VIRGIN HARLEY | 2011年式 FLTRU103 ロードグライド ウルトラ ディテールカット速報 トピックス

2011年式 FLTRU103 ロードグライド ウルトラ ディテールカット速報

FLTRU103の画像

2010年式 FLTRX などと見比べてもボディが一回り大きくなった印象が強い。

新たなハーレーブームの火付け役か?
ウルトラ化したロードグライドに注目

フラッグシップモデルにだけ許される“ウルトラ”の称号が FLTR ロードグライドに冠され、FLTRU103 ロードグライド ウルトラとして登場した。独特のデュアルヘッドライトが印象的なフレームマウントのフェアリングがアイコンのロードグライドの進化は、ただ装備が充実しただけでなく、103 キュービックインチ(排気量1,689cc)へのアップなどパワーとトルクのアップにも着手されている。ツーリングモデルを愛用するハーレーオーナーにとって新しい選択肢となることは間違いない。まずはその特徴的なディテールに注目してみよう。

フォトTOPICS(写真点数/15枚)

FLTRU103の画像
01このデュアルヘッドライトのフェアリングこそ、ロードグライドの象徴。
FLTRU103の画像
02コックピットの充実度はまさしく“ウルトラ”のそれ。
FLTRU103の画像
03もちろんCDなどオーディオも標準装備。
FLTRU103の画像
04スイッチボックスは FLTRX からそのまま引き継いでいる。
FLTRU103の画像
05フェアリングの脇には小物入れケースが。サイフやモバイルを気軽に入れられる。
FLTRU103の画像
06容量22.7リットルを誇るフューエルタンク。高速巡航なら500キロ以上走破することも可能だ。
FLTRU103の画像
07足つき性の向上を目的に新設計されたワンピースナローシートとパッセンジャーシートの組み合わせ。
FLTRU103の画像
084スピーカーのハーマン / カードンアドバンスオーディオシステムを採用。うち2つはリアシート脇に設置。
FLTRU103の画像
09『HARLEY-DAVIDSON』のオリジナルエンブレムが輝くキングツアーパック。
FLTRU103の画像
10リアエンドのビジュアル。ここだけ見れば誰もが知る“ウルトラ”のそれだ。
FLTRU103の画像
11ツアーパックの容量はご覧のとおり。ヘルメットも2個は収納できるほどの大きさ。
FLTRU103の画像
12“ウルトラ”の称号に合わせてか、FLHTK エレクトラグライド・ウルトラリミテッド と同じデザインのホイールに。
FLTRU103の画像
13FLHTK と同じ103 キュービックインチ(排気量1,689cc)のツインカムエンジンを搭載。
FLTRU103の画像
14エアクリーナーカバーに刻まれた『103』の刻印がその証。
FLTRU103の画像
15ハーレーのエンブレム『Bar & Shield』がまぶしいサイドケースも容量十分。

注目のアイテムはコチラ