VIRGIN HARLEY | スポーツスター de サーキットライフ「第2回 タイムアタック」 トピックス

スポーツスター de サーキットライフ「第2回 タイムアタック」

スポーツスターでサーキット走行の画像

サーキットという特殊な環境にV-H編集部員が自身のスポーツスターを持ち込み、これまでになかった“ハーレーで走る楽しさ”をお届けしていこうという、お気楽ながらも“コケたら一大事”なコラムです。

タイムアタック

初のサーキット走行@スポーツスターですっかりサーキットにハマったワタクシ、次なる試みはタイムアタックでございます。前回は初参加ということで、「さらっと流しましょう」的なゆる~い走行を楽しんだわけですが、やはりタイムを計測することで、走り方やコース取りなどいろんな意味でのバランス感覚を養っていきたくなってくるというもの。というわけで、今回はキチンとタイムを測ります。

前回の最後に TRAMP CYCLE の店主からバックステップ装着の提案がありましたが、しばらく待つもなかなか届かず。で、「バックステップの件、どんな感じですかー?」と聞いたところ、「ごめん、今つくってる最中」との返事。在庫がなかったからでしょうか、現在鋭意製作中とのこと。いやいや有り難い限りです。ということで、残念ながら今回バックステップ装着は見送ることになり、ノーマルステップ削りながら本日も走ることとしましょう。

スポーツスターでサーキット走行の画像
ただいま鋭意製作中のバックステップ。次回には装着されているか?

“速く走る”ことが重要ではない
走行バランスを知るためのタイム計測

今回使用するのは、このトミンモーターランドをはじめ、筑波サーキット(コース1000および2000)や富士スピードウェイのショートコースなどで用いられる ZiiX ラップタイマー。購入するとお値段 12,800円也、でございますが、ここトミンモーターランドでは 1,500円でレンタルできます。写真のようにタイマー本体をハンドルバーなどに設置し、コースの路面下に埋め込まれた磁気バーからの電気をキャッチするセンサーを車体下部(なるべく地面に近くなるよう)に設置するだけのシンプルな機器。

タイム計測というと、“どれだけ速く走れるか”を見るためのものと思いがちですが、ノンノンノン。コーナーへの入り方などのコース取りに車体の倒し方、アクセルを開けてきちんとスピードを出すべきところで出して、そしてタイミングよくブレーキングをする……といった、バランスの良いライディングをするための目安とするもので、「速く走るためにタイムを縮める」のではなく、「バランスよく走った結果、タイムが縮まった」という方向性で精進しておる次第です。

スポーツスターでサーキット走行の画像
これが ZiiX ラップタイマー。自分の今のライディング技術を測るという意味で、目安となりますね。

トミンモーターランド Aコース 全容

スポーツスターでサーキット走行の画像
全長/550メートル、最長ストレート/122メートル、最大幅/10メートル、最大バンク/10パーセント 資料提供/トミンモーターランド
スポーツスターでサーキット走行の画像
今日もやってきましたトミンモーターランド。快晴でございます。
スポーツスターでサーキット走行の画像
事前にナンバープレートやミラーを外してくるなど、2回めとなると手馴れたもの。
スポーツスターでサーキット走行の画像
ヒデモ御一行よりひと足先にサーキット入り……と思ったら、以前ハーレーカスタム紹介で取材した Koseki さん@2000 XL1200S が会場入り。こちらも今回が初サーキット!
スポーツスターでサーキット走行の画像
ヒデモ御一行がやってきて、いよいよ準備開始。
スポーツスターでサーキット走行の画像
自走で来られた Koseki さん、道中でエキパイが外れるアクシデントが発生。近くのホームセンターで仕入れた針金で応急処置。
スポーツスターでサーキット走行の画像
こちらがラップタイマー。本体をハンドルバーに設置し、センサーを車体下部に取り付けます。
スポーツスターでサーキット走行の画像
ライザー部分にテープとタイラップでホールド。タイラップって万能ですよね。
スポーツスターでサーキット走行の画像
さらに今回は GoPro でのムービー撮影も! 購入した HERO3 が間に合わなかったので、GoProの正規代理店でもある BONSAI MOTO より前期モデル HERO2 をレンタル。こちらはページ下部のムービーでお楽しみください。
スポーツスターでサーキット走行の画像
トミンの主と称しても過言ではないでしょう、YAHOO!!IBARAKIさん のスーパースポーツ。タイヤウォーマーが羨ましいですが、自分はまだそこまでするほどじゃないですからね。身の丈にあった遊び方をするのです。
スポーツスターでサーキット走行の画像
カスガさんがコースイン。いよいよスタート。
スポーツスターでサーキット走行の画像
皆さん慣れたもので、スタートからのペースアップもなかなか早いです。
スポーツスターでサーキット走行の画像
ワタクシめもスタート。今回「お腹まわりにゆとりがあるもの」と、クシタニ広報 徳増さんがブラック×ブルーのツナギをお貸しくださいました。あ、ありがとうございます……。このカラー、カッコいいでしょ?
スポーツスターでサーキット走行の画像
コーナーへ突入。後ろから国産スーパースポーツがプレッシャーをかけてきます。
スポーツスターでサーキット走行の画像
と思ったら、あとからさらに2台が追随。ひぃ~~~。
スポーツスターでサーキット走行の画像
ホームストレートに入った途端、外に逃げるヘタレ。ここは安全に抜いてもらうのが良いと判断。
スポーツスターでサーキット走行の画像
カスタム カフェレーサーで攻める Koseki さん。スタイルがカッコいいですね~。
スポーツスターでサーキット走行の画像
その真後ろにベタづけするビルダー HIDE。鬼です。
スポーツスターでサーキット走行の画像
相変わらずサーキット渋滞を引き起こすヘタレ。いっちょ前にインを攻めております。
スポーツスターでサーキット走行の画像
こちらもサーキット初参戦のショウダさん@FXR。一点を見つめながら何を思う……?
スポーツスターでサーキット走行の画像
やはりノーマルステップだと、バンク角に限界が……。サーキットは楽しいけど、難しいです。
スポーツスターでサーキット走行の画像
写真のタイムは 37.4秒ですが、この日のベストタイムは 35.7秒。やはり35秒の壁は破りたい。課題は見えた。
スポーツスターでサーキット走行の画像
こちらは HIDE さんのラップタイマー。30秒台とか速すぎます。
スポーツスターでサーキット走行の画像
自分のペースで走って、“走る楽しさ”が味わえるサーキット。大人だって無邪気に楽しんじゃいますとも。
スポーツスターでサーキット走行の画像
前回に引き続き、ライディングの課題が浮き彫りになった今回。さて、次回は……?

SPORTSTER de CIRCUIT LIFE MOVIE

ダイエットにバックステップ……
それよりも大事なコトがある!

スーパースポーツ系バイクなら30秒の壁をやぶれるトミンAコース、ヒデモのビルダー HIDE さんでも30秒フラット。それも軽量のエヴォスポ XL1200S というのもポイント。軽量化したとはいえ重量があり、開けた瞬間のパワーも大きいインジェクションスポーツだと、そのモアパワーを制御しながら走らねばならず、コントロールするだけで四苦八苦。とはいえ、できれば35秒の壁をやぶるところまでは行きたいなぁ、と思う今日この頃。

すでにノーマルステップは限界に来ており、いよいよバックステップ化のカウントダウンが始まっているところですが、改めて自分のライディングというものを見直してみる必要があるかな、と。そんな折り、ハーレーのインストラクターをされている恩田 浩彦さんより「だったら俺が教えてやるよ」との申し出が。これは渡りに船と嬉々としたのですが、「言っとくけど、一般の人とは違って相手がキミだから、みっちりシゴくぜ」と恐ろしい言葉が……。次回、まさかの地獄特訓か? マジでビビっています。

スポーツスターでサーキット走行の画像
初参加のサーキット走行の翌日からランニングを始めました。バイクの軽量化ももちろんですが、人間も軽量化せねば。このままじゃ、スマートなツナギも着れないしね(涙)。
プロフィール
VIRGIN HARLEY.com 編集担当 田中 宏亮

通称“ジャージー”。愛車は2008 XL1200R TRAMP CYCLE special。齢30代後半にしてサーキットライフに開眼、周囲が止めるのにもかかわらず、フルカスタム スポーツで走り出した馬鹿。記事の好みもスポーツスターに集中するなど、完全に偏ってきているが、本人はあえてその方向でブレイクスルーするつもりらしい。