VIRGIN HARLEY |  東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!トピックス

東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!

  • 掲載日/ 2019年03月20日【トピックス】
  • 取材協力/ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社 取材・写真・文/ VIRGIN HARLEY.com編集部

東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!の画像

「Battle Of The Kings」のチャンピオンに輝いたハーレーダビッドソン静岡の「QUEEN」!渡辺店長(右)と営業の杉本さん(左)、おめでとうございます!

H-Dディーラーの日本No.1カスタムビルダーを決定する
「Battle Of The Kings」の入賞車両を発表!

2019年3月22日(金)から24日(日)まで東京ビッグサイトで開催される「東京モーターサイクルショー2019」でお披露目されるハーレーディーラーの日本No.1カスタムビルダーを決定する「Battle Of The Kings」の入賞車両をショーに先駆けてここで紹介しよう!

「Battle Of The Kings」とは世界規模で行われているハーレーディーラーのカスタムコンテストで、そのレギュレーションはハーレー純正パーツを50%以上使用し、かつ公道走行が可能なカスタムとなっている。日本ラウンドではエントリー車両全33台の中から一般投票により表彰車両が決定された。それでは早速、世界初公開となる入賞車両をご覧あれ!

東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!

2018年式のソフテイルスリムをベースにロックバンド「QUEEN」をイメージソースにハーレーダビッドソン静岡が手がけたこちらのマシンが見事に「Battle Of The Kings」の1位に輝いた!

東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!

ゼロデザインワークスのスプリンガーフォークを加工して装置し、ボバースタイルのソフテイルスリムをさらにクラシカルな雰囲気にフィニッシュ。

東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!

ケンズファクトリーのビレットライトにサードパーティーのハンドシフトキットを加工して装着。クラッチはノンロッカータイプにモディファイされている。フィッシュテイルのマフラーはツインカムダイナの純正テーパードマフラーを加工し、アップスイープに!

東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!

第2位を獲得したのはハーレーダビッドソン東久留米が製作したこちらの「SONIC BOBBER」。ベースモデルはソフテイルファミリーの中でもエキセントリックなファットボブである。

東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!

このマシン最大の見所はリアエンドの処理である。トラス状に組まれたスチールパイプのシートカウルがなんとも刺激的。ステップはワンオフで製作されたミッドコントロールが取り付けられている。

東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!

バーミリオンオレンジに彩られたトラス状のシートカウルにマフラーはスクリーミンイーグル製、ハンドルはFXDR114のセパレートハンドルが装着されている。

東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!

ハーレーダビッドソン東久留米の志儀さん、2位獲得おめでとうございます!

東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!

第3位を獲得したのはハーレーダビッドソン名古屋が手がけたFXDR114ベースの「GRACE [ER]」。ライトグレーのベースにレーシーなチェッカーフラッグがあしらわれたカスタムペイントに注目!

東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!

ドラッグスタイルのFXDR114にベストマッチと言えるこのカラーリング。フューエルタンクのスクリーミンイーグルも、もちろんカスタムペイントで描かれている。

東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!

まるで純正カラーのようなクオリティーのカスタムペイントにマフラーはスクリーミンイーグル、前後のホイールはレーシーなホワイトにペイントされている。

東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!

ハーレーダビッドソン名古屋の和久田店長。ベースマシンのドラッグスタイルをカスタムペイントで見事にワンランクアップ!

東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!

ハーレーダビッドソン石川の「ROUGH CUT」が第4位を獲得。ベースマシンはファットボブであるが、その面影はマフラー以外、見受けられない。

東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!

まるでTTレーサーのようなシート処理でカフェレーサーテイストに仕上げられた「ROUGH CUT」。個性が際立つカスタムマシンである。

東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!

スポーツスターのようなTTシートに鉄仮面テイストのミニカウル。ヘッドライトは縦に2つ仕込まれている。ドミニオン・コレクションのプライマリーカバーにフューエルタンクのカスタムペイントはベアメタル調とされる。

東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!

そして第5位を獲得したのはハーレーダビッドソン東大阪が製作したヘリテイジクラシックをベースにした「NEO HERITAGE」。

東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!

ソロサドルシートとホワイトリボンタイヤでオーセンティックな雰囲気に仕上げられている。これぞハーレーダビッドソンというスタイルである。

東京モーターサイクルショーに先駆けて世界初公開となる「Battle Of The Kings」の入賞車両をスクープ!

ポイントとなるソロサドルシートは、そのシート下の処理にも注目。クロームを多用したエンジン周りは、高級感に溢れている。

ピックアップ情報