VIRGIN HARLEY | 第10回 ニューオーダーチョッパーショー2015 イベントレポート #01 トピックス

第10回 ニューオーダーチョッパーショー2015 イベントレポート #01

第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像

ついに10周年を迎えた関西のカスタムショー『ニューオーダーチョッパーショー』。

例年以上の盛り上がりを見せた
アニバーサリーイヤー

今年で開催10周年を迎えた神戸ニューオーダーチョッパーショー。神戸から大阪に会場を移しての開催となった本イベント、当日は気温が35度を超えるという真夏日となったが、そんな暑さに負けることなく、インテックス大阪がある大阪・南港にはカスタムバイクフリークが大勢駆けつけた。来場者数4,000人、200台近いカスタムマシンと60以上のベンダーブースからなる会場は例年以上の盛り上がりを見せ、関西のカスタムバイク熱の高さを改めて認識させられるものであった。まずは出展されたカスタムバイクをご覧いただこう。

NEW ORDER CHOPPER SHOW 10th Anniversarry 開催概要

  • 主催/ニューオーダー実行委員会
  • 開催日時/2015年7月26日(日) 9:00~16:30
  • 開催場所/インテックス大阪 3号館
  • 入場料/[当日] 3,000円 [前売] 2,500円

フォトTOPICS(写真点数/53枚)

第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
01例年は神戸開催だったが、今年はここ大阪・南港のインテックス大阪 3号館での開催となった。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
02ゲートオープンは朝9時ながら、すでに長蛇の列が。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
03いよいよゲートオープン! 待ちに待った開催、未知なるカスタムバイクの存在に胸が高鳴る。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
04入り口でリストバンドをつけてもらったオーディエンスが次々と会場へなだれ込んでいく。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
05大きな会場内は、所狭しとカスタムバイクを展示したブースで埋め尽くされていた。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
06こちらはショーの主催でもある神戸の『シウンクラフトワークス』のコーナー。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
07アニバーサリーということもあって、初代チャンピオンから近年のシウンの代表作、そして最新のチョッパーパンヘッドがずらり並んだ。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
08大阪の『ボールドアイディア』は、クラシカルタイヤを手がける『オールステートタイヤ』とコラボレートしたブースを展開。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
09ブース前では、スタッフがオールステートタイヤのウチワを配るサービスを。これは有り難い。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
10神戸を代表するカスタムショップ『エースモーターサイクル』はこちらのパンヘッドをはじめ3台を展示。遠くから見てもそれと分かるシルエットはエースならでは。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
11兵庫・加古川の『カスタムファクトリー ノイズ』は、フォーティーエイト、ダイナ、ストリートグライド、トライクなど近代ハーレーのフルカスタムマシンを5台も持参。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
12カスタムが難しいファクトリーモデルであっても、ノイズの手に掛かればさらなる個性が植えつけられることに。圧巻の完成度だ。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
13静岡・浜松の『ファーイーストチョッパーズ』は強烈なロングフォーク ビッグツインを持ち込んだ。グラフィックは、ブラック×クロームのツートーンで引き締められる。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
14同じくフルカスタム ビッグツインをずらりと並べたのは、大阪・柏原のカスタムショップ『トライジャ』。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
15どれを見てもスキが見当たらない代表・岡本 佳之さんの意欲作がずらり展示。その存在感は他を圧倒する。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
16独自の発想で驚きのカスタムバイクを持ち込む『カスタムワークス ゾン』、今年はこのビューエルとともに参上。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
17ゾンのテイストが宿るディテールが組み合わさって、他にない独特なストリートレーサーに仕上がっている。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
18鹿児島の『スワロウテイル』はそのメタルワークが冴え渡るリジッドスポーツを持参。F19 / R18のスポークホイールにブロックタイヤと、土の薫りを匂わせつつソリッドにフィニッシュした。。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
19熊本の『ザ キングスパフォーマンス』はスーパーロングなガーターフォークのショベルとともに登場。そのインパクトたるや!
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
20大阪・豊中のパーツメーカー『グリーミングワークス』は2台のXL1200V セブンティーツーを持ち込んだ。それぞれキャラクターをうまく分けてカスタマイズしている。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
21ベンダーブースでは新作パーツをはじめ、グリーミングワークスのオリジナルグッズを販売中。丸本社長自ら物販に勤しむ!
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
22岡山・津山の『シューターズ カスタムサイクルズ』はスタイルとグラフィックが主張してくる個性的なチョッパーツインカムなどを展示。まさにアメリカンカスタムカルチャーの再現だ。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
23京都の『グラティア インダストリーズ』は独特のシルエットが目をひくリジッドスポーツとともに登場。オリジナルのオイルタンクにワンオフのフューエルタンク、リアサスペンションなどなど、見どころが尽きない一台だ。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
24リジッドフレームのエヴォチョッパーを連ならせるのは、愛媛・新居浜の『グリーン モーターサイクルス』。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
25北九州の『インディアンオレンジ モーターサイクル』のブースでとりわけ注目を集めたのは、ガーターフォークのディガー。パープルのグラフィックがさらに個性を際立たせる!
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
26レッド×ブラック×ホワイトのグラフィックで彩られた新作のショベルを持ち込んだのは、山口の『バドロータス』。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
27もはや個性の塊としか形容しようがないスプリンガーチョッパーは、兵庫・姫路の『モトリークルー』の一台。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
28これぞショーバイク! 思わずそう唸らされる煌びやかなハーレー。ライトアップされたその姿に誰もが目を奪われていた。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
29英モーターサイクル『ノートン』のフレームにショベルスポーツのエンジンを積んだ、名付けて『Harton』(ハートン)。ブリティッシュレーサー好きにはたまらない一台だ。製作は改華堂が担当。!
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
30『サイクロップス モーターサイクル』はテレスコピックフォーク&リジッドフレームというエヴォツインを展示。王道チョッパースタイルを見せつけてきた。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
31『ホットバイクジャパン』恒例の撮影ブースで全車撮影が実施。フルラインナップをチェックしたい人は、9月27日発売のHBJ146号をご覧いただきたい。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
32『モトリークルー』が製作したFXRベースのクラブスタイルカスタム。フレークがまぶされた独特のグラフィックがダークなボディに映える。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
33こちらも『モトリークルー』のソフテイルチョッパー。ロングフォークのFXスタイルと度肝を抜くグラフィックがインパクト!
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
34誰が見ても分かる、ウルトラマンをモチーフにカスタマイズされた一台。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
35リジッドフレームにスポーツスターエンジンをマウントしたかなりハードなモデル。バイクに乗らなくなった仮面ライダーに代わって、ウルトラマンがこれで疾走する?
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
36京都の『ラック モーターサイクルズ』は、スプリンガー仕様と油圧式フォーク仕様というつくり分けたパンヘッドで出展。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
37ショベルやエヴォのカスタムモデルを持ち込んだのは、愛媛のカスタムショップ『ナッツ カスタムサイクルズ』。伝統のスタイルに“らしさ”を味付けした3台がずらり並んだ。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
38神戸の『モトブルーズ』はグラフィック、そしてスタイルとも強烈なエヴォを投入。ワイドタイヤがそのインパクトをさらに強める。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
39『モトブルーズ』と言えばベンダーブース。もちろん今回も玉田社長が元気に参戦! もはやここで揃わないものはない?
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
40神戸の『ルードロッド カスタムサイクル』は新作のビッグツインを含む3台を持ち込んだ。なかでも驚きはこちらの一台だ。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
41ベースモデルは、FLSTSB クロスボーンズ。しかし一見すると、戦前のハーレーであるかのように見えるまとめ方に。ビルダー榊 和道さんのセンスが光る!
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
42ハーレーのエンジンを心臓に持つ『ゼロエンジニアリング』のロードホッパーも登場。最新モデルにオーディエンスの興味もひかれた。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
43ウエストコーストチョッパーズにユーロとという異なる欧米スタイルのスポーツスターを展示したのは『とりあえず大阪チョッパーズ』。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
44東京からやってきた『ブラッククローム バイクワークス』はエヴォを展示。ピーナッツタンクをはじめ全体をコンパクトにまとめた、ビルダー松本悌一さんの手腕に脱帽!
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
45クルマやバイクのリビルドを行う奈良の『エス・プラウド』のストリートグライド。ファットボーイに見るディッシュホイールを奢るという意外性が目をひく一台だ。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
46神戸の『スマイル チョップ ガレージ』のリジッドスポーツ。シャープなシルエットが印象的なカフェレーサーだ。!
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
47RSD仕様のスポーツスターとソフテイルの2台を展示するのは、兵庫・加古川の『ラッキーズ カスタムサプライ』。最新のRSDパーツでまとめられたダークなスポーツに注目が集まった。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
48質感が印象的なマットブラックが映えるスプリンガーソフテイルは『ニヒル カスタムサイクル』による一台。無駄のない作り込みにため息が漏れる。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
49ヤマハSRのフレームにショベルのエンジンをマウントし、さらにSRのフューエルタンクを積むという意外性満載のこのマシン。乗り味が気になって仕方ない……。。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
50昨年のNOCSで見事アワードに輝いた大阪・大東市の『リボルト』が持ち込んだ渾身の一台。アメリカのカスタムショーでの展示も視野に入れたスプリンガーパンヘッドからは、その意気込みが溢れ出てきているよう。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
51埼玉の『車坂下モトサイクル』はボバースタイルのショベルリジッドで登場。ゴールドのラインやライザーでアクセントを入れたグラフィックはさすがの仕事ぶり。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
5210スポーク&ディッシュという足まわりに、ピーナッツタンクをフレームマウントするというスポーツスターでキャラクターの強さを見せつけるのは『スウィング』。
第10回 ニューオーダーチョッパーショーの画像
53年に一度のカスタムショー、飛び出してきた新作の数々に息をのみながら鑑賞するオーディエンス。レポート#02では、ベンダーブースや屈指のペインターが揃うバーバリアンサーカス、駐車場の模様、そしてアワードの結果についてお届けする!