VIRGIN HARLEY | カスタムマシン アワード発表! JOINTS CUSTOM SHOW 2015  トピックス

カスタムマシン アワード発表! JOINTS CUSTOM SHOW 2015 

Hotbike Japan.comコンテンツ
チェリーズカンパニーのブースに展示されたHOG KILLERSのショベルヘッド。均整の取れたスタイリングとカスタムペイントが見所のマシンである。
チェリーズカンパニーのブースに展示されたHOG KILLERSのショベルヘッド。均整の取れたスタイリングとカスタムペイントが見所のマシンである。

晴天のもと大盛況の内に幕を閉じたJOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2015。名古屋を中心とした中部地区のカスタム熱の高さを実感させられる内容であった。今回お届けする最速レポート第二弾は、数多く用意されたアワードを獲得したマシンを中心に紹介しよう。その他、気になるベンダーブースの模様や、二輪駐車場で行われた試乗会についてもレポート。それでは会場の盛り上がりの様子をじっくりとお楽しみいただきたい。

ベストユーロを獲得したチェリーズカンパニーのBMW R nineTカスタム。未来を予感させる斬新なカバードフォルムが特徴的な一台。
ベストユーロを獲得したチェリーズカンパニーのBMW R nineTカスタム。未来を予感させる斬新なカバードフォルムが特徴的な一台。
REVOLTが持ち込んだショベルカスタム。隙のない作り込みが同店の持ち味であるが、コチラのマシンもそのマナーに沿ったマシンに仕上げられている。
REVOLTが持ち込んだショベルカスタム。隙のない作り込みが同店の持ち味であるが、コチラのマシンもそのマナーに沿ったマシンに仕上げられている。
AKO MCのブースに展示されたEVOスポーツカスタム。アイアンベースのカスタムかと思わせるマニアックな作り込みが見応え十分なマシン。
AKO MCのブースに展示されたEVOスポーツカスタム。アイアンベースのカスタムかと思わせるマニアックな作り込みが見応え十分なマシン。
AKO MCが手掛けたコチラのEVOスポーツはダートトラックレーサー、XR750をイメージした仕上がりとなっている。
AKO MCが手掛けたコチラのEVOスポーツはダートトラックレーサー、XR750をイメージした仕上がりとなっている。
スズキ&アソシエイツのブースに展示されたRSDのカスタムマシン。同ブランドのパフォーマンスパーツが随所に散りばめられ、高い完成度を誇っている。
スズキ&アソシエイツのブースに展示されたRSDのカスタムマシン。同ブランドのパフォーマンスパーツが随所に散りばめられ、高い完成度を誇っている。
EVOスポーツスターをベースに製作されたグリーミングワークスのデモカスタム。注目すべきは同店のオリジナルマフラーである。
EVOスポーツスターをベースに製作されたグリーミングワークスのデモカスタム。注目すべきは同店のオリジナルマフラーである。
シンプルかつソリッドに製作されたヘッドカンパニーのEVOスポーツカスタム。フレームとフロントフォークのブルーがアクセントとなっている。
シンプルかつソリッドに製作されたヘッドカンパニーのEVOスポーツカスタム。フレームとフロントフォークのブルーがアクセントとなっている。
RODSTARが持ち込んだ均整の取れたロングフォークカスタム。シンプル極まりないそのフォルムには不変の美が宿っている。
RODSTARが持ち込んだ均整の取れたロングフォークカスタム。シンプル極まりないそのフォルムには不変の美が宿っている。
ユーロカスタムの雄、バッドランドが手掛けたTCカスタム。同店のこだわりが凝縮されたハイエンドマシンである。
ユーロカスタムの雄、バッドランドが手掛けたTCカスタム。同店のこだわりが凝縮されたハイエンドマシンである。
蓮妃クィーンとバッドランドのコラボレーション。クロを基調としたコスチュームでマットブラックのカスタムマシンに華を添える。
蓮妃クィーンとバッドランドのコラボレーション。クロを基調としたコスチュームでマットブラックのカスタムマシンに華を添える。
カスタムバイクが中心の3号館であるが、マッスルカーやビートル、ホットロッドなどなど四輪カスタムも展示された。
カスタムバイクが中心の3号館であるが、マッスルカーやビートル、ホットロッドなどなど四輪カスタムも展示された。
ベンダーブースも大盛況! オリオンエースにモトブルーズのブース、そして九州のジンギーズ、ネオファクトリーもブースを出展。
ベンダーブースも大盛況! オリオンエースにモトブルーズのブース、そして九州のジンギーズ、ネオファクトリーもブースを出展。
420カスタムズがデザインを担当したジョインツ2015限定Tシャツ。テーマは「サンライズブラザーズ」だという。
420カスタムズがデザインを担当したジョインツ2015限定Tシャツ。テーマは「サンライズブラザーズ」だという。
各ショップが趣向を凝らしてブースを設置する中、やはりインパクトが大きいのは華やかな女性コンパニオンであろう。
各ショップが趣向を凝らしてブースを設置する中、やはりインパクトが大きいのは華やかな女性コンパニオンであろう。
なんとフロント30インチのホイールが組み込まれたDYNA AUTOのハイエンドカスタム。いやはや、この迫力たるや!
なんとフロント30インチのホイールが組み込まれたDYNA AUTOのハイエンドカスタム。いやはや、この迫力たるや!
3台のVロッドカスタムとビューエルベースのマシンを持ち込んだMACHERIE。一台はウイリーバーを装着したドラッグレーサーである。
3台のVロッドカスタムとビューエルベースのマシンを持ち込んだMACHERIE。一台はウイリーバーを装着したドラッグレーサーである。
EVOスポーツをベースにSTOOPが手掛けた一台。コンパクト、かつタイトに製作されたリアルワン!
EVOスポーツをベースにSTOOPが手掛けた一台。コンパクト、かつタイトに製作されたリアルワン!
独自の解釈で製作されたROCK CHEAPのボートテールカスタム。もちろん見所はトリコロールのカラーリングとリアフェンダーだ。
独自の解釈で製作されたROCK CHEAPのボートテールカスタム。もちろん見所はトリコロールのカラーリングとリアフェンダーだ。
グラベルクルーが展示したEVOスポーツカスタム。前後サスペンションのローダウンとコンパクトな外装により、非常にタイトにフィニッシュ。
グラベルクルーが展示したEVOスポーツカスタム。前後サスペンションのローダウンとコンパクトな外装により、非常にタイトにフィニッシュ。
420カスタムズが手掛けたコチラの2台。ショベルヘッドをベースにシンプル、かつ大胆に製作されている。
420カスタムズが手掛けたコチラの2台。ショベルヘッドをベースにシンプル、かつ大胆に製作されている。
A.V.C.C.のプロモーションブースにはゼロエンジニアリングが手掛けたリアルナックルレーサーが展示された。
A.V.C.C.のプロモーションブースにはゼロエンジニアリングが手掛けたリアルナックルレーサーが展示された。
一見しただけでは誰も気付かないようなディテイルまで徹底的に作り込む。カスタムビルダーのプライドをかけて。
一見しただけでは誰も気付かないようなディテイルまで徹底的に作り込む。カスタムビルダーのプライドをかけて。
定番の四輪用スポットライトであるが、そのステーの造型までマシンに取り込みオリジナリティを追求することは容易ではない。
定番の四輪用スポットライトであるが、そのステーの造型までマシンに取り込みオリジナリティを追求することは容易ではない。
ジャンクモーターのコンパクトなサドルシートにアルミTバーシート、そしてオーシャンビートルのブースにジャックサンズのブース。
ジャンクモーターのコンパクトなサドルシートにアルミTバーシート、そしてオーシャンビートルのブースにジャックサンズのブース。
シャフト本間さんの新作クロスボーンアイテムとアトリエチェリーのウォレット、サンセットブルバードではオールドレザーを販売。
シャフト本間さんの新作クロスボーンアイテムとアトリエチェリーのウォレット、サンセットブルバードではオールドレザーを販売。
二輪駐車場ではサンダンス主催のツインテック試乗会、ロデオMCの試乗会、フォレストウイングの愛車パワーチェックなどが行われた。
二輪駐車場ではサンダンス主催のツインテック試乗会、ロデオMCの試乗会、フォレストウイングの愛車パワーチェックなどが行われた。
ハーレープレゼントの抽選会エントリーは大盛況。そしてハーレー乗り御用達のアイアンハートブース、JENEの仁田さんはD.F.H.ブランドでブースを出展。
ハーレープレゼントの抽選会エントリーは大盛況。そしてハーレー乗り御用達のアイアンハートブース、JENEの仁田さんはD.F.H.ブランドでブースを出展。
セクシーなコスチュームで来場者を釘付けにする女性コンパニオン。カウガールスタイルはカスタムバイクショーにベストマッチ。
セクシーなコスチュームで来場者を釘付けにする女性コンパニオン。カウガールスタイルはカスタムバイクショーにベストマッチ。
最高潮の盛り上がりを見せたポールダンスパフォーマンスショーは、もはやアートの域に達している。
最高潮の盛り上がりを見せたポールダンスパフォーマンスショーは、もはやアートの域に達している。
ANTI HARD WORKERSプレゼンツのツインカムカスタムプレゼントに当選したのは愛媛県の宮本さん!
ANTI HARD WORKERSプレゼンツのツインカムカスタムプレゼントに当選したのは愛媛県の宮本さん!
ノマドコンセプトがカスタムペイントを手掛けたコチラのマシンがベストバガーを獲得。おめでとうございます!
ノマドコンセプトがカスタムペイントを手掛けたコチラのマシンがベストバガーを獲得。おめでとうございます!
ベストフォースピードを獲得したホットチョップのブランニューカスタム。ショベルリジッドをベースに丁寧な作り込みが随所に見受けられる。
ベストフォースピードを獲得したホットチョップのブランニューカスタム。ショベルリジッドをベースに丁寧な作り込みが随所に見受けられる。
タイトなピーナッツタンクにライザーと一体型のハンドルバー、アトリエチェリー製サドルシート、そしてコンパクトなH-Dフットボードがポイントだ。
タイトなピーナッツタンクにライザーと一体型のハンドルバー、アトリエチェリー製サドルシート、そしてコンパクトなH-Dフットボードがポイントだ。
Katie'sが手掛けたコチラのマシンがベストナックルヘッドを獲得。美しいこのタイトなこのフォルムは唯一無二のもの。
Katie’sが手掛けたコチラのマシンがベストナックルヘッドを獲得。美しいこのタイトなこのフォルムは唯一無二のもの。
なんと32インチという大径ホイール。このホイールがバガーカスタムの新たな扉を開くのか!?
なんと32インチという大径ホイール。このホイールがバガーカスタムの新たな扉を開くのか!?
さまざまなアプローチから生み出されるカスタムマシン。そこには無限の可能性が秘められている。
さまざまなアプローチから生み出されるカスタムマシン。そこには無限の可能性が秘められている。
エッジの効いたフューエルタンクと跳ね上げフェンダーがアクセントとなるショベルカスタム。製作はカントリーカスタムサイクルである。
エッジの効いたフューエルタンクと跳ね上げフェンダーがアクセントとなるショベルカスタム。製作はカントリーカスタムサイクルである。
KARUGA SHOTENが手掛けたパンヘッドカスタム。フューエルタンクやシート、フェンダーストラットなどに、一筋縄ではいかない個性が宿っている。
KARUGA SHOTENが手掛けたパンヘッドカスタム。フューエルタンクやシート、フェンダーストラットなどに、一筋縄ではいかない個性が宿っている。
マットブルーのカラーリングがクリーンな印象のSUN MCのEVOスポーツカスタム。フィッシュテールのマフラーエンドが個性的である。
マットブルーのカラーリングがクリーンな印象のSUN MCのEVOスポーツカスタム。フィッシュテールのマフラーエンドが個性的である。
さとうマリンサイクルが製作したEVOスポーツ。大胆にチョップされたエクステリアがスタイリッシュな一台。
さとうマリンサイクルが製作したEVOスポーツ。大胆にチョップされたエクステリアがスタイリッシュな一台。
ベストパンヘッドを受賞したアスタリスクのマシン。細かなステーひとつまで徹底的に作り込んだ渾身のマシンである。
ベストパンヘッドを受賞したアスタリスクのマシン。細かなステーひとつまで徹底的に作り込んだ渾身のマシンである。
セレクテッドが持ち込んだEVOスポーツベースのカスタムマシン。同店のメニューから言えばライトカスタムのマシンであるが、その完成度は高い。
セレクテッドが持ち込んだEVOスポーツベースのカスタムマシン。同店のメニューから言えばライトカスタムのマシンであるが、その完成度は高い。
パフォーマンスマシンピック、ホットバイクピック、そしてベストツインカムを獲得したセレクテッドのハイエンドカスタム。
パフォーマンスマシンピック、ホットバイクピック、そしてベストツインカムを獲得したセレクテッドのハイエンドカスタム。
ベストスポーツスターを獲得したのは車坂下が手掛けたコチラのマシン。バランスの取れたコンパクトなフォルムが見所となっている。
ベストスポーツスターを獲得したのは車坂下が手掛けたコチラのマシン。バランスの取れたコンパクトなフォルムが見所となっている。
CWZのブースに展示されたアイアンチョッパー。メッキされたKフレームにボルトオンハードテイルを組み込み、どこまでもシンプルに製作されている。
CWZのブースに展示されたアイアンチョッパー。メッキされたKフレームにボルトオンハードテイルを組み込み、どこまでもシンプルに製作されている。
シェイキンによるブラック&ホワイトの色使いがハイセンスなカスタムペイントにH型のタイトなハンドルバー、そしてマフラーはプライマリーサイドに取り回されている。
シェイキンによるブラック&ホワイトの色使いがハイセンスなカスタムペイントにH型のタイトなハンドルバー、そしてマフラーはプライマリーサイドに取り回されている。
アレンネスピック、ベストショベルヘッド、そしてホットバイクジャパンピックを見事に獲得したBULLET CUSTOM CYCLE渾身のカスタム。
アレンネスピック、ベストショベルヘッド、そしてホットバイクジャパンピックを見事に獲得したBULLET CUSTOM CYCLE渾身のカスタム。
どこまでもソリッドに仕上げられたマシンであるが、そのディテイルの作り込みは尋常ではない。見えないところにこだわるのがBULLETのマナーである。
どこまでもソリッドに仕上げられたマシンであるが、そのディテイルの作り込みは尋常ではない。見えないところにこだわるのがBULLETのマナーである。

注目のアイテムはコチラ