VIRGIN HARLEY | ハーレー 2015 ニューモデルか?速報! ハーレーニュース

ハーレー 2015 ニューモデルか?速報!

  • 掲載日/2014年03月07日【ハーレーニュース】

ただいまアメリカで開催中の世界最大級のバイクイベント『デイトナ バイク ウィーク』。それに合わせてか、米ハーレーダビッドソンのウェブサイト上に最新モデルが2台登場していたのでお知らせいたします。

ハーレーダビッドソン ジャパン(以下 HDJ)より正式発表があったわけではないので、あくまで本国サイトを見ての推測です。

一台(左)はスポーツスターのニューモデル、XL1200T SuperLow。
現在ラインナップされるXL883L SuperLowの1202ccバージョンのようで、純正のデタッチャブル(脱着可能)型ウインドスクリーンとサドルバッグが標準装備されたツーリング仕様なモデル。タンクも12L仕様でロングツーリングもへっちゃらですね。またウインドシールドやサドルバッグの装着に合わせてウインカー位置が変わっているのもポイントでしょうか。

そして……昔からハーレーを知る人には驚きの一台が登場……いや、“復活”でしょうか。FXDL ダイナ・ローライダー。文字どおり、まさかの復活です。日本では2013年ラインナップまで残っていましたが、本国では3年ほど前から姿を消していたロングセラーモデル。時代の移り変わりからか、「あのローライダーもマーケット的には刺さらないのか」と、日本ラインナップから消えたときは残念極まりなかったのを思い出しますが、ここでまさかの復活。しかも2000年代後期、当時の仕様にはローライダーの証でもあるヘッドライト上のバイザーがなかったのですが、今回なんとこれが復刻! よーく見るとスポーツスター XL1200C カスタムと同じものが使われているようですが、やはりローライダーはバイザーがないと!

デザインも復刻! 1977年に登場した当時のものをほうふつさせるものになっています。2 in 1のサンダーヘッダー風マフラーが日本導入時にどうなるか分かりませんが、いろいろと見ていて楽しいスタイルですね。

Sportster XL1200T SuperLow

FXDL Dyna LowRider

日本導入は今年夏でしょうか……。
詳細を入手次第、こちらでお届けしますね。