VIRGIN HARLEY | ハーレー乗り憧れのレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」 2018 展示会レポート トピックス

ハーレー乗り憧れのレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」 2018 展示会レポート

ハーレー乗り憧れのレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」 2018 展示会レポートの画像

ラングリッツ・レザーズより、オフィス・マネージャーのスコット・スミス氏を招き、今回の展示会が開催された。

至高のレザージャケット、ラングリッツ・レザーズ展示会

2017年10月17日(火)~10月19日(金)までの3日間、東京都渋谷区のラングリッツ東京でラングリッツ・レザーズ2018 展示会が開催された。アメリカ・オレゴン州の本社よりオフィス・マネージャーのスコット・スミス氏を招き行われた今回の展示会では、今までは裏メニュー的な存在であったレザー・シャツタイプのK-9、Racing K9 (旧JD-K9)がストック・サイズにて展開されることとなり、販売価格を今までより押さえることができるようになったことが大きなトピックとなっている。

フォトTOPICS(写真点数/10枚)

ハーレー乗り憧れのレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」 2018 展示会レポート
01上質なゴートスキンを使用したレザー・シャツタイプのGoatskin K-9。こちらの写真はオリジナルのビンテージモデルとなっている。
ハーレー乗り憧れのレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」 2018 展示会レポート
02こちらがライニングなしのシャツ・ジャケット、現行モデルのK9。春から秋にかけての着用に重宝する普段着でも十分にスタイリッシュなモデルに仕上げられている。
ハーレー乗り憧れのレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」 2018 展示会レポート
03ダイヤモンド・クロス・ステッチを装備したGoatskin Racing K-9。Goatskin K-9と同じくゴートスキンを使用したライニングなしモデルとなっている。
ハーレー乗り憧れのレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」 2018 展示会レポート
04ゴートスキンを使用したVINTAGE DRESS CASCADE。こちらは参考出品のビンテージモデル。
ハーレー乗り憧れのレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」 2018 展示会レポート
05こちらが現行モデルのVINTAGE DRESS CASCADE。ベースモデルはカウハイドであるが、ゴートスキンを使用したカスタムにも対応している。
ハーレー乗り憧れのレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」 2018 展示会レポート
06バックのウエスコ・バンドがスクエアーにカットされている1947 Columbiaのビンテージモデル。
ハーレー乗り憧れのレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」 2018 展示会レポート
07こちらが1947 Columbiaの現行モデルとなっている。ラングリッツ・レザーズの代表的なモデルである。
ハーレー乗り憧れのレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」 2018 展示会レポート
08Speedway Cascadeのビンテージモデル。ダイヤ・クロス・ステッチが細長く、エルボーはラウンドでショルダーの形状も特徴的。
ハーレー乗り憧れのレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」 2018 展示会レポート
09Speedway Cascadeの現行モデルがこちら。スピードに取り憑かれた男達に敬意を払い命名されたモデルである。
ハーレー乗り憧れのレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」 2018 展示会レポート
10ラングリッツ・レザーズのオフィス・マネージャー、スコット・スミス氏(中)、ラングリッツ・ジャパンの岡本社長(右)、ラングリッツ東京の猪狩ショップ・マネージャー(左)。

注目のアイテムはコチラ