VIRGIN HARLEY |  ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートトピックス

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポート

  • 掲載日/ 2018年11月05日【トピックス】
  • 取材協力/ Glemseck101 取材・写真・文/河野 正士
ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

最新モデルからビンテージモデルまで、さまざまな年代や排気量、チューニングが施されたマシンがシンプルに速さを競う。それがGlemseck101の人気の秘訣。

豊富なパーツとチューニングノウハウで
グレムセックでも存在感を見せつけるH-D

ハーレーダビッドソンは、欧州においても独自のスタイルを貫いている。ユーロフェスティバルなど、欧州各国で開催されているハーレー主催の“ラリー”と呼ばれるハーレー・オーナーのためのミーティングイベントがその中心。そこには欧州中から新旧ハーレーとそのオーナーが大挙して集まる。そういったラリーイベントや、そこに集まるオーナーは、カフェレーサーやスクランブラーなどのカスタムシーンを中心とした、“ニューウェーブ系”と呼ばれる欧州カスタムシーンとはリンクしていない。

しかし今回取材で訪れた、ドイツ最大級のカスタムバイクイベント「Glemseck101/グレムセック・ワンオーワン」において、ハーレーはその存在感を見せつけていた。

Glemseck101は南ドイツ/シュツットガルトに近い、レオンベルグの一般公道を封鎖して行われる。メインコンテンツは1/8マイル・スプリントレースであり、年代もメーカーも排気量も、ダーボやスーパーチャージャーやニトロの装着といったエンジンチューンに車体チューニングなど、レギュレーションによって複数のクラスに分けられ、1対1のガチンコ勝負による勝ち上がり形式のレースによってクラス毎にチャンピオンを決めるのだ。速さを追求したカスタムバイクがイベントの中心にあり、欧州のトレンド的な最新のカスタムバイクが脇を固めている。

ここにはハーレーダビッドソンのオフィシャルブースが建てられ、そこに最新モデルを展示。また日本で言うところの0-200mドラッグレースである“1/8マイル・スプリントレース”のレーストラックには、チューニングメニューやパーツが豊富なハーレーは人気が高い。

とはいえそのスタイルは、本国アメリカとも、もちろん日本とも違っている。ここでは、そんなマシンを中心にGlemseck101を紹介する。

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

ハーレーダビッドソンはオフィシャルブースを展開。最新モデルを中心に多数のモデルを展示していた。

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

ビンテージ・クラス/スターウォーズに参戦したマシン。エンジンはS&S製のPシリーズを使用。スプリンガーフォークのほか、リアには19インチのドラッグスリックを装着する。

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

レーストラックを含むイベント会場は、1960年代にWGP(現MotoGP)やフォーミュラー1の西ドイツGPが開催された公道サーキット/ソリチュードサーキットの一部を使用して行われている。そしてその会場脇にはキャンプサイトがあり、そこでは夜な夜なパーティやBBQも開催されている。

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

スイスのカスタムファクトリー/モトキャンディは1200スポーツスターのエンジンを使ったマシンでエントリー。フレームは、同じくスイスのCCCP製リジッドフレームを使用。ロリ・ポップと名付けられたマシンに合わせ、ヘルメットもカラフルにデザインされていた。

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

ファットボーイで参戦したのは、元BMWのオフィシャルスタントライダーで、スタントライディングの世界選手権で4度タイトルを獲得しているクリス・ファイファー。レースの合間に、スタントライディングも披露。

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

ハーレーのエンジンをベースにしたオリジナルの3気筒エンジンを搭載する「Feuling W3」もエントリー。ライダーはボンネビルで3度ワールドレコードを更新した経験を持つルーディー・スティック。

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

ビューエル用の1,200ccエンジンを、オリジナルのリジッドフレームに搭載するのは、フランスのペイントファクトリー/Venom Design(ベノム・デザイン)だ。

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

イベントは土日の2日間。気の早い参加者たちは、金曜の夜からキャンプサイトに入り、イベントを楽しむ。土曜日は深夜までステージにバンドが立ち、お祭り騒ぎが続いた。

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

レースに参加するチームは、マシンのポテンシャルを高めるだけでなく、来場者を楽しませるため、コスプレをするなどさまざまな工夫を凝らしている。このメカニックは、イヤーマフにピストンをセットアップ。

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

V-Rodがここまで勢揃いすると、まさに圧巻。

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

ドイツ最大級のカスタムイベント、2018Glemseck101(グレムセック・ワンオーワン)レポートの画像

ハーレー・オーナーたちからも注目されているSHOEIの新型ヘルメット/EX-ZERO(イーエックス・ゼロ)。すでに欧州では発売がスタートしていて、会場内のSHOEIブースには全カラーが展示されていたうえ、レースに参加するライダーたちもすでに着用されていた。

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。