VIRGIN HARLEY | 2011年式 XL1200C 1200カスタム ディテールカット速報 トピックス

2011年式 XL1200C 1200カスタム ディテールカット速報

XL1200Cの画像

16インチのファットタイヤのほか、新デザインのパーツを数多く配して再登場した 1200カスタム。

“ファットカスタム”の流れを汲んだ
新しい解釈から生まれた1200カスタム

かつてスポーツスターファミリーでのファクトリーカスタムモデルとして脚光を浴びた 1200カスタム が帰ってきた。クロームメッキで覆われたエンジンにライザーやヘッドライト、メーター位置などオリジナリティ溢れるパーツの数々は踏襲しつつ、FXDF ダイナ・ファットボブ、FLSTF ファットボーイと続く“ファットカスタム”の流れを取り込み、フロント16インチのファットタイヤに17リットル容量のフューエルタンク、新デザインの“アイブロー”ヘッドランプバイザーなど装いを新たに復活を果たした。今週の試乗インプレッションに先駆け、まずは特徴的なディテールカットをお届けする。

フォトTOPICS(写真点数/11枚)

XL1200Cの画像
01近未来的な印象を与える新デザインの“アイブロー”ヘッドランプバイザー。思いのほかスタイリッシュだ。
XL1200Cの画像
02従来の 1200カスタムと同じプルバックハンドルバー。
XL1200Cの画像
03ツーリングに最適な容量17リットルのワイドなフューエルタンク。
XL1200Cの画像
04タンクには他のスポーツスターモデルと違い、オリジナルデザインのエンブレムが輝く。
XL1200Cの画像
05スポーツスター XLCH アイアンが誕生した 1967年が刻印されたツーアップシート。
XL1200Cの画像
06こちらも新デザインの小型ローメンテナンス LED テールライト。
XL1200Cの画像
07ミシュラン スコーチャー31(16インチ)を装着したファットな印象のフロントタイヤ。フェンダーもオリジナルパーツだ。
XL1200Cの画像
081200カスタムと言えば、クローム一色に覆われたエンジンだろう。他にはない豪華さがただよう。
XL1200Cの画像
09これまでフォワードコントロールだったステップ位置がミッドコントロールに。ライディングを重視した配置か?
XL1200Cの画像
10ホーンはエンジン左側に。ビッグツインのような印象を受ける。
XL1200Cの画像
11身長174センチのライダーだとご覧の足つき。加重時シート高668ミリは XL1200L と同じ設定。

注目のアイテムはコチラ