VIRGIN HARLEY | 2010年式 FLHTK ディテールカット速報 トピックス

2010年式 FLHTK ディテールカット速報

FLHTKの画像

ハーレーの新しいフラッグシップモデル、FLHTKエレクトラグライド・ウルトラリミテッド。

長距離ツーリングに必要な装備を搭載した
限界超えのニューモデルFLHTK!

排気量1,689ccと、「ついにここまで来たか」と思わせるパワーを搭載して登場したFLHTKエレクトラグライド・ウルトラリミテッド。これまで3モデルあったエレクトラグライドの最高峰を更新する迫力で、長距離ツーリングに必要なあらゆる装備を身にまとっている。さらに搭載されている「TWIN CAM 103 ENGINE」が、そんな重量級の車体をストレスなく運んでくれる。東京⇔神戸間を往復して行った試乗インプレッションは10月28日(水)までお待ちいただくとして、今回は潤沢な装備の数々をご覧いただこう。。

フォトTOPICS(写真点数/19枚)

FLHTKの画像
01補助前照灯が備え付けられたフロントまわり。これぞツーリング・モデルならではの面構え。
FLHTKの画像
02全モデルで最大の容量を誇る22.7リットルのフューエルタンク。一度の給油で東京⇔神戸間を走破できた。
FLHTKの画像
03タンクのガソリン注入口にはフューエルドアが付いており、いたずら防止などに役立つ。
FLHTKの画像
04FLHTK専用にデザインされたメーターパネルまわり。個性が際立っている。
FLHTKの画像
05CDやMP3を入れて音楽を楽しめるアドバンスオーディオシステム。
FLHTKの画像
06ツーリング・ファミリーには当然とも言える標準装備されたヒーテッドハンドグリップ。
FLHTKの画像
07スイッチボックス下部にオーディオコントロールが付いているので、走行中でも操作可能だ。
FLHTKの画像
08その分厚さからライダーの体をゆったりと受け止めてくれるシート。快適なタンデムライドが楽しめる。
FLHTKの画像
09パッセンジャーのステップもビッグサイズ。ゆとりを感じる。
FLHTKの画像
10タンデムシートの右側にはサウンドを調整できるパッセンジャーコントロール付き。
FLHTKの画像
11ラゲッジの容量はご覧のとおり。多少の荷物はもちろん、ヘルメットも収納可能なスペースを確保している。
FLHTKの画像
12ラゲッジ上部にはさらなる積載が可能なキャリアが取り付けられている。
FLHTKの画像
13「LIMITED」の刻印が入ったフロントフェンダー。
FLHTKの画像
14パワフルな運動性能を制御するためのダブルディスクを装備。
FLHTKの画像
15FLTHKオリジナルのエンジンガード。ライディングに安心感を与えてくれる。
FLHTKの画像
16他モデルとは一線を画するまばゆさを放つ「ツインカム103エンジン」。
FLHTKの画像
17両サイドに設置されたラゲッジもご覧の容量。長旅に対応できる大きさがうれしい。
FLHTKの画像
18スラッシュカットされた純正マフラー。トルクフルな乗り味を表現するような抜けのいい音が印象的。
FLHTKの画像
19103キュービックインチの乗り味は、リミテッドの名にふさわしい最高峰のパワーを感じさせてくれた。

注目のアイテムはコチラ