VIRGIN HARLEY | 1981年式 AMF-FLH1340ショベルヘッド ユーザー投稿インプレ

【No.1】1981年式 AMF-FLH1340ショベルヘッド

AMF-FLH1340ショベルヘッドの画像
PAPAさん(43歳)
  • 年式/1981
  • 走行距離/12,000マイル?
  • ハーレー歴/所有暦30台以上
  • 乗り継いだバイク数/3台

愛車の気に入っているところ

1340ショベルの鼓動(振動?)。
流して走っても気持ちよい。
目いっぱい回すと結構出ますよ(ヨレますが)。

愛車の不満なところ

なし。

これからハーレーを買う人へのメッセージ

う~ん、すぐに売るつもりで手に入れたのですが、もう所有6年目です。私にはエボは乗り甲斐がなかった(手はかからないですが...)。以下、私のショベルの修理暦です。参考になれば良いですが(自分で修理しています)。
・リヤウインカ取り付けボルト片側脱落(傾いたので気付く)。
・イグニッションコイル交換(熱くなるとミスファイア&再始動しづらく、プラグのスパークが弱くて判明)。
・ヘッドライト点灯不良(時々点灯しないので配線追うとライトナセル内で配線の端子差込外れ)。
・充電不良(レギュレータのエンジン部差し込み端子の外れ)。
・左側マフラーステー折れ(2本出しの左側は折れるようです。補強溶接)。
・フロントブレーキひきづり(バナナキャリパーはパットが少ないと噛みこんでひきづります。新品パットに交換で解消)。
・燃料系及びオイルラインホース全交換(ヒビ割れてきた。これは面倒でショップにて交換)。
・ついでに純正バッテリーに新品交換(ホース交換とあわせて3万円と少しだったかな?)。
・各ボルトチェック時インチでなくミリサイズのボルトが数箇所外装部に挿してあり、インチタップで切りなおしボルト交換
・キャブオーバーフロー(ポタッとお漏らし。まだニードル変えてません)。
?
トラぶったのはこんなところ。車検も自分で取っています。ゴム関係は(オイルホース等)必ず交換しましょう。

もう1台ハーレーを持つなら

ピーナッツタンクのスポーツスター!

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。