VIRGIN HARLEY | 第30回 女性ハーレー乗りたちに囲まれて ツーリング・ゼミナール 青木 タカオ

第30回 女性ハーレー乗りたちに囲まれて

  • 掲載日/2012年11月30日【ツーリング・ゼミナール 青木 タカオ】
  • 執筆/フリーライター 青木 タカオ

カワイイ女性たち6名に囲まれつつ、箱根・伊豆方面へツーリングに行ってきました。雑誌バージンハーレーをはじめとする二輪誌やテレビなどで活躍する古澤 恵さんをはじめ、皆さん正真正銘のハーレー乗りですから、寒さにも負けず最新のハーレーダビッドソンを思う存分に満喫していました。そう、これは2012年12月14日発売の雑誌バージンハーレー Vol.18 に向けてのロケでして、100パーセント仕事です。

といっても、気の合うスタッフや気さくなレディースバイカーたちですから、ボク自身もツーリングを楽しんでしまっているのですが、カメラマンの小池さんにコレを撮ってだとかアレをこうしてとか、お嬢さんたちにあーしてこーしてとお願いをしなければならず、段取りがメチャクチャなものですから、初参加のカワイコちゃんを迷子の子猫ちゃんにしてしまったり、ロケに参加した皆さんにはたいへんご迷惑をかける始末。でもまぁ、そんな楽しさが誌面で伝わればいいわけで、どんな記事になるかココからが腕の見せどころ。かっこいいハーレーと彼女たちの楽しそうなショットをたくさん載せますので、2012年12月14日は乞うご期待です。

青木タカオさんの写真

箱根を経て、伊豆方面へツーリングするハーレーガールたち。バージンハーレーVol.18(2012年12月14日発売バイクブロス)乞うご期待!

今回はバージンハーレー誌を製作しているホットバイク編集部に、新たなメンバーが加わったので、これまた一段と楽しかった。Jerami Johnson といってフォトグラファー、ムービー編集、何でもこいのメタボリックでして、通称“JJ.”。日本語は話せませんが、どういう経緯なのか日本に移住。ジャパニーズガールがめっぽう好きで、ロケ中はひたすら彼女たちの写真やムービーを撮りまくっていました。

青木タカオさんの写真

ホットバイク編集部に加わった謎の外国人“JJ.”。彼のことをもっと知りたい人は、HOTBIKE JAPAN Vol.129(2012年11月27日発売)で。

ロケには複数台の最新ハーレーを持っていきましたが、そのうちの1台が CVO ウルトラ様。威風堂々の車体に宝石を散りばめたかのような豪華絢爛な装備で、お値段は428万円。憧れの一台でありますが、万一コケちゃったらタイヘンですから女性陣は当然ながら敬遠。乗り手はボクひとりとなってしまい、他のモデルにも乗り換えながらツーリングを楽しみたかったのですが、そこは誤算でした。

青木タカオさんの写真

期待の新人“JJ.”が撮ったショット。ツインカム 110 を搭載する CVO ウルトラの加速感は痛快そのもの。オーディオの音質もグッドでした。

そのコケちゃったらタイヘンな CVO ウルトラ様は、車両重量だけで 430kg の超弩級なのですが、撮影のためリアシートに JJ. や小池さんを乗せて走らなければならなかったのが、なんたってきつかったです。ふたりとも体重 100kg 超えのこれまた超弩級ですから、たまったものではありません。少しでもヨロっとしたら立ちゴケは免れない危険な状態で、ボクは終日ビビリ倒していたのです。

それでも CVO ウルトラ様がひっくり返らなかったのは、ふたりの大男を乗せた途端に足つき性が格段に向上したからです。車体の重さが 600kg になると同時に、前後のサスペンションがローダウンされたかのごとく目一杯沈み込み、つま先立ちだった両足がベッタリと地面につくというデブパワー、いやいや大デブパワーが炸裂。ノーマルシートのウルトラで両足ベッタリというのは、初めての体験だったので、これはいいな……と、感心した次第であります。

青木タカオさんの写真

CVO ウルトラをローダウンさせてしまうのは“JJ.”と、この人。小池さんは海外で活躍する日本人選手を撮影するスポーツカメラマン。元プロ野球選手でして、ボクが趣味で楽しんでいる草野球のコーチでもあります。

CVO ウルトラ様を自らのカラダでローダウンさせ、足つき性を向上させてくれたふたりのフォトグラファーが撮ったショットは流石の一言に尽き、それもまた2012年12月14日をお楽しみに! 小池さんはアメリカで活躍するスポーツカメラマンで、メジャーリーグやNBA、フィギュアスケートなどを撮影しているので、動くものを撮るのが上手いんです。

12月14日、12月14日、12月14日……。なんだか縁起の良い日だなぁって思っていたら、その日はウチの子の8回目の誕生日ではないですかっ! お父さんと遊んでくれるのも今のうちですから、思いっきり甘やかしたい所存です。12月14日発売のバージンハーレーVol.18、ヨロシクどうぞ。

プロフィール
フリーライター
青木 タカオ

バイク雑誌各誌で執筆活動を続けるフリーランス。車両インプレッションはもちろん、社会ネタ、ユーザー取材、旅モノ、用品……と、幅広いジャンルの記事を手がける。モトクロスレースに現役で参戦し続けるハードな一面を持ちつつも、40年前のOHV ツインや超ド級ビッグクルーザー、さらにはイタリアンスクーターも所有する。

関連する記事