VIRGIN HARLEY | 2011年式 スポーツスター XL1200X FORTY-EIGHT ディテールカット速報 トピックス

2011年式 スポーツスター XL1200X FORTY-EIGHT ディテールカット速報

XL1200X FORTY-EIGHTの画像

過去に例を見ないファクトリーカスタムモデルとして登場した XL1200X FORTY-EIGHT。

2011年モデルの中でもひと際輝く
極められたファクトリーカスタムモデル

2011年ニューモデルの発表前からアメリカ本国サイトに登場し、話題の中心となってきた XL1200X FORTY-EIGHT。当初から各地のウェブサイトでその姿が目撃されてきた本モデルが、満を持してついに日本に上陸。1948年に初めて登場したピーナッツタンクの再現に合わせて命名された FORTY-EIGHT は、ファクトリーカスタムモデルならではの完成度の高いスタイリングを披露するとともに、さらなるハーレーライフの広がりを感じさせる珠玉の一台としての役割を担っているとも言えるだろう。今回はインプレッション記事「最新モデル徹底研究室」での紹介に先んじて、ディテールカットをお披露目させていただく。

フォトTOPICS(写真点数/11枚)

XL1200X FORTY-EIGHTの画像
01フロントフォーク幅が広がったことにより、バイザー無しのヘッドライトが装着されている。
XL1200X FORTY-EIGHTの画像
02新設計とされるハンドルバー。その幅はかなり広く設けられている。
XL1200X FORTY-EIGHTの画像
03オリジナルデザインとされるメーターブラケット。「 MILWAUKIEE U.S.A 」と刻印が入っている。
XL1200X FORTY-EIGHTの画像
04本モデルの顔とも言える容量7.9リットルのピーナッツフューエルタンク。グラフィックも秀逸だ。
XL1200X FORTY-EIGHTの画像
05いわゆる“そら豆”型に分類されるダブルテクスチャードソロシート。
XL1200X FORTY-EIGHTの画像
06XL1200N ナイトスターとお揃いのストップランプ一体型リアウインカー。
XL1200X FORTY-EIGHTの画像
0716インチのファットタイヤを採用。フロントから見た迫力を増すポイントだ。
XL1200X FORTY-EIGHTの画像
08フロントフェンダーおよびブラケットもオリジナル設計。他モデルとの違いを見せ付ける。
XL1200X FORTY-EIGHTの画像
09ステップ位置はフォワードコントロールとされる。
XL1200X FORTY-EIGHTの画像
10ブラックアウトされたロワードリアサスペンション。カラーバランスに一役買っている。
XL1200X FORTY-EIGHTの画像
11パンチアウトされたベルトガードも XL1200N ナイトスター同様。

注目のアイテムはコチラ