VIRGIN HARLEY | EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド トピックス

EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド

EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライドの画像

EICMA2017で世界初公開されたソフテイルファミリーのニューモデル、スポーツグライド。なんとプレスカンファレンスでは、ガンズ・アンド・ローゼズの元ギタリスト、ギルビー・クラークがスポーツグライドでステージにライドイン!

ミラノ国際モーターサイクルショーでスポーツグライドが世界初公開!

2017年11月9日(木)~12日(日)までイタリア・ミラノで開催された、EICMA2017(ミラノ国際モーターサイクルショー)。この世界最大級のモーターサイクルショーには世界中から多くのメディアが集まり、取材合戦が繰り広げられた。そんなEICMA2017のハーレーブースで世界初公開されたのが、新型ソフテイルの9番目のモデルとなる「Sport Glide(スポーツグライド)」である。

11月7日(火)のプレスデーに開催されたプレスカンファレンスでは、ガンズ・アンド・ローゼズの元ギタリスト、ギルビー・クラークがスポーツグライドでステージにライドイン。思わぬサプライズに会場は熱気に包まれた。スポーツグライドには簡単に取り外しができる小型のフェアリングとパニエ(側面バッグ)を装備し、オーナーの用途にあわせてスタイルを変えることができるファクトリー・カスタム・クルーザーに仕上げられている。2016年までラインナップされていたダイナファミリーのFLDスイッチバックと同じコンセプトが与えられた斬新なモデルである。

新型の小型フェアリングは、胸元の風を避けつつ顔には爽快感が得られるようスタイリングされており、クイックリリース構造の締め具でフォークチューブに固定し、着脱に手間取ることは無いよう設計されている。新型のリジッド(ロック付)パニエはスマートなクラムシェル設計で積み下ろしも簡単で、ライダーは座ったまま片手で開くことが可能。リッドには減衰装置が付きスムーズに開閉でき、またバッグも内部クイックリリース機構により数秒で取り外しすることができる。パニエ合計容量は25.5リットルと十分な容量を確保している。それでは早速ハーレーブースの模様をお伝えしよう!

EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
日本のショーと違い、圧倒的な規模で開催されるEICMA2017内のハーレーブースは多くの来場者から注目を集めていた。
EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
ミニツアラーとも言えるスタイリングが与えられたスポーツグライド。新たなジャンルを開拓すべくカンパニーから送り込まれたブランニュー!
EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
クイックリリース構造でフロントフォークに取り付けられた小型フェアリング。ツアラーの通称「ヤッコカウル」をそのまま小型にした印象だ。
EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
コックピットはシンプル極まりないハーレーのそれ。メーターはメーターダッシュを介し、フューエルタンクにマウントされている。
EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
合計容量25.5リットルを誇る新型パニエ。ショートからロングツーリングまで対応するスタイリッシュなフォルムが◎。
EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
フェアリングとパニアを取り外せばご覧のようにシンプルなモデルに早変わりするスポーツグライド。シーンに合わせてお好みで!
EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
新型ソフテイルのスケルトンモデルも展示された。完全新設計のソフテイルフレームはカンパニーの自信作だ。
EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
ハーレーブース内でも大きなスペースで展示されたソフテイルファミリー。コチラはヒーローモデルのファットボブ。
EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
同じくソフテイルファミリーのソフテイルスリム。往年のボバースタイルを最新の技術で再現してる。
EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
ショーを華やかに演出するコンパニオン。ツーリングファミリーのストリートグライドと!
EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
CVOストリートグライドとコンパニオン。
EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
新型ソフテイルファミリーのストリートボブとコンパニオン。
EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
同じく新型ソフテイルファミリーのファットボブとコンパニオンで撮影!
EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
プレスカンファレンスではご覧のように多くのメディアが詰めかけ、ハーレーブースは超満員状態に!
EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
ハーレーブース内にはギターなどが飾られたバーのような休憩スペースも用意された。
EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
スポーツスターをベースにしたカスタムマシンの展示コーナーも設置。コチラは「LAKESTAR」と名付けられたランドスピードレーサー。
EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
ロードスターをベースにH-D PERUGIA,ITが手掛けた「BOMBTRACK」。カフェレーサーテイストのコンパクトなマシンである。
EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
H-D ALESUND,NOが製作した「DIRT SCRAMBLER」。カフェレーサーのロードスターを大胆にもスクランブラーに!
EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
ロケットカウルが印象的な「SPEEDSTER」。60年代スタイルを再現したというH-D PFEIFFER,DEの作。
EICMA2017のハーレーブースで発表されたスポーツグライド
フォーティーエイトをベースに製作されたHARLEY-HEAVEN,CHの「SPEEDKING」。ハンドルバーの形状とマフラーに注目!

注目のアイテムはコチラ