VIRGIN HARLEY |  第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ハーレーレポートトピックス

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ハーレーレポート

  • 掲載日/ 2019年04月10日【トピックス】
  • 取材協力/日本自動車輸入組合 写真・文/VIRGIN HARLEY.com編集部

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ハーレーレポートの画像

ハーレーの最新モデルをイッキに試乗!

去る2019年4月3日(水)〜4日(木)に、大磯プリンスホテルのロングビーチ駐車場で第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会が開催された。当日は絶好の天気に恵まれ、イベントは大盛況。メディア向けのこのイベントには、ハーレーダビッドソンをはじめ、BMWモトラッド、ドゥカティ、トライアンフなどの主要二輪輸入車メーカーが一堂に会する試乗会・展示会となっている。

ハーレーダビッドソンブースでは、話題のニューモデルFXDR114を筆頭に、FAT BOB、IRON 1200などの試乗車が用意された。中でも注目はソフテイルファミリーとなったミルウォーキーエイトのLOW RIDERと、ツインカムエンジンを搭載したダイナファミリーの旧LOW RIDERが用意され、乗り比べることができ、その違いを明確に感じられた点である。それでは早速ハーレーブースの模様をお届けしよう!

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ハーレーレポートの画像

2019年のニューモデル、ソフテイルファミリーのFXDR114。ハーレーラインナップ中で最長となるロングホイールベースに240mmというリアタイヤを備えたドラッグスタイルのマシンに仕上げられている。

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ハーレーレポートの画像

排気量1745ccのミルウォーキーエイト107エンジンを搭載したFXFBファットボブ。前後16インチタイヤを装備したボバースタイルのマシンである。

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ハーレーレポートの画像

ミニエイプハンドルが特徴的なカスタムモデル、スポーツスター XL1200NS アイアン1200。AMF時代のレインボーグラフィックをイメージソースとしたタンクグラフィックに注目だ。

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ハーレーレポートの画像

試乗に際してはメーカーのスタッフから車両取り扱いの注意事項を伺い、45~90分の枠で試乗に出かけることになっている。もちろん一般道に出ることも可能だ。

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ハーレーレポートの画像

ソフテイルファミリーとなった2019年式のローライダー。その心臓部には排気量1745ccのミルウォーキーエイト107が搭載されている。

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ハーレーレポートの画像

こちらはダイナファミリー最終型の2017年式ツインカムローライダー。新旧2台のローライダーを乗り比べ、その進化を体感できる絶好の機会となった。

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ハーレーレポートの画像

ハーレー随一の人気を誇るスポーツスター XL1200X フォーティーエイト。取材に訪れた各メディアとも、その乗り味を堪能できた様子であった。

第5回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ハーレーレポートの画像

ハーレーはもちろんのこと、他輸入車メーカーの車両とも乗り比べができるJAIA輸入二輪車試乗会・展示会は今年も大盛況のうちに幕を閉じた。

ピックアップ情報