VIRGIN HARLEY | スポーツスター de サーキットライフ「第3回 TSUKUBA 1000」 トピックス

スポーツスター de サーキットライフ「第3回 TSUKUBA 1000」

スポーツスターでサーキット走行の画像

サーキットという特殊な環境にV-H編集部員が自身のスポーツスターを持ち込み、これまでになかった“ハーレーで走る楽しさ”をお届けしていこうという、お気楽ながらも“コケたら一大事”なコラムです。

TSUKUBA 1000

半年ぶりの更新となってしまった本コラム、「またアイツ、途中でほっぽりだしたんじゃねぇか?」なんて陰口が聞こえてくるような……。とまぁ冗談はさておき、諸々の事情から約3ヶ月間、再び大阪の TRAMP CYCLE に入庫されていた我がスポーツスター。前後アップにミリバー換装、シート変更などを施した 前回のカスタム第2弾 でのお預け期間と合わせると、この一年のあいだに半年近くも TRAMP CYCLE に預けていたことになります。帰ってきた際の感激といったらもう……。

閑話休題。

フルメンテを終えて戻ってきた愛機、もちろんそれだけでは終わってはいませんとも。昨年12月に走ったトミンモーターランド にて、ノーマルステップが半分以上削れてしまい、見た目の悪さも合わせ交換を余儀なくされていたのです。で、店主との協議の結果、同店オリジナルのバックステップキットを装着することとなりました。こうしてバックステップへと変更すると、ある意味“一線を越えた感”が出るのは僕だけではあるまい。もちろん、ライディングポジションは以前とまったく違ってくる(やや前屈気味になる)ので、乗り方だって変わってしまいます。

一ヶ所だけだが、大きな変化を遂げた我が愛機が次に挑むのは……サーキットを駆るライダーならご存知、筑波サーキットです!

スポーツスターでサーキット走行の画像
TRAMP CYCLE オリジナルのバックステップを換装。スポーツスター化、ますます進行中。
スポーツスターでサーキット走行の画像
マイカーに愛機を積み込み、向かうは……筑波サーキット!

明らかに場違い感があるのを知りながら
筑波サーキット デビューへと向かう

愛機が戻ってきたわけですから、コラム再開のためにもサーキットへ赴こう!とプランを検討していた折り、千葉に居を構える輸入車販売会社 グッドウッド二輪商会 がサーキット走行会『グッドウッドカフェ サーキットエクスペリエンス 2013』を催すとの情報をキャッチ。教えてくれたのは、バイク雑誌 MOTO NAVI などで活躍するライダー兼モデルのREIさん。「一緒に走りに行きましょう!」とお誘いくださったこともあり、参加について前向きに検討しだしました。

問題は、場違い感満載なこと。

ドゥカティやBMW、トライアンフなどを取り扱うグッドウッド主催ということで、参加条件には「排気量400cc以上の輸入車」とあります。とはいえ、普通に考えれば参加されるのは上記メーカー系のスポーツバイクがほとんど。僕以外でハーレーで参戦する方がいらっしゃったら、それは相当の変わり者だと思うわけです。

が、変わり者&天邪鬼なワタクシはその参加条件を見て、「ハーレーはダメ、とは書いていない」とスーパーポジティブ解釈をし、ドゥカティ松戸 にご連絡。「ハーレーなんですが、良いですか?」というセリフに言葉を詰まらせる店長、「ま、まぁウチ(グッドウッド)もハーレーを取り扱っていますからね……」と、逆に気を使わせてしまう大馬鹿野郎で申し訳ございません。

そして走行会当日、マイカー ステップワゴンにスポーツスターを積み込んだワタクシ、会場である筑波サーキット コース1000に入ったのであります。ちなみにこのコース1000、これまで走ってきたトミンモーターランドが全長550メートルですから、約2倍!

スポーツスターでサーキット走行の画像
サーキット用にフルカスタムされたKTMのスーパースポーツRC8と、そのオーナーREIさん。鈴鹿8耐参戦を視野に活動中だそう。
スポーツスターでサーキット走行の画像
会場入り。周囲を見渡すと、8割がドゥカティで、ほかトライアンフやKTM、MVアグスタのスーパースポーツが並びます。ハーレー?もちろん僕ひとり。

筑波サーキット コース1000 全容

スポーツスターでサーキット走行の画像
全長/1,039メートル、コース幅/11~17メートル、
カント/1.5パーセント、ホームストレッチ/253メートル、バックストレッチ/106メートル
※今回のサーキットエクスペリエンスでは若干短めのコース設定(オレンジのライン)とされていました
資料提供/筑波サーキット
スポーツスターでサーキット走行の画像
会場である筑波サーキット コース1000のピット前。
スポーツスターでサーキット走行の画像
マイカーから愛機を降ろします。後ろに見えるトライアンフ デイトナ675は、ツーリングゼミナールでも執筆いただいていたライター 中村友彦さん のサーキット仕様バイク。
スポーツスターでサーキット走行の画像
早速テーピング作業に取り掛かるモヒカン。
スポーツスターでサーキット走行の画像
初級クラスで申請、登録ゼッケンを貼ります。
スポーツスターでサーキット走行の画像
サーキット走行前の車検にと、ハーレーを持ち込むモヒカン。
スポーツスターでサーキット走行の画像
こちらで点検。ハーレーが来るとは思っておられなかったようで、担当者も驚いておられました。
スポーツスターでサーキット走行の画像
タイヤの空気圧からブレーキなどなど、細かく点検してもらいます。無事クリア。
スポーツスターでサーキット走行の画像
ピット内に目を向けると、ドゥカティレッドで真っ赤になっていました。
スポーツスターでサーキット走行の画像
スポーツクラシックシリーズの MH900 の姿も。
スポーツスターでサーキット走行の画像
こちらは自走でやってこられたトライアンフ デイトナ 675 の女性オーナー。同じ初級者クラスの方ですが、確実にアオられること間違いナシ。
スポーツスターでサーキット走行の画像
そしてブリーフィング。ドゥカティオーナーの参加率が8割近くにおよんだので、全体的に赤いです。
スポーツスターでサーキット走行の画像
今回使用するコース1000と、本日のコースの説明。真面目に聞き入るモヒカン。
スポーツスターでサーキット走行の画像
本日は若干ショートカットされたコース設定となっております。
スポーツスターでサーキット走行の画像
そして、上級・中級・初級とクラス別でのブリーフィングがスタート。こちらは初級クラスの模様。
スポーツスターでサーキット走行の画像
まずは自己紹介から。所有バイクやサーキット走行経験などを述べます。「ハーレーです」と言った途端、微妙な空気になってしまい申し訳ございません。
スポーツスターでサーキット走行の画像
個人個人の課題や本日の目標を設定し、指示やアドバイスをもらいながら最終的にインストラクターの方にチェックしてもらいます。
スポーツスターでサーキット走行の画像
走行会前のピット。バイクが走り出すのを静かに待っています。
スポーツスターでサーキット走行の画像
いよいよコースイン。上級、中級が第1走行を終え、いよいよ初級コースの番に。
スポーツスターでサーキット走行の画像
余裕かましているモヒカンですが、初のツクバに実は内心緊張しているのです。
スポーツスターでサーキット走行の画像
「こら、ふざけるな」と怒られた……わけではありません。コースへの入る順番やマナーについて、最終確認をしているところです。ちょっと間違うだけで事故につながっちゃいますからね。
スポーツスターでサーキット走行の画像
いよいよコースイン。明らかに一台だけ間違ったオーラ放っています。
スポーツスターでサーキット走行の画像
スタート!
スポーツスターでサーキット走行の画像
トミンのときとは違い、スーパースポーツに囲まれての初走行となるスポーツスター&モヒカン。
スポーツスターでサーキット走行の画像
初コースなので、最初は慎重に、慎重に……。
スポーツスターでサーキット走行の画像
ドゥカティの最新スーパースポーツ 1199 パニガーレ にケツをアオられるスポーツスター(こちらはマーシャルです)。
スポーツスターでサーキット走行の画像
ドゥカティのツーリングモデル ムルティストラーダ 1200 S Sport もサーキット走っていました。
スポーツスターでサーキット走行の画像
他誌の取材で来られていた中村友彦さん@デイトナ675。マジ速いです。さすがプロ。
スポーツスターでサーキット走行の画像
モデルのREIさん@KTM RC8も上級クラスで疾走。いやー、同じ土俵では戦え……いえ、走れません。
スポーツスターでサーキット走行の画像
再びドゥカティに囲まれるスポーツスター。スポーツ走行に秀でたモデルと違い、ホイールベースが1,520ミリ、フロント19インチ/リア16インチという設計だけでもハンデ大きいのです。
スポーツスターでサーキット走行の画像
それでも回を重ねるごとにペースを上げてきたモヒカン。胴体が丸太っぽいところは気にしないでください。
スポーツスターでサーキット走行の画像
以前だったらステップ削りまくっていたコーナーでも、バックステップ化したことでかなり寝かし込めるように。一方で、別の弊害も発生するのであります。
スポーツスターでサーキット走行の画像
全クラスの走行予定を終え、最後にじゃんけん大会が。
スポーツスターでサーキット走行の画像
そしてクラス別での反省会。充実した一日だったのか、皆さん良い笑顔です。
スポーツスターでサーキット走行の画像
記念の集合写真。お疲れ様でした&お邪魔してすいませんでした。
スポーツスターでサーキット走行の画像
今回もサイドまでめいっぱい使い切っておりました。多少余裕を持たせるのが大人のタシナミというもの。まだまだ未熟者です。

インストラクターが的確な指南をしてくれる
スクール型の走行会で着実にステップアップ

輸入バイクの販売を手がけるグッドウッド二輪商会では、参加者のスキルをワンランクアップさせることを目的としたスクール型の走行会『グッドウッドカフェ サーキットエクスペリエンス』を年に数回、開催されています。

参加者の希望から「初級」「中級」「上級」各クラスを選び、各々の課題や目指す目標をインストラクターがヒアリング、課題のクリアとともにライディングスキル向上を目指しており、BMW、ドゥカティ、トライアンフなどグッドウッドが手がける輸入バイクメーカーをメインとする大型インポートバイクのオーナー向けのイベント。

グッドウッドグループには、ハーレーダビッドソン松戸ハーレーダビッドソン グッドウッド足立 などハーレーダビッドソンジャパン正規販売網も名を連ねており、ハーレー向けのライディングテクニック講習会なども実施することがあるそう。ご興味がある方はぜひお問い合わせを。

›› グッドウッド二輪商会のホームページはこちら

スポーツスターでサーキット走行の画像
この「ライディングカルテ」に参加者が書き込み、走行会の最後にポイントをチェックしたインストラクターからのアドバイスが記入されて手元に戻ってくる。

ライダーが未熟なのはもちろんだが
バイクにもさまざまな課題が山積み……

ついにバックステップ装着という禁断のカスタムに踏み切ってのサーキット走行。ノーマルステップのときならすでにガリガリと音がしていたコーナーでも、以前より倒し込んでクリアすることができるように。またステップ位置が変わったことでライディングポジションも前屈気味になり、ハンドリングから何からガラっと変わるなど、その恩恵を十分に感じ取ることができました。

今回はスクール形式の走行会だったことから、インストラクターのアドバイスもあって自分のスキルを客観視でき、体重移動やブレーキングなど、日常でも必要なライディングの基礎を見直せたのは大きなプラスポイントでした。

ただし、自分のスキル以外での問題が。ノーマルステップ時よりも倒し込めるようになった一方で、ステップの代わりにサイドスタンドやエキパイを擦ってしまうという弊害が発生。TRAMP CYCLE でサーキット仕様にカスタムされた 2001 FXDX は、コーナリング時にも擦らない位置にまでカチ上げたエキパイをワンオフ製作することで問題を解決していたのですが、はたして自分がそこまでする必要があるのか……。

そんなことを考えた初ツクバだったわけですが、改めてライディングスキルの基礎の大切さを感じ入った次第。次回こそ……保留になっていたH-Dインストラクター 恩田浩彦氏による地獄のライテク特訓か?

スポーツスターでサーキット走行の画像
中村さんが「うわぁ~、もったいねぇ~!」と悲鳴をあげた削れエキパイ。ここをなんとかしようと思ったら、エキパイのみワンオフ製作してカチ上げるほかありません……。
スポーツスターでサーキット走行の画像
「リッターバイクだと狭くない?」と言われるコース1000ですが、僕にはちょうど良い大きさだったと……ヘタなだけ?
プロフィール
VIRGIN HARLEY.com 編集担当 田中 宏亮

通称“ジャージー”。愛車は2008 XL1200R TRAMP CYCLE special。齢30代後半にしてサーキットライフに開眼、周囲が止めるのにもかかわらず、フルカスタム スポーツで走り出した馬鹿。記事の好みもスポーツスターに集中するなど、完全に偏ってきているが、本人はあえてその方向でブレイクスルーするつもりらしい。