VIRGIN HARLEY | 2010年式 FLSTFBファットボーイ・ロー ディテールカット速報 トピックス

2010年式 FLSTFBファットボーイ・ロー ディテールカット速報

FLSTFBの画像

より低く、よりブラックに。FLSTFをベースにブラック&サテンクロームパーツでドレスアップしたFLSTFB。

漆黒のボディを手に入れたベストセラーモデル
FLSTFBファットボーイ・ローのディテールに迫る!

ハーレーダビッドソンというバイクメーカーのなかでも1、2位を争う人気モデル、FLSTFファットボーイ。映画『ターミネーター』で主演のアーノルド・シュワルツェネッガーがサングラスに革ジャンという出で立ちで乗り回していたことから火が付いたわけだが、2010年、そのグレードアップ版としてFLSTFBファットボーイ・ローが登場した。近年流行になっているブラックアウト・モデルとしてベールを脱いだわけだが、ただ黒くなったわけではない。オリジナルのFLSTFの良さを踏襲しつつ、乗りやすさとスタイリングにこだわった1台に仕上がっている。まずはそのディテールカットに注目して欲しい。

フォトTOPICS(写真点数/13枚)

FLSTFBの画像
01ファットボーイの顔とも言える大きなヘッドライトナセル。トリプルクランクカバーもブラックアウトし、インパクトを強めている。
FLSTFBの画像
02肩幅より少し広いハンドルバー。ワイドなハンドリングが楽しめるのも魅力のひとつだ。
FLSTFBの画像
0318.9リットルの容量を誇るタンクも黒く染め上げられた。エンブレムがより一層映えている。
FLSTFBの画像
04バッドランダーベースジオメトリーのライダーシートを採用し、FLSTFとの差別化を図っている。
FLSTFBの画像
05ファットボーイと言えばこれ、太いリアフェンダー。後方から見かけたとき、ここで見分ける人も多いはず。
FLSTFBの画像
06伝統のディッシュホイールもブラックに。走行時に見ると、足元のカラーリングが引き締まったのが分かる。
FLSTFBの画像
07ただ黒くしただけではない、プライマリーカバーなどにサテンクロームを配し、カラーバランスを整えている。
FLSTFBの画像
08ハイウェイ走行時に有り難いフットペグ。特に時速80~90キロで走行すると、その心地よさは際立つ。
FLSTFBの画像
09サテンクロームで仕上げられたヒートシールド。黒い車体と相俟って、存在を主張している。
FLSTFBの画像
10ソフテイル・ファミリー最大の魅力であるリジッド型フレームのトライアングル。ここを見逃すことはできない。
FLSTFBの画像
11走行時のスタイリングはご覧のとおり。周囲がカラフルになればなるほど、くっきりと車体が浮き上がる。
FLSTFBの画像
12ローダウンリアサスペンションの採用により、全ラインナップでもっとも低い加重時シート高620ミリを実現(ライダーの身長は173センチ)。
FLSTFBの画像
13FLSTFの兄弟モデルである1993FLSTNノスタルジアにも採用された伝統のエンブレム。

注目のアイテムはコチラ