VIRGIN HARLEY | 2005年式 FLHR ユーザー投稿インプレ

【No.72】2005年式 FLHR

FLHRの画像
Marthaさん(46歳)
  • 年式/2005
  • 走行距離/500km
  • ハーレー歴/1年
  • 乗り継いだバイク数/6台

愛車の気に入っているところ

大きくて重い、いかにもハーレーらしいところです。誰が見ても、一見してハーレーとわかる車体ですが、ウルトラよりハコが少ないせいかスポーティでもあります。重心が低く、低速での走行も抜群に安定しています。いったん走り出すと、350の車重は全く感じさせない軽やかな走りを体験できます。ハンドルの切れ角が大きく、平坦な道なら、いったん動き出せばさほど取り回しに不便は感じません(重いのははじめから承知なので…)。以前はDSC4に乗っていましたが、車重は100kgも増えたのに、取り回しはかえって楽になりました。切り返しの多い車庫入れですが、かえって楽になった気がします。

愛車の不満なところ

「憧れ」に不満はありません。強いて挙げるとすれば、ガソリン高騰の折、ハイオク標準は財布に優しくないですね。これもアメ車を持った証なんだと諦めてはいますが(笑)。

これからハーレーを買う人へのメッセージ

あなたにとってハーレーが「憧れ」の対象であったなら、ハーレーはきっとあなたを裏切りません。「人生が変わる」とよく云われますが、まさにその通りです。ただし、もしハーレーに対して「憧れ」を持っていないのならば、今一度検討されることをお勧めします。大きさも、重さもアメリカ流です。憧れがあるから、それも好きになれるのです。性能面で考えたなら、国産の方が対コスト性能は遙かに高いのは、紛れもない事実です。高額な価格はそれ以外の「憧れ」に支払う訳ですから。もちろん「憧れ」のある方も、他の方がコメントされているように、十分に試乗することをお勧めします。

もう1台ハーレーを持つなら

FXDL (ダイナ・ローライダー)
ロードキングはもちろん「憧れ」て購入しましたが、同時にタンデムを目的に購入しました。「憧れ」の始まりは映画「イージーライダー」とタミヤのプラモデルであり、「ハーレーダビッドソン&マルボロマン」でもありましたので、ソロで乗るならあんなハーレーにも魅力を感じます。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。