VIRGIN HARLEY | 2005年式 FLTR カスタム紹介

2005年式 FLTR

  • 掲載日/2010年04月26日【カスタム紹介】
  • 作成/VIRGIN HARLEY.com 編集部
2005年式 ツーリング FLTRのカスタム画像

“最凶のバガー”がコンセプト
171馬力オーバーのロードグライド

ひたすらにパワーを求めたオーナーの欲望が具現化した一台、そう表現して差し支えないだろう。ロードグライドをベースに、「アメリカのシニスターが出しているバガースタイルを参考にして塗装しました」と激しくドレスアップ。自身がテーマに掲げる“最凶のバガースタイル”のとおり、他を圧倒するビジュアルである。

しかしながら、本モデルで注目すべきは外装以上に“内側”と言える。プロチャージャーの遠心式スーパーチャージャーを注入したエンジンはすでに171馬力オーバーという規格外のパワーを得、“ゆったりドコドコ”といったテイストを排除したパワフルな走りを生み出している。その強大な力を受け止めるため、17インチホイール / 200ミリタイヤという本来装着不可能なパーツを取り入れ、ハーレーの域を超えた一台に仕上げた。

スポーツスター XL1200R、VRSCD ストリートロッドと乗り継いできたオーナーのパワー志向から生まれたストリートグライド、この世にふたつとない究極のモデルと言えるかもしれない。

カスタムの詳細をチェック!

2005年式 ツーリング FLTRのカスタム画像

Bad Dad 製 ストレッチタンクカバー

見た目の迫力増を目指してU.S 製パーツでカスタム。しかし製品の精度が粗かったことから取り付けに苦労したそう。
2005年式 ツーリング FLTRのカスタム画像

プロチャージャー V-TWIN スーパーチャージャー EFI

排気系の変更をせずに済むこと、また熱への耐性にも優れていることから、ターボではなくスーパーチャージャーを選択。
2005年式 ツーリング FLTRのカスタム画像

パフォーマンスマシン 17インチホイール、他

馬力が大幅にアップしたため、対処法として17インチホイール & 200ミリタイヤを装着、さらにブレーキも強化させた。
カスタムバイクのオーナー
Owner’s Profile
井手 健史さん
愛媛県 / 会社員

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

注目のアイテムはコチラ