VIRGIN HARLEY | JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02 トピックス

JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02

JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02の画像

会場となったポートメッセ名古屋の駐車場には、ハーレーをはじめさまざまなメーカーのカスタムバイクが勢ぞろいした。

天候不順もなんのその
大盛り上がりの駐車場!

今や国内屈指と言っても差し支えない規模にまでなったジョインツ。レポート第2弾では、「SRパニック」や「スポーツスターミーティング」が開催された駐車場の風景とベンダーブース、そして表彰式の模様をお届けしよう。会場は好天に恵まれたが、その前後で各地とも空模様が崩れ気味ということで、割りと早くに会場を後にするオーディエンスが少なくなく、駐車場での出入りは激しかった。それでも多くのバイク乗りが集まり、自慢のカスタムマシンを披露。会場内とは違った盛り上がりを見せた。そして場内の両サイドに設けられたベンダーコーナーも大盛況で、さまざまなブランドブース前はどこも大賑わい。ショーを締めくくるアワードでは、合計100万円に及ぶカスタム費とショベルヘッドを手にする者がついに選ばれる!?

フォトTOPICS(写真点数/37枚)

JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
01今回はSRオーナー向けのミーティングイベント「SRパニック」が開催され、雑誌やウェブマガジンの撮影会も合わせて行われた。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
02いずれも個性的なヤマハSRが集まった。この中から選ばれしカスタムバイクが、ショーの最後のアワードで表彰される。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
03同時開催となった「スポーツスターミーティング」には、アイアンからエボ、ラバーマウントまでタイプ別のスポーツスターが集結。開催されたこの2016年4月は、ナンバープレートの表示方法に関する法規改正の施行月だったのだが、縦置きサイドマウントを貫く剛の者がまだおられた。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
04こちらはマウント対策としてワンオフステーを製作&取り付けしたバイクのよう。カスタムバイクにとっては辛い法改正だが、どう対応するかも腕の見せどころと言えよう。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
05ロングフォークのアイアンのグループか。チョッパーライクなそのシルエットは注目を集めていた。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
06ショベル、パン、ナックルと、ビンテージハーレーがずらりと並ぶ。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
07こちらはチーム・ブレイクアウト? CVOからオリジナルカラーまで、個性的なブレイクアウトが目を楽しませる。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
08色鮮やかなツアラーモデルも揃い踏み。ボディが大きい分、そのカラーリングは一層映える。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
09各地のカスタムショーにも登場していたバガースタイルのロードグライド。20インチを軽く超えるフロントホイールが圧巻!
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
10ホンダ・カブのグループも一角を陣取る。カスタムショーにはメーカーも排気量も関係ない。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
11フューエルタンクひとつ見て回ってもバリエーション豊か。日本のグラフィック技術はこのグレードを実現できるのだ。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
12華やかなものもあれば、クラシカルなもの、イラストで個性を出すものとテイストはさまざま。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
13続いては会場内のベンダーコーナーへ。全国から数多くのブランドが集まるのでここは大賑わい。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
14東京・八王子を拠点とする「IRON HEART」で人気があるのはこのパンツ。ミシンを常備して裾上げ対応もしているところが心憎い。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
15ショーの常連として各地に登場する東京・三鷹の「ORION ACE」も、春夏の新作をはじめ、人気商品からセール品まで数多く取り揃えていた。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
16こちらはブーツブランド「SLOW WEAR LION」。ジャパンメイドにこだわった柔らかい作り込みと日本人の足に合う仕様が人気を呼んでいる。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
17ショーの常連と言えば、兵庫・神戸の「MOTO BLUEZ」も忘れてはならない。ツボを押さえたラインナップで店内には常に人で溢れかえっていた。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
18東京・江戸川の人気ヘルメットメーカー「TT&COMPANY」も登場。近年注目を集めるブランドとあって、ここにもやはり人だかりが。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
19オリジナルのデザインからエイジングを施したものと、バリエーション豊富なラインナップが自慢。自身のファッションに合った一品は見つかっただろうか?
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
20こちらのBMW R 100はそのTT&COの高橋社長の愛機。自ら手がけたカスタムマシン、そのシルエットは実に独創的だ。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
21オリジナルペイントこそまさにオンリーワン。SIMPSON M30もデザインひとつでこれだけ雰囲気を一変できる。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
22ヘルメットからグローブ、シューズ、バッグと、ストリートバイカーなら見逃せないグッズが所狭しと陳列していた。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
23モーターグッズの取り扱いではナンバーワンと言っていい「MOON EYES」も出展。ここも相変わらずの盛況ぶりだ。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
24鋳物に特化したバイクパーツメーカー「FORK」。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
25ホットロッドショーでお披露目された新作のウインカーステーがいよいよ製品化! この位置にマウントできるステーはありそうでなかった、これは見逃せない。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
26プライマリーカバーにダービーカバー、キャブレターカバーと、クラシックバイクのポイントを押さえたデザインで人気を集めるFORK。さらなる新作に期待!
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
27こちらは神奈川・鎌倉のシルバージュエリー工房「SHAFT SILVER WORKS」。すべて手作業で作り上げられるシルバーアクセサリーのクオリティーは圧巻!
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
28ハーレーのカスタムパーツとして、アメリカのブランドを忘れてはならない。こちらはスズキ&アソシエイツが手がけた「ROLAND SANDS DESIGN」パーツでフルカスタムされたデモ仕様のスポーツスター。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
29その「ROLAND SANDS DESIGN」のほか、「ARLEN NESS」、「Performance Machine」、「KURYAKYN」と人気ブランドを数多く取り扱うスズキ&アソシエイツ。ハーレーに似合うパーツ選びとして、これらのブランドは無視できまい。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
30ピンストライパーのコーナーも盛況。なんといってもピンストラプの実演が始まると、釘づけになってしまう。この一筆でテイストがガラッと変わってしまうのだから。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
3116時を迎え、JOINTSのステージではアワードの発表と抽選会が始まった。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
32まずは「SRパニック」でナンバーワンカスタムに選ばれたこちらのヤマハSRから。フレームからすべてワンオフというフルスクラッチモデルだ。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
33そしてメディアピックの発表へ。HOTBIKE Japan Pickを受賞したのは北九州の「INDIAN ORANGE MOTORCYCLE」。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
34(上段左から)BEST TWEAKのTOYLet’s MotorPsycho、BEST METALWORKのKens Factory、BEST SIDEVALVEのJOYRIDE。INDIAN ORANGEはHBJ Pickに加え、BEST SPORTS HEADとのW受賞!
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
35(上段左から)BEST SHOVEL HEADのBB、BEST EVOLUTIONのSELECTED、BEST EUROのKICK BACK、BEST BAGGERのNOMAD CONCEPTという顔ぶれ。皆さんおめでとうございます!
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
36そして、栄光のショベルヘッドを手に入れたのはこちらの男性。羨ましい!ご一緒された友人らにもみくちゃにされていた。
JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2016 #02
37最後まで天候が崩れることなかったJOINTS。来年は4月22日(日)の開催だ。

注目のアイテムはコチラ