VIRGIN HARLEY |  至極のレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」 展示会レポートトピックス

至極のレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」 展示会レポート

至極のレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」  展示会レポートの画像

ハーレー乗り憧れのLANGLITZ LEATHERS

2018年10月16日(火)〜18日(木)までの3日間、ラングリッツ東京(東京都渋谷区東2-26-15ストーク代官山1F)にてラングリッツ・レザースの展示会が行われた。今回はスペシャルゲストとして、米国オレゴン州のラングリッツ・レザーズ社より、ゼネラル・マネージャーのベニー・グッドソン氏が初来日。レザージャケットのトピックスは復刻されたComstockにTURN 3をメインに、ホースハイドを使用したレザージャケットの1947ビンテージ・コロンビアのサンプルも展示された。それでは早速、展示会の模様をお伝えしよう。

至極のレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」  展示会レポートの画像

1948年に制作された、左右が大きく重なり合う前身頃の両脇にボタンを取り付けた、アヴィエータースタイルのレザージャケット。それから約40年後の1980年代後半にこのジャケットの写真を見たケリー・カムストック氏より同デザインのジャケットがオーダーされ、カムストックと名付けられた。今回、裏メニュー的に存在していたこのカムストックが復刻されることになった。

至極のレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」  展示会レポートの画像

大きく重なり合う前身頃がカムストックの最大の特徴となっている。このデザインがレトロモダンな雰囲気を醸し出している。

至極のレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」  展示会レポートの画像

スタイリッシュなデザインが特徴的なTURN 3。ドレス・キャスケードのディティールと、ティンバーライン特有のシェイプされたウエストラインを融合させたニューモデルとなっている。タイトなシルエットが日本人の体型にマッチする。

至極のレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」  展示会レポートの画像

背面はウエスタンスタイルを思わせるデザインを採用。センターにはアクションプリーツが設置され、タイトなシルエットでありながら非常に動きやすい。

至極のレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」  展示会レポートの画像

ホースハイドを使用した1947ビンテージ・コロンビアの着用サンプル。カウハイドとはまた違ったホースハイドならではの質感がたまらない。

至極のレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」  展示会レポートの画像

ホースハイド特有のシボ感が独自の雰囲気を醸す。着込んでいったときの経年変化が楽しみなモデルである。

至極のレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」  展示会レポートの画像

現在準備中のニットキャップ。ニッティングカンパニー「ディーエン」とのコラボアイテムである。

至極のレザージャケット「ラングリッツ・レザーズ」  展示会レポートの画像

ラングリッツ・レザーズのゼネラル・マネージャー、ベニー・グッドソン氏(中)、ラングリッツ・ジャパンの岡本社長(左)、ラングリッツ東京の猪狩ショップ・マネージャー(右)。

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。