VIRGIN HARLEY | 第40回 東京モーターサイクルショー ハーレー関連ブース レポート トピックス

第40回 東京モーターサイクルショー ハーレー関連ブース レポート

東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像

例年にないほどの賑やかさが印象的だった東京モーターサイクルショー。まずはハーレーダビッドソン ブースから見ていこう。

3日間での来場者数は約11万人!
例年にない盛り上がりを見せたサイクルショー

3月22日(金)から24日(日)までの3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-11-1)にて、第40回 東京モーターサイクルショーが開催されました。この3日間での来場者数は 110,158 人と、会場には大勢のモーターサイクルファンが集まり、例年にない盛況ぶりでした。ここではハーレーダビッドソンブースのほか、ハーレー用カスタムパーツが奢られたロードキングを展示していたクリアキン、そして近年ハーレーのエンジンを備えたロードホッパーの新モデルを輩出しているプロトのブースに注目、その模様をレポートします。

フォトTOPICS(写真点数/41枚)

東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
01ブース全景はご覧のとおり、ハーレーダビッドソンというブランド名にふさわしいインパクトあるデザインに。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
02最前列で出迎えるのは、H-D 純正カスタムパーツが驕られたアイアン 883 とロードグライド。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
03ノーマルのそれとはガラッと印象を変えたスポーツスター XL883N アイアン 883 。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
04ヘッドライトにはビキニカウルを装着。これだけでバイクの表情は一変する。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
05ドラッグバーに換装し、レーシーなポジションを実現。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
06そして HARLEY-DAVIDSON Racing と記されたタンクデザインは、往年のレースシーンでの活躍をほうふつさせるもの。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
07その真横に座する FLTRX103 ロードグライドカスタム は一転、ハーレーらしいきらびやかなフルカスタムモデルに。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
08なんといってもカンパニーオリジナルペイントが最大の見せ場。デザイン面積の大きいモデルだけにインパクト大!
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
09スクリーミンイーグル製のオリジナルエアクリーナーを配し、ビジュアルとともに走りの性能もアップさせている。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
10この純正カスタムホイールなど、ビレットパーツを存分に装着した贅沢な一台だ。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
11ブース内に入ると、110年というハーレーダビッドソンの長い歴史を感じさせるメインコーナーが待ち受けていた。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
12今から100年前、日本に上陸した初のハーレーダビッドソン Model 9-E の実物が展示。注目度は高かった。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
13その日本上陸 100 周年記念モデルとして誕生した FXDL ダイナ・ローライダー アニバーサリーエディションがすぐ横に控える。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
14またその横には、ハーレーダビッドソン生誕 110 年記念モデルである FLHR103 ロードキング アニバーサリーエディションが。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
15そして……ハーレーフリークがこの東京モーターサイクルショーでもっとも注目していたと言っていい新型2モデルも展示!
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
16従来モデルにオリジナルデザインを配した FXDBA ダイナ・ストリートボブ リミテッド。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
17従来モデルからはイメージできない個性的なデザインが施されたフューエルタンク、これだけでも価値は一層高まる。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
18そして一見したときのインパクトが強いレッドリムレースホイールを採用。ハーレーらしい主張の仕方と言える。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
19高い人気を集めた CVO ブレイクアウトのスタンダードモデルとしてデビューを果たした FXSB ブレイクアウト。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
20ソフテイルやダイナなどにラインナップされるモデルではおなじみのガッサーホイールを採用。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
21かつてラインナップされていた FXDF ファットボブのそれをほうふつさせるドラッグバーを採用。攻撃的な印象を強める。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
22「HARLEY-DAVIDSON」のメダルが驕られたオリジナルデザインのフューエルタンクも見どころ。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
23兄貴分となる CVO ブレイクアウトも対面に展示。こちらの存在感はまた違ったものがある。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
24ハーレーダビッドソン モーターカンパニーが自信をもって打ち出しているのがペイント技術。デザイン面だけでなく、こうした職人の技があるからこそ、他メーカーにないグレードのペイントで仕上げられるのだ。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
25その他、XL1200X フォーティーエイト(左上)、FXDWG ワイドグライド(右上)、VRSCDX ナイトロッドスペシャル(左下)、FLHTCU103 ウルトラクラシック エレクトラグライド(右下)など、人気の高いモデル群に跨がれる機会でもあった。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
26アンケート記入に応じると、オリジナルのハードキャンディステッカーがもらえるなど、来場者はハーレーダビッドソン ブースで大いに満足感を得たことだろう。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
27生誕 110 年、そして日本上陸 100 年という節目を迎えた 2013 年のハーレーダビッドソンを象徴する空間は見事のひとことだった。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
28こちらは米アフターパーツメーカーのクリアキンのブース。きらびやかさでは本家に負けていない!
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
29オリジナルパーツを配し、通りすがる人々の注目を集めていたロードキング。夜に見るインパクトはこれ以上だろう。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
30今後も精力的に展開をしていくというクリアキン。日本でもフリークが多いだけに、注目度は高い。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
31そして注目したいのがこちら、ハーレーダビッドソンのエンジンを搭載した日本オリジナルモデル ロードホッパー を手がけるプロトのブース。中でも驚かされたのは……。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
32限定 30 台のニューモデル ロードホッパー Type 5 SHOVEL。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
33驚くべきはそのエンジン。S&S製ショベルヘッドが搭載されているのだ。まさか 2013 年の今、ショベルが量産モデルとして登場するとは!
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
34プロトのオリジナルカスタムパーツでカスタマイズされた XL1200X フォーティーエイト。さすがはゼロエンジニアリングを生み出したプロト、フォーティーエイトの存在感を高めるのはお手のもの?
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
35そして、コンセプトモデルという位置づけで座するのが、この Type 1i Café Racer 。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
36その名のとおり、カフェレーサー型のロードホッパーである。ベースは、スポーツスターエンジンにテレスコピックフォークを備えるロードホッパーの従来モデル、Type 1i 。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
37まだ開発段階ではあるが、セパレートハンドルを装着したコックピットは、まさしくカフェレーサーのそれ。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
38往年の英車をほうふつさせるフューエルタンク。「零」の文字が、日本オリジナル、そしてゼロエンジニアリングの薫りを漂わせる。
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
39フレームは従来のリジッド。サスペンションは TT シートを支えるものとなっている。ブリヂストン TT100GP など、リアエンドの印象はブリティッシュそのもの!
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
40「ZERO ENGINEERING」のブランドを全面に押し出しての展開を試みるプロト。日本で第5のメーカーとなれるか?
東京モーターサイクルショーハーレーダビッドソンブースの画像
41平日である初日 22 日(金)でこの盛況ぶり。今年のモーターサイクル界はかつてないほどの活気に満ちあふれていることだろう。