VIRGIN HARLEY | ブルースカイヘブン 2014 イベントレポート トピックス

ブルースカイヘブン 2014 イベントレポート

ブルースカイヘブンの画像

今年も快晴に恵まれたブルースカイヘブン! やはり晴れてこそのブルスカ!ですよね。

新しいハーレーの歴史を刻むモデルとともに
今年も盛大に開催された年に一度のビッグイベント

年に一度、ハーレーオーナーのために開催されるハーレーダビッドソン ジャパン主催のビッグイベント『ブルースカイヘブン』が5月24日(土)と25日(日)の2日間、静岡・御殿場の富士スピードウェイにて開催されました。そのイベント名にふさわしい青空にめぐまれたブルースカイヘブンには、約5,000台ものバイクが集結。約9,500名と言われる来場者は、エクストリームやライブステージ、最新モデル試乗会、約1,000台という参加者によるチャプターパレード、そしてキャンプなど、さまざまな催しを満喫していたようです。

特に今年は2014年12月に登場すると発表された次世代型ハーレーダビッドソン『ストリート750』の電撃発表があるなど、見どころに尽きないイベントとなったことは間違いないよう。それでは78枚という写真とともに、今年のブルースカイヘブンの模様をご覧ください!

16th H.O.G. NATIONAL RALLY BLUE SKY HEAVEN in FUJI SPEEDWAY

  • 開催日時/2014年05月24日(土)~05月25日(日)
  • 開催場所/富士スピードウェイ
  • 主催/ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社

フォトTOPICS(写真点数/77枚)

ブルースカイヘブンの画像
01午前中の富士スピードウェイのメインゲート。ちょっと静かな感じ……みんなゆったりペースで向かっているのかな?
ブルースカイヘブンの画像
02徐々にゲートに姿を現すオーディエンス。長い道のり、お疲れさまでした。
ブルースカイヘブンの画像
03サイドカーで参加の親子さん。ハーレーに乗るお父さん、カッコいいね!
ブルースカイヘブンの画像
04Welcome to BLUE SKY HEAVEN!
ブルースカイヘブンの画像
05時間とともに、続々とオーディエンスが集結。富士スピードウェイはハーレーで埋め尽くされていきます。
ブルースカイヘブンの画像
06キャンプスペースにもハーレーがずらり!
ブルースカイヘブンの画像
07テントも張り終えて準備万端!
ブルースカイヘブンの画像
08各正規ディーラー店ごとにキャンプサイトが用意されています。あっという間に埋まっていっていました。
ブルースカイヘブンの画像
09キャンプの準備が整えば、ラフな格好でイベントを楽しめます。さぁメイン会場へ!
ブルースカイヘブンの画像
10富士山もはっきり見えるほどの快晴! 早く来た甲斐がありましたね!
ブルースカイヘブンの画像
11そんな富士山に見守られるよう、今年も賑やかですブルースカイヘブン メイン会場。
ブルースカイヘブンの画像
12正規ディーラーや用品メーカー、メディアなどさまざまなブースでいっぱい。
ブルースカイヘブンの画像
13各店ではブルスカだけのセール品がわんさか! 欲しいものだらけで困っちゃいますねぇ。
ブルースカイヘブンの画像
14最新モデル ラインナップにまたがれるコーナーが。ここでの記念撮影は必須です!
ブルースカイヘブンの画像
15タイヤメーカー ミシュランのマスコット ビバンダムくんと一緒にいるのは、ライブゲストであるシンガーソングライダーのトモチンさん(左)と、“ハーレーに乗るスポーツライター”松原 渓さん。
ブルースカイヘブンの画像
16朝早くからスタートしていたのは、『バトルトラックス』のコーナー。
ブルースカイヘブンの画像
17スポーツスター XL883N アイアンを操り、コースに用意された障害をクリアしながら決められたタイムを目指すイベント。皆さん、なかなかレベルが高い!
ブルースカイヘブンの画像
18こちらは試乗会コーナー。トライクをはじめ、気になる最新モデルに乗ることができるのです!
ブルースカイヘブンの画像
19免許がない人でも実際にハーレーのエンジンがかけられるコーナーも。ハーレー、欲しくなっちゃいませんか?
ブルースカイヘブンの画像
20キッズコーナーでは、子供用二輪車「ストライダー」で楽しむ障害コースが用意されていました。
ブルースカイヘブンの画像
21今年の新イベント、富士スピードウェイ 本コースでのサーキット走行体験。
ブルースカイヘブンの画像
22パレードとは違い、スピードを出して楽しむサーキット走行、これは楽しいですね!
ブルースカイヘブンの画像
2313:00、オープニングセレモニーがスタート。スチュアート・ファレル社長による挨拶、そして衝撃の発表が……!
ブルースカイヘブンの画像
24ステージ上にてベールを脱いだ、次世代型ハーレーダビッドソン『ストリート750』が登場! 会場がどよめきます。
ブルースカイヘブンの画像
25コンパクトでシャープなスタイル、そして専用設計された新型水冷エンジン「レボリューションX」を備えたストリートモデルがついに日本に上陸したのです。
ブルースカイヘブンの画像
26この日、ジャンケンにて試乗権を勝ち取った幸運な5名が、日本で初めてストリート750を試乗。うらやましい!
ブルースカイヘブンの画像
27神奈川の正規ディーラー 一国サイクルワークスのグループで参加されてた方がストリート750に試乗。感想、ぜひお伺いしたいです!
ブルースカイヘブンの画像
28こちらはストリート……ではありませんね。ブルスカ名物の伊勢カメラマン、スクーターで会場内を駆け回っていました。
ブルースカイヘブンの画像
29H.O.G.メンバー限定のコーナー、今年も真っ白なテントエリアに設けられていました。
ブルースカイヘブンの画像
30テント内にはH-Dバーと名付けられたドリンクコーナーが。雰囲気が良いですね!
ブルースカイヘブンの画像
31今年はブルスカ オリジナルビールもご用意。お酒は20歳になってから……ではなくて、この日は夕方5時以降から販売されていました。
ブルースカイヘブンの画像
32今回限定のペイントタトゥーが楽しめるコーナーも。
ブルースカイヘブンの画像
33バー&シールドやウィリーGスカル、ハーレーダビッドソンのロゴをエアブラシでペイントして楽しみます。
ブルースカイヘブンの画像
34H.O.G.メンバーのエリア前には、発表されたばかりのストリート750が展示、実際にまたがることができました。松原さんも「軽くて取り回しやすそう」と好感触!
ブルースカイヘブンの画像
35そのほか、ストリート750をカスタマイズしたコンセプトモデルが4台展示。オーディエンスの注目を集めていました。
ブルースカイヘブンの画像
36H-Dスタントのコーナー前では、スタッフがイベントに使用するスポーツスターやビューエルを入念にチェック中。
ブルースカイヘブンの画像
37スタントライダー木下“SHIN”真輔さんもいろんな動作チェックをしていました。
ブルースカイヘブンの画像
38 H-Dスタントがスタート! 会場内は一気にヒートアップ!
ブルースカイヘブンの画像
39まずはビューエルでジャックナイフ!
ブルースカイヘブンの画像
40両手離しでのウィリー走行もお披露目。なんでこんなことができるの? いや、そんな疑問を抱いてはいけません。
ブルースカイヘブンの画像
41SHINお得意のバーンナウト! 真っ白い白煙が会場に広がっていきます。
ブルースカイヘブンの画像
42続いて黄色いビューエルに乗り換え……って、SHINさん、乗り方がちょっとヘンですよ!(笑)
ブルースカイヘブンの画像
43ウィリーからのスパーク! バチバチと火花が散ります!
ブルースカイヘブンの画像
44お! これは映画『ミッション:インポッシブル II 』のバイクシーンで登場した横乗り!
ブルースカイヘブンの画像
45そしてバーンナウト!
ブルースカイヘブンの画像
46午後の部では、なんと発表されたばかりのストリート750でエクストリーム!
ブルースカイヘブンの画像
47おっとエキパイすれすれ! SHINさん、倒しちゃダメですよそれ(笑)。
ブルースカイヘブンの画像
48スポーツスター XL883N アイアン(SHIN仕様)に乗り換えてゴー! 現行モデルでどこまでできるのか?
ブルースカイヘブンの画像
49もはやお馴染み、ウィリーからのスパーク! SHINさんにとっては朝飯前?
ブルースカイヘブンの画像
50アイアンを見事に操ります。こんな芸当、誰にもできません!
ブルースカイヘブンの画像
51コース内で撮影するメディアのスレスレを走る! 結構怖いんですよ(笑)。
ブルースカイヘブンの画像
52今回のために特別に用意された、ハーレーのカンパニーカラーであるオレンジの煙が出るタイヤでバーンナウト!
ブルースカイヘブンの画像
53真っ黒なタイヤから吐き出されるオレンジ色のスモーク、これぞハーレーダビッドソン!
ブルースカイヘブンの画像
54このタイヤ痕、SHINさんでなければ描けないアートの世界です。
ブルースカイヘブンの画像
55誰も真似できない、ここでしか見られないハーレーでのスタント。歓声が鳴り止みません。
ブルースカイヘブンの画像
56……っと、最後の着地でアイアン転倒。これはご愛嬌。
ブルースカイヘブンの画像
57世界の舞台で何度もチャンピオンに輝いているSHIN! そのパフォーマンスは一級品と、誰もが認めるものです!
ブルースカイヘブンの画像
58メインステージでは、ゲストミュージシャンによるライブショーが続いています。
ブルースカイヘブンの画像
59ハーレーダビッドソン ジャパンのイメージソングを手がけるミュージシャン小林太郎さんによるソウルフルなサウンドも。
ブルースカイヘブンの画像
60VIBES FOXフォトセッションでは、すごい数のオーディエンスがステージに詰め寄っていました。
ブルースカイヘブンの画像
61そして、やはり彼でしょう。ダイアモンド☆ユカイ on STAGE!
ブルースカイヘブンの画像
62彼のヴォイスが響き渡ると、会場のボルテージは最高潮に! やはり“持って”いますね!
ブルースカイヘブンの画像
63シンガーソングライダー トモチンとギタリスト nomiによるユニット『OCTOPLASHER』によるステージも大いに盛り上がります! トモチンのステージ衣装と髪型も実にロック!
ブルースカイヘブンの画像
64盛り上がるオーディエンス! ブルスカライブ、最高です!
ブルースカイヘブンの画像
65そして……富士スピードウェイ本コースでは、まもなく始まるチャプターパレードの参加者とそのバイクがずらり勢ぞろい!
ブルースカイヘブンの画像
66ものすごい数! 本コースをハーレーダビッドソンが埋め尽くしていきます!
ブルースカイヘブンの画像
67おっと、なかなかセクシーな姿のレディーも。
ブルースカイヘブンの画像
68スタート前、コース上で記念撮影。これも参加者に許された特権です。
ブルースカイヘブンの画像
69どれだけ目立てるか、それもパレードの醍醐味。衣装だってこだわりますとも。
ブルースカイヘブンの画像
70続々とオーディエンスが集まってきます。一体何台になるのやら?
ブルースカイヘブンの画像
71メインモニターに映し出された映像。公式発表では、約1,000台におよんだとか。
ブルースカイヘブンの画像
72日が暮れつつある午後4時過ぎより、チャプターパレードがスタート!
ブルースカイヘブンの画像
73水戸チャプターの名物となっている黄門様スタイルでの参加。ひと際目立っています!
ブルースカイヘブンの画像
74発売まもないトライクももちろんパレードに参加!
ブルースカイヘブンの画像
75日暮れを彩る光の洪水……この光景はブルースカイヘブンに来ないと見られません。
ブルースカイヘブンの画像
76今年も楽しく参加したブルースカイヘブン チャプターパレード。また来年、みんな元気な姿でお会いしたいですね。
ブルースカイヘブンの画像
77今年は新型モデル ストリート750の発表など、さまざまな話題を提供してくれたブルースカイヘブン。来年以降、ますます期待が高まります!