VIRGIN HARLEY | 8th Annual NEW ORDER CHOPPER SHOW イベントレポート トピックス

8th Annual NEW ORDER CHOPPER SHOW イベントレポート

ニューオーダーチョッパーショーの画像

今年もお馴染みの神戸国際展示場 3号館にて、ニューオーダーチョッパーショーが開催!

全国のショップが渾身の一台を引っさげ参戦
華やかなカスタムバイクショーが開演

小雨が降る7月15日(月・祝)、8回めの開催となった『8th Annual NEW ORDER CHOPPER SHOW』がこれまでと変わらず神戸国際展示場 3号館にて開催された。カスタムショップ、ベンダーブース、バーバリアンサーカスと合わせて150以上の出展数となり、来場者も3500人を超えるなど、あいにくの空模様すら吹き飛ばす神戸のチョッパーカルチャー熱を感じさせる賑やかな一日となった。

人気を集めるのはやはり神戸の二大巨頭であるNice! MotorcycleとACE MOTORCYCLEだが、今年は彼らの牙城に迫らんとする気迫のこもったチョッパーバイクがところ狭しと陳列。また相変わらず盛況なベンダーブースに大きな盛り上がりを見せたバーバリアンサーカスでのオークションなど、8回めを迎えこのショーは成熟のときを迎えているのだろう。それではショーの模様をフォトレポートで振り返っていこう。

フォトTOPICS(写真点数/89枚)

ニューオーダーチョッパーショーの画像
01AM 9:00の開場とともに、オーディエンスが一斉に入場。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
02今回もベストチョッパーショーや各メディアのピックなど、さまざまな表彰が実施される。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
03入場と同時に、毎年一新されるオリジナルTシャツの購入へ向かうオーディエンス。ファンならぜひ手にしたい逸品だ。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
04いよいよ車両に目を向けていこう。まずは YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2012で BEST OF SHOW MOTORCYCLE を受賞した Cherry’s Company (チェリーズカンパニー)のナックルがお出迎え。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
05滋賀に居を構える CUSTOM WORKS ZON (カスタムワークス ゾン)は片持ちスイングアームのチョッパーショベルで参戦。よく見ると、スプリンガーフォークまで片側のみ!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
06台湾のショップ RAUGH CRAFTS はローランドサンズデザインをほうふつさせるツインカムを持ち込んだ。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
07そして、やはり見逃せない存在である Nice! Motorcycle からはこのフルカスタム エヴォスポーツをはじめ、3台の車両が登場。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
08スプリンガーフォークを搭載したリジッドチョッパーのパンヘッド。これもナイスらしさが全面に出た一台だ。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
09フューエルタンクにはドクロが掘り込まれていた。「悪趣味とハイセンスの融合」という言葉は伊達ではない。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
10先日アメリカはロスで開催されたカスタムイベント Born Free に持ち込まれた Nice! Motorcycle 総帥 ボヘミアンオカダ渾身のチョッパーナックル。現地の雰囲気をほうふつさせるフォトアート展ブースもさすがのひとこと。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
11同じく神戸の雄、ACE MOTORCYCLEからは3台のショベルが現われた。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
12ACEをよく知る人なら分かる“ACEらしさ”が存分に込められたカスタム ショベルスポーツ。ブラックとホワイトのツートーンで彩られたカラーバランスもお見事。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
13京都の HOT CHOP SPEED SHOP (ホットチョップ スピードショップ)はチョッパーショベルを投入。絶妙のバランスで組み上げられた一台からは、同ショップが高い人気を誇るワケが伺える。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
14Custom Factory Noy’s (カスタムファクトリー ノイズ) はソフテイルやロードキング、スポーツスターなど近年のモデルをベースとしたカスタムハーレーを4台持ち込んだ。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
15新型スポーツスターとして脚光を浴びた XR1200 をフルカスタム。ビジュアル面での凶暴さが増したスポーツバイクだ。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
16愛知の Ken’s Factory (ケンズファクトリー)からエントリーされたのは、今までのイメージを一新するかのようなショベルスポーツ!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
17Skull Motor Cycle (スカル モーターサイクル)はスポーツスターエンジンをリジッドフレームに積んだチョッパースポーツ。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
18このハイセンスなペイントと言ったら……。あらゆる面からのアプローチを試みたスキのない一台だ。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
19今や全国のカスタムショーでその名を聞かないところはない、大阪の TRIJYA (トライジャ)。『刻美』ブランドのパーツをふんだんに取り入れたカスタムハーレーを4台投入!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
20神戸のショップ MOTO BLUEZ (モトブルーズ)から現われたのは、ロングフォーク搭載のロッカーCと、ヴィンテージスタイルにまとめたエヴォスポーツ。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
21同じく神戸の RUDE ROD custom cycle (ルードロッド カスタムサイクル)は、高い人気を誇るスポーツスター フォーティーエイトをベースにした車両を3台持ち込み。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
22セパハン&バックステップというカフェレーサースタイルに昇華させたフォーティーエイト。バージンハーレーでも近日、カスタム記事「プロが生んだハーレー」にて紹介する。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
232001年式のXL1200Cをコンパクトにまとめた、ルードロッドらしいスポーツスター。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
24本イベントの主催メンバーのひとり、松村 友章氏率いる SHIUN CRAFT WORKS (シウン クラフトワークス)からは4台が投入された。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
25ショーの直前まで製作作業が続いたという XL1200S ベースのレーサー型スポーツスター。サンダンスのエキゾーストやハードコア エアクリーナー、ビキニカウル、チェーンドライブなどさまざまな要素を絶妙なバランスで組み上げたシウンならではの一台。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
26スタイリッシュなツインカム ソフテイルを持ち込んだ京都の DECONT CUSTOMS (デコント カスタムズ)。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
27DYNA auto industries (ダイナオートインダストリーズ)から登場したのは、滑らかなラインが魅力のストリートグライド。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
28ドラッグ型のハンドルバーがヤッコカウル内側の機器の真上に……。何かを犠牲にするというのも、カスタムなのか。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
29リジッドフレームにエヴォスポーツ エンジンを搭載した古き良き時代のバイクをほうふつさせる一台。持ち込んだのは、BROWN CHERRY motorcycles (ブラウンチェリーモーターサイクルズ)。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
30もはやカスタムショーでもお馴染みの存在となった BAR-BER CYCLE (バーバーサイクル)のブース。まるでH-D創業時代の風景のよう。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
31エヴォスポーツのベーシックなスタイルを残しつつも、ヴィンテージチョッパースタイルにまとめた BAD DEVILS CHOPPERS の一台。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
32大阪の Motor Garage GOODS (モーターガレージ グッズ)は、今年の大阪モーターサイクルショーに出展したカフェレーサー スポーツを持参。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
33東京・調布の BLACK CHROME BIKE WORKS (ブラッククローム バイクワークス)はフルカスタム スポーツスター『SUPER RECORD』とともに参戦!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
34兵庫・姫路のショップ MOTLEYCREW (モトリークルー)は、周囲の度肝を抜くような眩いピンクのVロッドを展示!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
35同じく兵庫は三田に居を構える smile chop garage (スマイルチョップガレージ)は、真っ白なリジッドフレームにエヴォスポーツを載せた一台とともに参戦。今回のニューオーダー、特にエヴォスポーツを用いた車両が目立つ。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
36『CORE UNIT』なる名称で出展された1973 XLCH。プロデュースしたのは、大阪のカスタムショップ TRAMP CYCLE (トランプサイクル)の代表 長岡 守 氏だ。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
37ニューオーダーにはハーレーのみならず、トライアンフや国産バイクなど、多岐に渡るチョッパーバイクが並ぶ。このバリエーションが人気を集める理由のひとつだろう。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
38展示されるショーバイクを真剣に観察するオーディエンス。自身のカスタムのヒントが得られただろうか。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
39カスタムバイクというカテゴリーで言えば、こうした存在も忘れてはいけない。“第5のメーカー”を目指すプロトのロードホッパーもブース出展された。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
40そしてベンダーブースも大人気。お目当ての品はもちろん、意外な掘り出しものに出会える楽しさがたまらない。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
41「アメリカから戻って間もない」という長谷川 努 氏のカスタムパーツショップ FORK (フォーク)も自信作を引っさげて参戦。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
42デッドストックのヘルメットも大量放出。掘り出しものが見つかればラッキー!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
43こんなマグカップも大量に販売されていた。60~70年代か? 自宅にセットであるだけで、雰囲気が一変するはず。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
44ピンストライパーたちがパフォーマンスを見せるバーバリアンサーカスのコーナーでは、名だたるメンバーが腕を披露していた。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
45独創的なデザインが施されたヘルメットやフューエルタンクが並び、訪れたオーディエンスもカスタム欲を刺激された模様。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
46独特のカルチャー満載のイラストがところ狭しと並び、オーディエンスの目を楽しませてくれる。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
47こちらは本日14時より実施されるオークションに出展される景品の数々。すべてが涎モノの極上品!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
48バーバリアンサーカスに出展する御仁の手から生み出された珠玉のアイテム……たまらない!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
49HOTBIKE Japanの展示車両……ではありません。彼らの見るニューオーダーとは、どんな存在なのだろう。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
50外に出ると、開場からまもなくして雨が降り出したことから、みんな雨宿り状態に。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
51駐車場に足を運ぶと、この雨のなか、思いのほか多くのバイカーが集まってきていた!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
52小雨ではあるものの、バイカーにとって雨は天敵。それでも笑顔(?)とポーズを忘れない心意気に「天晴れ!」。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
53ロングフォークチョッパーなショベルスポーツ。そしてその後ろには、アメリカンポリスに扮した駐車場警備員が。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
54今度はストリートグライドが登場。もちろんハーレーだけでなく、他メーカーバイクも大勢参戦!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
55ポリスハーレーに乗ってきたのは、どうやらこの駐車場の警備員の方。こんなところまで演出にこだわる、それがニューオーダーの醍醐味。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
56さまざまなバイクがずらりと駐車場に並んでいく。テイストの違うモーターサイクルショーのよう。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
57アメリカンポリスも記念撮影。こんなお茶目なシーンに心が和む。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
58ナックル、パン、ショベルが揃い踏み。もちろんサイドバルブやインディアンだってそこかしこに停まっていた。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
59会場内だけでなく、駐車場に並ぶオーディエンスのバイク見学も楽しみのひとつ。一台として同じバイクはない。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
60タンクやハンドル、マフラー、フェンダー、シートなどなど、部位ひとつ見ても個性が滲み出ている。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
61新旧ハーレーがこうして並ぶと、今年で110年になるというその歴史に想いを馳せてしまう。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
62HOTBIKE Japanをはじめ、メディアによるオーナースナップ撮影が駐車場で展開。雨のなか、ご協力いただいた方々に多謝!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
63他メーカーのバイクで恐縮だが……この超ロングスイングアームはこの駐車場でも注目の的だった。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
64なかなか雨がおさまらない状況にもかかわらず、続々と入場するオーディエンス。彼らのハートはたくましい!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
6514時になり、バーバリアンサーカスのコーナーでオークション大会が開催!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
66このニューオーダーでしか手に入らないオリジナルグッズが続々と登場し、会場はヒートアップしていく。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
67競りも白熱する一方。目当ての景品を手に入れるためなら、カネに糸目はつけぬ……?
ニューオーダーチョッパーショーの画像
68競り落とした幸運なるオーナーは、チョッパーガールとともに記念撮影も。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
69華やかなチョッパーショーにふさわしい盛り上がりっぷりのオークション……あれ、手前で手をあげている人に見覚えが……。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
70一番人気はこちら! Shakin’ speedgraphix デザインのオリジナルヘルメット!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
71帽体は現代のヘルメット(装飾品)ながら、ひび割れという演出を施すことで、ヴィンテージデザインと相まって極上の雰囲気を生み出している。これは欲しい!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
72見事競り落とした幸運なるオーナー。ちなみにお値段は……57,000円!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
73そして、いよいよアワードの発表! ……と、その前にカスタムショーバイクとチョッパーガールズが競演する撮影会が実施された。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
74エッジの効いたカスタムバイクと美女というのは、どれほど時代が移り変わろうとも揺らぐことのない不動のセットなのかもしれない。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
75それにしてもこのスタイルと表情、なんとも面妖な……。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
76表彰式が開催。まずは各メディアによるピックが授与されていく。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
77『ホットバイク ピック』を手にしたのは、鹿児島に居を構えるカスタムショップ SWALLOWTAIL (スワロウテイル)。Congratulation!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
78ニューオーダーの名物である Nice! Motorcycle 総帥 ボヘミアンオカダによる『ボヘミアンピック』を手にしたのは、Custom Factory Noy’s。ベストチョッパーに匹敵する受賞である。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
79そして栄光のベストオブチョッパーを手にしたのは…… 420 KUSTOMS の黄金色のパンヘッド!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
80そして、僭越ながら『バージンハーレー ピック』をお贈りしたのは、BLACK CHROME BIKE WORKS! ビルダー 松本悌一さん、おめでとうございます!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
81カスタムが難しいと言われるラバーマウントのスポーツスターをここまで美しく、そしてカッコよく仕上げられたそのセンスと手腕に脱帽。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
82ディテールに目を向けると、スタイリッシュにまとめたフューエルタンクやフェンダーシートに、スポーティな走りを予感させるハンドル&ステップなど、枚挙に暇がないほど見どころにあふれている。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
83そしてこのリアエンドの細さといったら! とてもラバーマウントとは思えないほどである。この車両は追って「プロが生んだハーレー」でご紹介するのでお楽しみに!
ニューオーダーチョッパーショーの画像
84授賞式が終わり、ニューオーダーを締め括る最後のイベントは『ロープアートショー』。詳細は……なかなかの過激さだった、という表現から読み取っていただければ幸いである。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
85息を呑んでその模様を見守る(?)オーディエンス。妙な緊張感が漂っていた。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
86最後はテンションが上がったオーディエンスの一部がショーに飛び入り! 会場は笑いに包まれた。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
8716時の閉幕とともにようやく雨があがり、会場を後にするオーディエンス。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
88そして撤収作業が。本当にお疲れ様でした。また来年、神戸で。
ニューオーダーチョッパーショーの画像
89最後に、ニューオーダーのオリジナルTシャツのプレゼント応募を実施中! 詳しくは本レポート記事の巻末をご覧あれ!