VIRGIN HARLEY | 23nd Annual YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2014 #02 トピックス

23nd Annual YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2014 #02

  • 掲載日/2014年12月12日【トピックス】
  • 取材協力/MOON OF JAPAN,INC.  取材・写真・文/田中宏亮
ホットロッドショーの画像

今年も世界を代表するカスタムマシンが勢揃いしたホットロッドショー。まずはゲストとして招かれたバイクを見ていきましょう。

世界から集まった屈指のカスタムバイク
まずはハーレーダビッドソンから!

世界有数のカスタムカー&カスタムバイクが一堂に会する夢の祭典『YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW』。アメリカを代表するカスタムビルダーや国内屈指のショップのものと、ここでしか見られないマシンがずらりと勢揃いするところが最大の魅力と言えます。

もちろんハーレー以外のメーカーバイクも多数展示、さらにはペインターコーナーやベンダーブースなど見どころが尽きないビッグイベントですが、まずはアメリカから駆けつけてくれた車両と、ハーレーダビッドソンのモデルをベースにカスタムされた珠玉のバイクをご覧ください!

23rd Annual YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2014

  • 開催日時/2014年12月07日(日) 09:00~17:00
  • 開催場所/神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1 パシフィコ横浜
  • 入場/[前売] 3,400円 [当日] 3,900円
  • 主催/MOON OF JAPAN,INC.
  • オフィシャルウェブサイト >>

フォトTOPICS(写真点数/71枚)

ホットロッドショーの画像
01昨年のアワードでBEST OF SHOW MOTORCYCLEを受賞したチェリーズカンパニーのアーリーショベル“LEFTY BOND”がメインステージに展示。
ホットロッドショーの画像
02ビルダー黒須さんらしいセンスから生み出されたフロントマスクにシャープなシルエットのフューエルタンクなど、見惚れてしまうほどの造形美です。
ホットロッドショーの画像
03米カリフォルニアの Duane Ballard Custom Leather を率いる Duane Ballard が持ち込んだのは、“KOSMOSAKI”と名づけられた KAWASAKI 1981 KZ1000。
ホットロッドショーの画像
04カワサキ四発エンジンをリジッドフレームに搭載し、独特の造形となるフューエルタンクにガーターフォーク、二灯ヘッドライトと個性は十分!
ホットロッドショーの画像
05米ロスのカスタムショップ Kiyo’s Garage が手がけた H-D 1946 ナックルとともに来日したのは Brent Rogers。『Born Free 6』では Best in Show を受賞!
ホットロッドショーの画像
06残念ながら全員集合とはいきませんでしたが、ここに独BMW Motorrad本社のデザインチーフを務めるオラ・ステネガルドさん(左から二番目)を加え、豪華にお披露目!
ホットロッドショーの画像
07かつて 1964 Triumph 650 Tiger “MQQN Machine” を手がけたペインター Bill Carter による作品でもあるこの一台。実車を見れた人は幸運!
ホットロッドショーの画像
08桜の木という意味のネーミングにふさわしい仕上げに、和の心を感じる一台。ライドインショーでは破壊力のある走りで盛り上げてくれました。
ホットロッドショーの画像
09米カリフォルニアに拠点を持つ Hippy Killer Garage の Kutty Noteboom が手がけた H-D 1960 Flathead "THE HIGH PRIESTESS"。なんとサイドバルブのサービカー!
ホットロッドショーの画像
10アメリカのアパレルレーベル『THE CUTRATE』主幹の Oliver Jones は、『Born Free 6』でも注目を集めていたという真っ黒な H-D 1977 ショベルヘッドとともに来日。
ホットロッドショーの画像
11ヘッドライトまでブラックアウトされた徹底ぶりには脱帽。そのシルエットもさることながら、パフォーマンスアップも図っている仕上げはお見事。
ホットロッドショーの画像
12米ロスに居を構えて活躍する日本人ビルダー Kosuke Saito さん率いる Sunrise Cysles の H-D 1936 ナックルヘッドがこちら。
ホットロッドショーの画像
13完璧にプロデュースされた全体のシルエットの美しさは秀逸。見どころの多いディテールに釘付けになるオーディエンスも多かったです。
ホットロッドショーの画像
14『Born Free 6』のために Tom Fugle が製作した H-D 1948 Panhead "DOUBLE DIAMOND"。
ホットロッドショーの画像
15日本ではお目にかかれないセンスから生み出された造形には圧倒されるばかり。もはや芸術作品の域と言えます。
ホットロッドショーの画像
16米ミズーリ州のカスタムショップ Bare Knuckle Choppers の Paul Wideman が手がけた H-D 1940 ナックルヘッド。
ホットロッドショーの画像
17屋号にふさわしいナックルチョッパーは注目度高し! 本場のカスタムカルチャーのすべてが宿っているかのような薫りが漂います。
ホットロッドショーの画像
18続いては、日本全国から集結したカスタムマシンのうち、ハーレーダビッドソンをベースとするものをご紹介していきます。
ホットロッドショーの画像
19昨年の王者チェリーズカンパニーはこのマシンとともに登場。昨年のアーリーショベル“LEFTY BOND”に匹敵する作り込みに目を奪われます。製作期間も相当なものと……。
ホットロッドショーの画像
20聞けば、なんと2ヶ月で仕上げたのだそう! 独BMW Motorrad デザインチーフのオラ・ステネガルドさんは「これを2ヶ月で作っちゃうなんて、クレイジーだ」と感嘆の声をあげていました。このメタルワーク……間違いなく日本屈指です。
ホットロッドショーの画像
21そのチェリーズカンパニーとタッグでブース出展していたのは、滋賀のカスタムショップ カスタムワークスゾン。出展車両2台のうち、こちらのショベルをご紹介。
ホットロッドショーの画像
22作り込まれた車体のシルエットは実にスリムで、アルミ製フロントマスクに個性的なレザーシートなど、スキのない一台に仕上げられています。
ホットロッドショーの画像
23ホットロッドショーではお馴染みとなったヒデモーターサイクルは、夏から製作を開始していたアーリーショベルをブースマウント。
ホットロッドショーの画像
24叩き出しの個性的なディテールが絶妙に組み合わさった車体と、ダークさを演出するブラック×ホワイトのグラフィックでフィニッシュ。もはやヒデモのお家芸と言っていいスタイルです。
ホットロッドショーの画像
25今回のショーのためにアメリカから一時帰国された高嶺 剛さん率いるブラットスタイルは3台のバイクを出展。そのうちの一台、ナックルヘッドをご覧ください。
ホットロッドショーの画像
26リジッドチョッパースタイルを土台に、ディテールに遊び心を感じさせる作り込み。真鍮のヘッドライトカバーなどゴールドをアクセントに入れてビジュアルでも魅せるブラットスタイルらしい一台と言えます。
ホットロッドショーの画像
27神戸のシウンクラフトワークスは対極の姿とも言える2台のハーレーを持ち込みました。まずは“番長”の異名をとる女性オーナーのために作られたレーサー型リジッドスポーツから。
ホットロッドショーの画像
28四輪ドラッグレースにも出場するというアクティブなオーナーがそのまま二輪ドラッグに参戦できるよう作り込まれた攻撃的なレーサー。ドラッグレースで入賞し続けるビルダー松村友章さんの手腕が存分に発揮されたスポーツです。
ホットロッドショーの画像
29もう一台がこちら、1952 FL パンヘッド“True Colors”。「自分のなかにあるカスタムの定義のひとつ、チョッパースタイルを追求した一台。こっちのレーサーと同時進行で作っていて、どちらも抜かりなく作り上げた自負がある一方、『俺って二重人格者かも』って思ったりもした」(松村さん)。
ホットロッドショーの画像
30やはりシウンと言えばチョッパー。松村さんの美学に則ったシルエットを保ちつつも、下地が垣間見える三段シートなど十分なほどの個性が埋め込まれています。
ホットロッドショーの画像
31「陶磁器のよう」とも言われるこのフューエルタンクは試行錯誤の末に出来上がった逸品。この仕上がり、もはやカスタムバイクの域を超えています。
ホットロッドショーの画像
32人気ショップとして知られるセレクテッドはXL1200X フォーティーエイトのカスタムマシンを持参。カスタムスタイルの指標となるか。
ホットロッドショーの画像
33フォトグラファー ベンテンコゾウの写真展ブースとともにナックルヘッドを展示したのは鹿児島のスワロウテイル。
ホットロッドショーの画像
34見どころはやはりアルミワークス。シルエットの美しさはもちろん、ヤレ感をうまく演出した一台はオーディエンスのため息を誘っていました。
ホットロッドショーの画像
35こちらもカスタムショーの常連である神奈川のバッドランド。珠玉のカスタムVロッド複数台を展示して他を圧倒していました。
ホットロッドショーの画像
36千葉のシュアショットはアイアンベースのレーサーとともに参戦!
ホットロッドショーの画像
37わずか4枚の写真では伝えきれないほどの魅力的なディテールが埋め込まれたビンテージレーサー。その走りはいかなるものか、興味が尽きません。
ホットロッドショーの画像
38八王子のブラッククロームは、ショップの代名詞的一台とも言える 1970 XLCHを持ち込んで存在感をアピール。
ホットロッドショーの画像
39山梨のバイクガレージココロはディガースタイルのエヴォを出展。
ホットロッドショーの画像
40ワンオフシートやまばゆいグラフィックが織り成すきらびやかな一台は、さまざまなカスタムマシンが展示されるショーでもひと際輝いていました!
ホットロッドショーの画像
41こちらもカスタムショーの常連、愛知のケンズファクトリーは3台のハーレーとともに。注目はこちら、ビューエルをベースとする凶暴極まりないレーサー!
ホットロッドショーの画像
42ヒルクライムレーサー風のナックルを持ち込んだのは、愛媛県のグリーンモーターサイクル。
ホットロッドショーの画像
431950年代の姿そのものと言っていいスタイルはため息もの。ビンテージハーレーを得意とするグリーンならではの一台です。
ホットロッドショーの画像
44地元神奈川のグリブモーターサイクルは、リジッドフレーム化したスポーツスターなどハーレーを多数出展!
ホットロッドショーの画像
45特別にあしらわれたブースにマウントされたのは、フレームから作り替えられたエヴォ。塗装集団BOWZ(ボウズ)とのコラボレーションだそう。
ホットロッドショーの画像
46フューエルタンクからスイングアームまでワンオフとされるフルカスタムハーレー。さりげなくフレームオンされたオイルタンクも注目ポイントです。
ホットロッドショーの画像
47横溝 学さん率いるホグホリックが出展したのは、1936 EL ナックルヘッド“Jail Bait”。ナックルベースながら、フレームはKフレームという!
ホットロッドショーの画像
48スポーツスター専門店スポーティーガレージは3台を持参。一台はこちらのXLCH!
ホットロッドショーの画像
49セリアーニのフロントフォークにワンオフのオイルタンク、そして往年の名レーサーとしてのシルエットと、ツボを押さえた同ショップらしい一台。
ホットロッドショーの画像
50もう一台はロードレースの英雄、KRTT風ハーレー。ヘッドライト&ナンバープレートを装備した公道走行可能マシン。
ホットロッドショーの画像
51サンダーヘッドのエンジンを土台に、TTレーサーをインスパイアした造形が組み合わされた抜かりのない一台。これが街中を走っているなんて……。
ホットロッドショーの画像
52愛知県のフリースタイルはまばゆく輝くパンヘッドチョッパーで登場。無駄のないスタイルにまとめる手腕はさすがのひとこと。
ホットロッドショーの画像
53無駄を削ぎ落としたシルエットなら、こちら車坂下モトサイクルも負けてはいません。
ホットロッドショーの画像
54リジッドフレームにエヴォスポーツエンジンをマウント、そしてきめ細かな作り込みで細部のクオリティを引き上げています。シルエットの美しさは申し分なし!
ホットロッドショーの画像
55イヌチョッパーズのエヴォスポーツは、一見するとシンプルながらスポーツスターらしい一台に仕上げられた好印象なモデル。
ホットロッドショーの画像
56ハーレーらしさ、スポーツスターらしさがしっかり整えられたこの一台、エヴォスポーツカスタムの好例としてご覧ください。
ホットロッドショーの画像
57そのイヌチョッパーズとタッグを組んでブース出展したアコモーターサイクルは、よりレーシーモなデルを持参。
ホットロッドショーの画像
58往年のダートトラックレーサー XR750 をほうふつさせるシルエットとワークスカラーでフィニッシュされた美しきエヴォスポーツです。
ホットロッドショーの画像
59群馬のモトショップトノウチは、自慢のメタルワークを存分に発揮したショベルで勝負!
ホットロッドショーの画像
60チョッパービルドに定評がある同ショップならではの造形が目をひきます。それでいて、S&S TWO-THROATで走行性能を引き出している演出が心憎い。
ホットロッドショーの画像
61ハーレーのエンジンを心臓に持つ“日本第5のメーカー”ゼロエンジニアリングのブースには、代名詞であるロードホッパー各モデルが展示。
ホットロッドショーの画像
51サンダーヘッドのエンジンを土台に、TTレーサーをインスパイアした造形が組み合わされた抜かりのない一台。これが街中を走っているなんて……。
ホットロッドショーの画像
52愛知県のフリースタイルはまばゆく輝くパンヘッドチョッパーで登場。無駄のないスタイルにまとめる手腕はさすがのひとこと。
ホットロッドショーの画像
53無駄を削ぎ落としたシルエットなら、こちら車坂下モトサイクルも負けてはいません。
ホットロッドショーの画像
54リジッドフレームにエヴォスポーツエンジンをマウント、そしてきめ細かな作り込みで細部のクオリティを引き上げています。シルエットの美しさは申し分なし!
ホットロッドショーの画像
55イヌチョッパーズのエヴォスポーツは、一見するとシンプルながらスポーツスターらしい一台に仕上げられた好印象なモデル。
ホットロッドショーの画像
56ハーレーらしさ、スポーツスターらしさがしっかり整えられたこの一台、エヴォスポーツカスタムの好例としてご覧ください。
ホットロッドショーの画像
57そのイヌチョッパーズとタッグを組んでブース出展したアコモーターサイクルは、よりレーシーモなデルを持参。
ホットロッドショーの画像
58往年のダートトラックレーサー XR750 をほうふつさせるシルエットとワークスカラーでフィニッシュされた美しきエヴォスポーツです。
ホットロッドショーの画像
59群馬のモトショップトノウチは、自慢のメタルワークを存分に発揮したショベルで勝負!
ホットロッドショーの画像
60チョッパービルドに定評がある同ショップならではの造形が目をひきます。それでいて、S&S TWO-THROATで走行性能を引き出している演出が心憎い。
ホットロッドショーの画像
61ハーレーのエンジンを心臓に持つ“日本第5のメーカー”ゼロエンジニアリングのブースには、代名詞であるロードホッパー各モデルが展示。
ホットロッドショーの画像
62現在アメリカ在住のビルダー木村信也さん(チャボエンジニアリング)が生み出したゼロスタイルは、量産モデルとしてその遺伝子を受け継いでいます。
ホットロッドショーの画像
63カスタムペイントのプロショップ ノマドコンセプトの作品群がずらり並んだブース。とりわけ目をひいたのがこのストリートグライド!
ホットロッドショーの画像
64完成度の高いバガースタイルを強烈に印象づけるこのグラフィック! ロードシーンで人々の目を奪うこと間違いなし!
ホットロッドショーの画像
65広島のカスタムショップ さとうマリンサイクルが持ち込んだショベルには、海外オーディエンスも釘付けに!
ホットロッドショーの画像
66チョッパースタイルのベースであるロー&ロングを保ちつつ、ギラっと輝くグラフィックにアルミ叩き出しのディテールと、見どころに尽きない一台です。
ホットロッドショーの画像
67ビンテージハーレー……かと思いきや、エンジンはエヴォスポーツ! 奇抜な一台を持ち込んだのは、茨城のネイビーズカスタムサイクル。
ホットロッドショーの画像
68まるで戦前のモデルかと見間違うばかりのディテールはワンオフか。新しい発想とも言えるユニークなカスタムマシンですね。
ホットロッドショーの画像
69岩手県のハイワークスが手がけたエヴォスポーツレーサー。一見すると、ガーターフォーク&リジッドフレームのビンテージレーサーですが……。
ホットロッドショーの画像
70シート下をよく見てみると、フレームの途中にモノショックが仕込まれています! その発想と個性的なディテールに、ただただ圧倒されるばかり。
ホットロッドショーの画像
71どれだけ見ても見飽きない珠玉のカスタムマシン。プロのアイディアにただただ驚かされるばかりですね。第3弾レポートでは、ペインターコーナーやベンダーブース、さらに話題を呼んだBMW Motorrad R nineT カスタムプロジェクト発表ブースの模様をお届けします!