VIRGIN HARLEY | 電動ハーレー Project LiveWire 速報 トピックス

電動ハーレー Project LiveWire 速報

電動ハーレー Project LiveWireの画像

セパンサーキットで待っていたのは、これまでのハーレーとはまったく違うロードスポーツタイプのエレクトリックバイク。昨年6月にインターネット上で動画や画像が公開され話題となったが、ついに試乗する機会を得た。

ついにベールを脱いだ電動ハーレー!
マレーシアにて緊急試乗してきた

昨年6月に突如その存在を明らかにし、世界中のバイクファンを驚かせた『Project LiveWire』。その正体はエレクトリックバイク、つまり電動モーターで動くロードスポーツモデルの開発プロジェクトである。ハーレーダビッドソン・カンパニー(H-D社)は発売未定としながらも、一般ユーザー向けの試乗会を全米30都市のディーラーですでに実施。ただし、我々日本のユーザーには実車を目にする機会は与えられず、情報すらも何も入ってこない状態が続いていた。

そして待つこと8ヶ月あまり。ついに『Project LiveWire Experience』が北米を飛び出し、アジアへもそのウェーブが押し寄せた。H-D社は2月25日から3月4日にかけて、マレーシアのセパンインターナショナルサーキット(敷地内特設コース)にて発表試乗会を開催。その実像をようやく目の当たりにすることができた。実車を見てまず感じたのが、車体がものすごくスリムだということ。トラス状の専用フレームからなるタイトなボディから張り出すものは、ハンドルとアンダーミラーだけで、あとはほとんど凹凸さえない。そんな車体に搭載されるパワーユニットは、油冷式三層ブラシレスモーター。最高出力74hp(およそ55kW)、最大トルク51Nmを発揮し、トップスピードは92mph(約148km/h)にいたるという。まずは速報でレポートをお届けしよう!

フォトTOPICS(写真点数/24枚)

電動ハーレー Project LiveWireの画像
01車体をまず隅々まで観察したが、製品化も間近ではないかと思えるほどの完成度の高さ。ディーテールに至るまで専用のパーツで組み上げられ、既存モデルからの流用はハンドル左右にあるスイッチボックスくらいなもの。H-Dロゴも誇らしげだ。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
02どことなくビューエルの面影もあるProject LIVEWIREのシャーシー。Vツインエンジンを電気モーターに換え、専用のメインフレームはトラス形状となっている。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
03フロントフォークは倒立式を採用し、伸/圧の減衰力調整もできるフルアジャスタブル式。これまでのようにキャスター角を寝かせてはおらず、ディメンションはスポーツバイクと呼ぶに相応しいもの。スポーティな走りを予感させる。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
04その走りは、じつに軽快だった。まず特筆すべきは、強烈ともいえるダッシュ力。トラクションが駆動輪にしっかりかかり、みるみるうちに車速が上がる。このシームレスな加速は、電動ならでは。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
05ヘッドライトをはじめ、ミラーステーにビルトインされたターンシグナルなど、灯火類はすべてがLED式。近未来的なスタイリングを演出している。なお、トランスミッションを搭載していないため、クラッチレバー、シフトチェンジペダルはない。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
06ハンドルポストにマウントされるカラーディスプレイに、バッテリー残量など必要な情報を集約し表示。ライディングモードは「POWER」と「RANGE」がセレクトでき、それぞれの走行可能時間も画面で確かめられる。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
07右手のグリップを捻れば走るという操作は、従来のバイクとまったく一緒。既存モデルからの流用パーツは、スイッチボックスまわりくらいだろう。試乗車では、RUNスイッチが電源ボタンに、STARTで、アクティブ(走行可能)となっていた。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
08リチウムイオンバッテリーとセットされた油冷式三層ブラシレスモーターは、最高出力74hp(およそ55kW)、最大トルク51Nmを発揮。定格出力によって免許区分が決まる現行の免許制度なら、普通二輪AT免許で乗れるようになるはず。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
09バンクセンサーを備えるなどし、スポーティな走りに対応するステップまわり。回生ブレーキも採用され、減速時にバッテリーをチャージ。エンジンブレーキに似たフィーリングを獲得しているのも、お見事。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
10体重移動がしやすいうえ、加速時にはその強烈なダッシュに耐えられるようリアエンドをせり上げたシングルシート。幅も抑えられ、スリムな車体によく似合う。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
11ファイナルドライブはハーレーではお馴染みのベルト式。専用のキャストホイールにはミシュラン製のSCORCHER11がセットされ、タイヤサイズはフロント120/70ZR18、リア180/55ZR17。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
12リアサスペンションは、赤いスプリングがセットされたカンチ式モノショック。別体式のリザーバータンクを持ち、ハードな走りにも対応。初期はしなやかに動き、奥で踏ん張ってくれる。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
13ショートカットされたテールセクションなどで、スタイリッシュさをアピール。ターンシグナルを左右に備えたライセンスプレートも完成度が高く、そんなディーテールの数々を見れば市販化を期待せずにはいられない。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
142月25日から3月4日にかけて開催されたマレーシア・セパンインターナショナルサーキットでの『Project LiveWire Experience』(招待制試乗会)。日本からも若干名のメディアがエントリーした。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
15ハーレーダビッドソンジャパンからは、マーケティング&コミュニケーションズディレクターの佐藤 毅氏も駆けつけた。ユーザーの声をフィードバックするための『Project LiveWire Experience』は、今後ヨーロッパでも開催される予定だという。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
16プレスデーの翌日は、HDJ正規販売網を通じて募集された既存のユーザー33名が参加。『Project LiveWire 』の加速感、軽快なハンドリングに酔い痴れた。HDJ代表取締役社長のスチュアート・ファレル氏との記念撮影も大好評だった。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
17北米以外での初開催となった今回の『Project LiveWire Experience』。会場となったのはセパンインターナショナルサーキットの敷地内。F1やmoto GPもおこなわれるだけあって敷地は広大で、直線、コーナーなどあらゆる状況を体感できた。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
18オーストラリアなどのメディアや招待されたユーザーも試乗。アジアパシフィックのマーケティングオペレーションズのグレッグ氏によれば「現段階では、発売は未定。世界中からユーザーの声を集め、その反響しだいで決定する」とのこと。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
19各国のメディア、ユーザーも『Project LiveWire』に対して好感触。「加速が素晴らしい」「ハンドリングが軽快」「サウンドがエキサイティング」「航続距離だけが心配」という声が集められた。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
20地元マレーシア・チャプターの面々も『Project LiveWire Experience』にエントリー。経済成長に伴い大型バイクユーザーは右肩上がりで増加中で、ハーレーダビッドソンもまた売れ行き好調だとか。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
21『Project LiveWire Experience』は昨年6月から、デビューの興奮も冷めやらぬまま全米30都市のディーラーで実施。ユーザーのフィードバックは、2014年ですでに1万5000人超に達している。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
22日本から参加したユーザー33名にとっても、たいへん貴重な体験となった今回の『Project LiveWire Experience』。参加者らのさまざまな意見や感想が、写真や動画とともにSNSなどで配信された。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
23「ハーレーはやっぱりVツインの鼓動がなくちゃ」「いいや、この革命的なエレクトリックバイクを認めない手はない」などと、ランチタイムには熱い議論が各テーブルで繰り広げられる。H-Dカンパニーはこうしたユーザーの声を集め、開発に活かす。
電動ハーレー Project LiveWireの画像
24HDJ正規販売網を通じて募集された既存のユーザー33名と、HDJ代表取締役社長のスチュアート・ファレル氏。アジアでの『Project LiveWire Experience』の開催予定は今のところはないが、いずれ日本にも上陸するかも……!?