHOPPERSのアーリーカスタム。鋭角的にカチ上げられたアップスイープマフラーにラビットバーがポイント。
BAD DEVILS CHOPPERSのアーリーカスタム。鋭角的にカチ上げられたアップスイープマフラーにラビットバーがポイント。
非常にコンパクトにまとめられたVEE MACHINEのショベルチョッパー。ブラック&アイボリーのカラーリングでシックに仕上げられている。
非常にコンパクトにまとめられたVEE MACHINEのショベルチョッパー。ブラック&アイボリーのカラーリングでシックに仕上げられている。
ナックルヘッドをベースにインディアンオレンジが手掛けたマシン。センター取り回しのマフラーがスピードを予感させる一台。
ナックルヘッドをベースにインディアンオレンジが手掛けたマシン。センター取り回しのマフラーがスピードを予感させる一台。
ファーストアローズのブースに展示されたパンヘッドベースのAVCCレーサー。走りを徹底的に突き詰めたリアルワン!
ファーストアローズのブースに展示されたパンヘッドベースのAVCCレーサー。走りを徹底的に突き詰めたリアルワン!
会場の通路はご覧のように人で埋め尽くされ歩くのもままならない状態だった。左下は昨年のチェリーズのアワードマシン、右下は大混雑のBLUCOブース。
会場の通路はご覧のように人で埋め尽くされ歩くのもままならない状態だった。左下は昨年のチェリーズのアワードマシン、右下は大混雑のBLUCOブース。
ラットアイランドに展示されたVelocity Vintage MCの1938 Velocette H/D MOV WLA。シャープなアルミタンクとステップ位置に注目だ。
ラットアイランドに展示されたVelocity Vintage MCの1938 Velocette H/D MOV WLA。シャープなアルミタンクとステップ位置に注目だ。
ショベルヘッドをベースにYOSSY'S MCが仕上げた60'sスタイルチョッパー。エグリ加工が施されたエッグタンクとマフラーの取り回しがポイント。
ショベルヘッドをベースにYOSSY’S MCが仕上げた60’sスタイルチョッパー。エグリ加工が施されたエッグタンクとマフラーの取り回しがポイント。
パンヘッドのチョッパー2台とナックルチョッパーを持ち込んだBREEZE。走りを意識させるワイルドな仕上がりのマシンである。
パンヘッドのチョッパー2台とナックルチョッパーを持ち込んだBREEZE。走りを意識させるワイルドな仕上がりのマシンである。
パンヘッドをベースにTT&COMPANYの手により製作されたコチラのマシン。スプリングフォークを装備した定番スタイルのチョッパーだ。
パンヘッドをベースにTT&COMPANYの手により製作されたコチラのマシン。スプリングフォークを装備した定番スタイルのチョッパーだ。
イージーライダースのベンダーブースに展示されたFXRカスタム。マットなペイントが、どこか近未来的なマシンである。
イージーライダースのベンダーブースに展示されたFXRカスタム。マットなペイントが、どこか近未来的なマシンである。
ORANGE SPEED SHOPのメタルワークが炸裂した一台。アルミ叩き出しのミニカウル、タンク、フェンダー、そしてマフラーのデザインなど実に見応えあるマシンに仕上がっている。
ORANGE SPEED SHOPのメタルワークが炸裂した一台。アルミ叩き出しのミニカウル、タンク、フェンダー、そしてマフラーのデザインなど実に見応えあるマシンに仕上がっている。
均整の取れた二等辺三角形のスタイリングに目を奪われるARMANLANDが仕上げたパンヘッド。ロングフォークの王道たるマシンと言える。
均整の取れた二等辺三角形のスタイリングに目を奪われるARMANLANDが仕上げたパンヘッド。ロングフォークの王道たるマシンと言える。
Best Motorcycle Harley-Davidson、Harley-Davidson's Pick、そしてHot Bike Japan Magazine's Pickを獲得したアスタリスク流、オールドスタイルカスタム。
Best Motorcycle Harley-Davidson、Harley-Davidson’s Pick、そしてHot Bike Japan Magazine’s Pickを獲得したアスタリスク流、オールドスタイルカスタム。
4速フレームをベースに徹底的に作り込まれた圧巻のディテイル。リンクひとつ取っても、まるで芸術品のような仕上がりである。
4速フレームをベースに徹底的に作り込まれた圧巻のディテイル。リンクひとつ取っても、まるで芸術品のような仕上がりである。
今期のBest of Show Motorcycleを獲得したのはチェリーズカンパニーが手掛けたフルスクラッチカスタム。その他、Low Ride Magazine's Pick、Retro Classic Cycles' Pickなど計5冠を達成!
今期のBest of Show Motorcycleを獲得したのはチェリーズカンパニーが手掛けたフルスクラッチカスタム。その他、Low Ride Magazine’s Pick、Retro Classic Cycles’ Pickなど計5冠を達成!
アルミ叩き出しの有機的なカウルにワンオフガーター、リムオンブレーキはチェリーズの十八番。クラッチはEFMのオートクラッチを装着している。
アルミ叩き出しの有機的なカウルにワンオフガーター、リムオンブレーキはチェリーズの十八番。クラッチはEFMのオートクラッチを装着している。
前代未聞の3年連続となるBest of Show Motorcycleを獲得したチェリーズカンパニー。来年10月にインドネシアで開催されるKUSTOMFEST 2015に招待が決定した。
前代未聞の3年連続となるBest of Show Motorcycleを獲得したチェリーズカンパニー。来年10月にインドネシアで開催されるKUSTOMFEST 2015に招待が決定した。