VIRGIN HARLEY | ハーレー乗りにオススメ!オリオンエースのファッションブランド 特集記事&最新情報

取材協力/オリオンエース  写真/増井 貴光  文/杉沼 えりか  構成/VIRGIN HARLEY.com 編集部
掲載日/2014年03月19日

オリオンエースはカジュアルなデザインでありながらも安全性を考慮したオートバイ向けのアパレルメーカーだ。随所に散りばめられた“ニヤリ”としてしまうディテールは多くのファンを魅了してやまない。旧くから存在するアメリカンブランドからオリジナルブランドまでオリオンエースの世界観を覗いてみよう。

HISTORY

デザイン、価格……
すべてに“ちょうどいい”物が欲しかったんです

オートバイウェアでありながらカジュアルなデザインを得意としているオリオンエース。よくあるオートバイウェアは安全を第一に考えられているので、どこか堅苦しい印象があるが、同メーカーはそこにアメリカンカジュアルを盛り込んでいるのでストリートに馴染み、多くのファンを獲得してきた。

 

会社の設立は、今から8年前の2007年。以前は本格的なライダーズウェアを展開する会社にいたという代表の長谷川氏。そこで培ったノウハウをもとに、自身でもっとカジュアルなウェアが欲しいという想いを胸にオリオンエースを興した。

 

「会社を立ち上げた当初、日本のバイク業界には“カジュアルなオートバイウェア”というものがなかったんです。いずれも安全性を追求したもので、比較的値段の高いものばかり。もっと多くのユーザーに親しんでもらえるよう、ちょうどいいバイカーウェアができないか、と常に考えていました」

 

代表ブランド的なブランドにJAM’S GOLD(ジャムズゴールド)、Clay Smith(クレイスミス)、INDIAN(インディアン)があり、いずれも旧き良きアメリカを軸としている。オートバイ乗り用のウェアを展開する以上、それにふさわしい機能を取入れたいという想いから、ウレタンパッドの採用や風通しを考慮したベンチレーション、可動部分にはアクションプリーツなど、バイク乗りにうれしいディテールがサラリと盛り込まれている。パッドを主張するのではなく、あくまでさり気なく。

 

「“バイクウェアをつくる”というよりも“洋服をつくる”という想いで取り組んでいます。そこにバイカーテイストをプラスする。ラフに着てもらいながらも、バイク乗りにとってうれしいと思う部分をこれからも追求していきたいです」

オリオンエース 代表
長谷川 健司 氏

モーターサイクル業界で用品の卸し、アパレルの企画・営業を経験、06年に株式会社オリオンエースを創業。過去にはワーゲンのビートルに乗り、現在はフォードのエコノラインとハーレーダビッドソン 2003 XL883Rを所有するモーターガイ。

Pick Up Brand

今期のテーマはスカルを基調とした
メキシカンドリーム!

ネイティブ、ウエスタン、そんなキーワードがよく似合うJAM’S GOLD。今期のテーマは「メキシカンドリーム」で、スカルデザインを中心に展開している。メキシコ独特の陽気さと力強さがギュッと詰まったデザインになっており、ジャケットからシャツ、グローブ、バッグなどトータルでコーディネートできるようなっているのが特徴だ。

 

まずひとつめのパターンを見てみよう。白いシャツによく映えるデニムシャツは色落ち加工が施されたウエスタン調のデザインになっている。取り外し可能な肩、肘、脊髄パッドが装備され、胸部もパッドが入れられるよう内側に袋が付いている。それでいて主張することなくサラリと着られるので、街中を走るときに活躍してくれるはずだ。また手に持っているオイルレザーグローブは、しっとりとした感触が肌に馴染みやすく、ブランドロゴが入った部分はレザーを切りっぱなしにしたようなデザインになっている。このコーディネートはモデルのようにジーンズに合わせても良いし、真っ黒なパンツにもマッチしてくれるはずだ。

 

続いての着こなしはミリタリーウェアとして定番のフィールドジャケットをヒントにデザインされた一着。胸元はポケットではなくジップになっており、襟元のフードは取り外し可能なので、イメージを変えた着こなしを実現してくれる。グローブはポリエステルメッシュとレザーのコンビネーション。拳にはデザインも兼ねたパッドを採用しているほか、クールマックスの生地で暑い日でも蒸れることなく快適に愛用することができる。


  • 背面には、バイクに乗ったスカルがグラフィックとして描かれている。

    RODEO MATT

    背面には、バイクに乗ったスカルがグラフィックとして描かれている。

  • ヴィンテージライクなグローブ。着用したままスマートフォンが操作可能。

    JOSE KINGDOM

    ヴィンテージライクなグローブ。着用したままスマートフォンが操作可能。

  • ベンチレーションやパッド類を装備したミリタリー調のジャケット。

    GUILTY

    ベンチレーションやパッド類を装備したミリタリー調のジャケット。

  • 付属されている紐を取り出せば斜め掛けもできるし、バイクへの装着も可能だ。

    LOOSE

    付属されている紐を取り出せば斜め掛けもできるし、バイクへの装着も可能だ。

BRAND INFORMATION

より大きな地図で オリオンエース を表示

オリオンエース

住所/東京都三鷹市大沢4-17-18 レリーフ88 1F
電話/0422-30-9836
ファックス/0422-30-9837
営業/10:00~18:00
定休/土、日、祝、年末年始

3ブランド以外にも多くのブランドを
展開しているオリオンエース

JAM’S GOLD、クレイスミス、インディアンの他、アウトドアメーカーであるマウンテンスミスも取り扱い中。ラットフィンクやムーンアイズのキャラクター小物も揃っている。