VIRGIN HARLEY | クールブレイカー 14th イベントレポート トピックス

クールブレイカー 14th イベントレポート

  • 掲載日/2012年11月08日【トピックス】
  • 取材協力/COOL-BREAKER 実行委員会  取材・写真・文/VIRGIN HARLEY.com
クールブレイカー の画像

再び屋内イベントとして、クールブレイカーが今年も開催!

カスタムショーの源流であるイベントが
パシフィコ横浜にて再び屋内開催となる

全国で開催されている数多のカスタムショーのなかでも、その源流として知らない人はいない COOL-BREAKER が14回めの開催を迎えました。昨年はお台場での屋外イベントとして催されましたが、今年は再びパシフィコ横浜とし、北は宮城県、南は九州からと、全国に点在する業界の名だたるショップを集めてのお披露目となりました。VIRGIN HARLEY.com では、イベントレポートとともにその模様をムービーでもお届け。合わせてご覧ください。

誤植に関する訂正とお詫び

本記事の46枚めに掲載しているカスタム車両の紹介について、埼玉・新座市の MOTORROCK KUSTOMSHOP の記載を、愛知県の MOTOR ROCK と誤って記載・リンク設定をしておりました(現在はすでに訂正済みです)。読者の皆様や関係各位に多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び致します。

フォトTOPICS(写真点数/59枚)

クールブレイカー の画像
01会場は以前と同じく、パシフィコ横浜の展示Aホール。
クールブレイカー の画像
02開場された AM9:00より続々と来場者がやってきました。
クールブレイカー の画像
03入場口で限定ステッカーをもらい、入場パスを腕に巻いてもらいます。
クールブレイカー の画像
04さっそくブースを見てまわりましょう。こちらは東京のショップ SELECTED CUSTOM MOTORCYCLE 。ROYAL シリーズと名付けた5台のハーレーを持ち込みました。
クールブレイカー の画像
05EASY RIDERS は計6台のカスタムハーレーを展示。こちらは現行型のカスタム スポーツスター。
クールブレイカー の画像
06そして、こんなロングフォークチョッパーのパンヘッドも。その幅広さに脱帽です。
クールブレイカー の画像
07千葉県柏市に拠点を置く A-syks のブースには2台のチョッパーモデルが。こちらはタンクとフレームが一体型となったツートーンのナックル。
クールブレイカー の画像
08定番のスタイルながら、ゴールドのタンクが差を見せるショベル。シッシーバーまで伸びるコブラシートも見どころ。
クールブレイカー の画像
09ナルカワ は2台のカスタムハーレーを展示。こちらはなんと FXCWC ロッカーC がベース。オイルタンクを見ないと分からないほどのカスタム。
クールブレイカー の画像
10こちらのダイナはノーマルマフラーながら、エキパイを換えて左右2本出しとしています。ワンオフ製作? のカウルが印象的。
クールブレイカー の画像
11JAPAN DRAG CUSTOM CYCLES にはアメリカンな雰囲気満載のチョッパー パンヘッドが。
クールブレイカー の画像
12シッシーバーと一体化したシートに渾身のペイントが施されたフューエルタンクなど、見どころ多し。
クールブレイカー の画像
13カスタムショーではお馴染みの存在となっています。神奈川・川崎の BAD LAND は代表作でもある SUPER FLY をメインに多数持ち込み。
クールブレイカー の画像
14そして Vロッド6台をずらりと並べた。その光景は圧巻のひとこと。
クールブレイカー の画像
15BAD LAND といえば、極太リアタイヤ。300ミリのインパクトはすさまじい。
クールブレイカー の画像
16ベンダーブースも充実しているのがカスタムショー。ここでもお馴染みのショップが勢ぞろいしました。
クールブレイカー の画像
1712月2日(日)には同じくここパシフィコ横浜で開催する HOT ROD CUSTOM SHOW 2012 主催の ムーンアイズ もブース出展。
クールブレイカー の画像
18兵庫・神戸の MOTOBLUEZ もイベントの常連。シカ革のレザーグローブを多数ラインナップしていました。
クールブレイカー の画像
19福岡の ZINGY'S もカスタムショーの常連。1970年代のチョッパー雑誌をこれだけ取り揃えられるのはここだけ!
クールブレイカー の画像
20こうしたヴィンテージプレートも展示。なかなかのお値段ですが、ガレージに飾るだけで一気に雰囲気が変わります。
クールブレイカー の画像
21もちろん今回の COOL-BREAKER 限定オリジナルTシャツも販売。
クールブレイカー の画像
22ヴィンテージヘルメットのデザインにもついつい目がいってしまいます。今の時代にはないセンスですね。
クールブレイカー の画像
23レザーウォレットのひとつひとつにも個性が。やっぱり小物にも気を配りたいですよね。
クールブレイカー の画像
24再び車両ブースへ。北九州からはるばるやってきた DRM はウルトラのトライクをはじめ2台のツアラーを展示。
クールブレイカー の画像
25滋賀県のカスタムショップ CUSTOM WORKS ZON は、ツインカムとこのナックルという新旧ハーレー2台を持ち込み。
クールブレイカー の画像
26もはや絵画と言っていいこのペイント、通りがかる人たちはみんな見入っていました。
クールブレイカー の画像
27静岡・沼津に居を構える MXMG Manxman Garage はカフェレーサー スポーツスターで参戦。この“分かる人には分かる”作り込みがたまらない。
クールブレイカー の画像
28ベースは XL1200S か。トップブリッジを下げて装着したセパハンに煮詰められたスタイリングと、見どころは尽きない。
クールブレイカー の画像
291993 FLSTN がベース車両という栃木・宇都宮の HIGH-FIELD のカスタム車両。“FUNKY ORANGE”とはなかなかのネーミングです。
クールブレイカー の画像
30その高さには驚くほかない。GARAGE KNOCKER のロングチョッパー(?)パンヘッド。
クールブレイカー の画像
31通りがかる誰もが足を止め、食い入るように見入っていました。当然の迫力です。
クールブレイカー の画像
32愛知の Ken's Factory は、ロー&ロングという王道スタイルを有したモデルを2台展示。
クールブレイカー の画像
33対照的なカラーリングで鎮座するチョッパーパンヘッド。さすがの作り込みに写真を撮る人も多数。
クールブレイカー の画像
34東京・江戸川のカスタムショップ FATECH は渾身の2台を持ち込み。
クールブレイカー の画像
35“ROUGH NECK”と名付けられたツインカムベースのカスタムモデル。レッド×ゴールド×クロームのバランスが絶妙。
クールブレイカー の画像
36ここを抜きに、COOL-BREAKER は語れません。このショーの主催である HOT-DOCK CUSTOM CYCLES は3台のカスタムモデルを展示。
クールブレイカー の画像
37“BLUE LIGHTNING”と名付けられた一台、こんなところにリアショックが……。実際に走り出したときの動きが気になります。
クールブレイカー の画像
38“GUZZLER”と呼ばれるこのモデル、すべてのディテールを一点ずつ紹介したいほどの作り込み。その奥深さには敬意の念を抱きます。
クールブレイカー の画像
39ここまで煮詰められたカスタムハーレーには当然人々が集まります。
クールブレイカー の画像
40そして……代表の松村 友章氏をして「今回最大の問題作」と言わしめる SHIUN CRAFT WORKS の電動チョッパーバイク。昨年の NEW ORDER CHOPPER SHOW でお披露目してから1年、ついに動くように!
クールブレイカー の画像
41ここに搭載されているのはフォークリフト用のバッテリーだそう。ライドインショーではどんな雰囲気になるのか……。
クールブレイカー の画像
42その電動ディガーについて、松村氏 (右) に質問が飛び交います。手前は Japan Drag Custom Cycles のジョナサン、その向こうにいるのは、フリーマガジン ON THE ROAD MAGAZINE 発行人のガオニシカワ氏。
クールブレイカー の画像
43宮城県から参加の COSMIC からは、フレームまでペイントされたフレイムスが目を引くショベルなど複数台が展示。
クールブレイカー の画像
44王道とも言える要所を押さえたチョッパーショベル。これで二人乗れるんだ……と、そこに見入ってしまいました。
クールブレイカー の画像
45東京・豊島の CHOP STICK CHOPPERS からは大勢の車両とオーナーが参戦。中でも星条旗デザインのタンクや絞りきったハンドルを持つナックルは大いに注目されていました。●
クールブレイカー の画像
46埼玉・新座の MOTORROCK KUSTOMSHOP は、このツインカムをはじめとするカスタムモデルを数台持ち込み。
クールブレイカー の画像
47タンクからシート、そしてエンドへと続くラインを美しく保ちつつ、湾曲したエギゾーストがアクセントを加えるショベル。全体的なバランスも申し分なし。
クールブレイカー の画像
484台ものチョッパーハーレーを持ち込んだ群馬・桐生の Janus Mind Custom Cycles 。
クールブレイカー の画像
49いよいよライドインショー。エンジンがかけられる車両が集まり、ステージへ上がるのを待ちます。
クールブレイカー の画像
50MC を務めるのはこの人、HOT-DOCK CUSTOM CYCLES 代表の河北啓二氏。
クールブレイカー の画像
51サウンドパフォーマンス、スタート!
クールブレイカー の画像
52こちらは BAD LAND のVロッド。このモデルらしくスマートな走行でのステージイン。
クールブレイカー の画像
53女子オーナーによるライドイン。思わず顔がほころびます。
クールブレイカー の画像
54HOT-DOCK の BLUE LIGHTNING もステージへ。このブルー、実はオーナーのお子さんが好きな戦隊ヒーローもののキャラクターをイメージしたものだそう。
クールブレイカー の画像
55そして無音でステージに上がり、サウンドパフォーマンスならぬ“サイレントパフォーマンス”で会場に不思議などよめきをもたらした SHIUN の CHOPPER FOREVER。誰もが感心しきりでした。
クールブレイカー の画像
56COOL-BREAKER の醍醐味とも言えるライドインショー、来場者はステージに熱視線を送っていました。
クールブレイカー の画像
57最後に……来場者のバイクがひしめく駐車場カットをいくつか。
クールブレイカー の画像
58さすが COOL-BREAKER、オーナーの個性が出たカスタムハーレーが多数駐車されていました。
クールブレイカー の画像
59ショーも終わり、帰路につく来場者たち。来年の開催を楽しみに……。