VIRGIN HARLEY |  ハーレー公認保険のススメ【任意保険編】トピックス

ハーレー公認保険のススメ【任意保険編】

ハーレー公認保険のススメ【自賠責保険編】の画像

強制保険だけでは不十分! 任意保険加入は、今やライダーの常識だ

クルマやバイクを運行する上で、保険加入は最重要なポイントだ。まず必ず入ることが法律で義務付けられている自賠責保険(強制保険)は、加入せずに運転すると法律等により処罰され、もちろん車検も受けられない。だからこそ強制保険と呼ばれているのだが、実はその補償範囲は不十分なのである。

大雑把に記すと、対人賠償額の限度は1名につき3千万円。傷害では120万円までしか支払われない上に、補償対象は対人賠償のみ。つまり物損事故では、1円たりとも支払われないのである。

ハーレー公認保険のススメ【自賠責保険編】の画像

もうお気づきだと思うが、もしもの事故への備えとして強制保険だけでは十分とは言えず、場合によっては請求された金額の多くを自分自身で支払うということも起こりえるのだ。それは現実的に考えると、たった一度の事故でも自分の一生を棒に振るということになりかねないし、相手も不幸にしてしまう。

だからこそ、任意保険への加入が重要なのだが、クルマに比べるとバイクの任意保険加入は少し立ち遅れているのではないだろうか。たとえば「日常的に乗らないから」という理由を耳にするが、事故はいつ誰が起こすか分からないもの。だからこそもしもの時の備えとして保険は万全にしておきたいものである。

ハーレー公認保険のススメ【自賠責保険編】の画像

特にハーレー公認のモーターサイクル保険は、取り扱いのあるディーラーでパンフレットをもらうことができ、インターネットや電話で簡単に加入ができる。補償と掛け金のバランスの良さが特徴で、ユーザーは常に大きな安心を得られることができるのだ。ハーレー購入と同時に任意保険にも加入して、安心のハーレーライフを。

ハーレー購入と同時に、加入すべき「HARLEY │ モーターサイクル保険™」

●補償内容
【基本補償】
・対人賠償/無制限
・対物賠償/無制限・2,000万円・1,000万円・500万円
・自損事故/1500万円
・無保険車傷害/2億円

加えて以下の
【必ずどちらか付帯。または両方。】
・人身傷害補償特約/無制限・1億円~3,000万円
・搭乗者傷害保険/1,000万円・500万円・300万円・200万円

さらに加えて
【選べる追加補償】
・弁護士費用等補償特約

実は、どのハーレーでも同じ保険料!

ハーレー公認保険のススメ【自賠責保険編】の画像

参考例として新規で購入・初めて保険に加入する【30歳Aさん・2019年式ストリートグライド】の場合
・基本補償/年間保険料(一括)1万9,860円
・基本補償(人身傷害補償(搭乗中のみ)3,000万円をセット)/年間保険料(一括)4万1,380円

保険料算出条件/運転者年齢条件:30歳以上補償、お住まいの都道府県:東京都、主な使用目的:日常・レジャー用、運転免許証の色:ゴールド、年間予想最大走行距離:5,000km未満、事故有係数適用期間:0年、対人賠償保険:無制限、対物賠償保険:無制限、自損事故保険:1,500万円(人身傷害補償特約セットの場合は人身傷害補償特約で補償されます。)、無保険車傷害保険:2億円、搭乗者傷害保険(医療保険金=入通院一時金補償型):200万円、保険始期日:平成30年7月3日、インターネット割引適用。

24時間・365日のサポート、 補償以外のサービスも充実

・ロードサイドサービス/バッテリートラブルの応急作業・ガス欠の燃料補給・エンジンオイル補充等 ・レッカーサービス/自力走行不能車を、ロードサービスセンターの指定する最寄り工場まで運ぶ。(ユーザーが修理工場を指定する場合は、50kmまで無料) ・宿泊・帰宅費用サポート/外出先の事故・故障で自力走行不能の場合、宿泊費または帰宅費用のいずれかをお支払

申し込みはインターネットからでももちろんOK

もしもの事故でも「事故経過WEB照会」で確認が可能で、状況は常に把握できる。ハーレー乗りならハーレー公認保険で、安心を手に入れよう。 ハーレー公認保険のススメ【自賠責保険編】の画像 新規申し込み者全員に、コミネ製の胸部プロテクターを漏れなくプレゼント(非売品)。
※HARLEY │ モーターサイクル保険™の引受保険会社はアクサ損害保険株式会社、保険内容はアクサダイレクトのバイク保険。

注目のアイテムはコチラ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。