VIRGIN HARLEY | KOUJI ODA×BOSS 特集記事&最新情報

Hotbike Japan.comコンテンツ
取材・作成/HOTBIKE Japan.com編集部
このボスを履いて
ボンネビルに挑みます!

福岡県北九州市に居を構えるインディアンオレンジモーターサイクル代表、小田浩司。今年15年目を迎える同店はショベルヘッドを中心にパン、ナックルからEVO、ツインカム、スポーツスターまで取り扱う守備範囲の広いカスタムショップとして九州のハーレー乗りから大きな支持を得ている。日々の忙しい仕事の傍ら、急ピッチで彼が今仕上げているのがナックルヘッドのボンネビルレーサーである。

「エンジンはS&Sのナックルで、排気量は1,600cc。圧縮比を上げてハイカムを組み込み、ヘッドのインテークを加工してデロルトのツインキャブ仕様にしています。フレームはスチール製のワンオフ。フロントフォークはセリアーニの35mmGPフォークをローダウン。これからアルミ叩き出しのラムエアボックスとベルトガードを製作し、フレームと外装をペイントして近日中に完成させる予定です。このナックルで今年8月に開催されるボンネビルスピードウィークの最高速を狙います!」

初チャレンジとなるボンネビルソルトフラッツで、排気量1,650ccのA-PGクラスレコードを破る、時速280kmの突破を目指し、現在車両の最終調整に差し掛かろうとしているわけだ。「計算上はいけるはず」と手応えを感じているという。10年来の夢だったボンネビルソルトフラッツに挑戦する彼の足元をかためているのはウエスコブーツである。

「20年くらい前に手に入れたのが、はじめてのウエスコとなるオールラフアウトのジョブマスターでした。今履いているこのボスは、2年くらい前にカスタムフィットで制作してもらったものです。100番ソールにダブルストラップ、耐久性を考えてレザーライニングを取り付けています。はじめは硬くて手こずりましたが、1週間もすればすぐ足に馴染んできました。立っているときの安定感が抜群。バイクに乗るときは100%ウエスコを履いています。もちろん、ボンネビルにもこのボスを履いて挑みます!」

取材協力
INDIAN ORANGE MOTORCYCLE

 
WESCO Shop Info

WESCO JAPAN
大阪府東大阪市高井田西1-1-17
tel:06-6783-6888

WESCO Ebisu
東京都渋谷区恵比寿1-16-20-101
tel:03-5449-3218

WESCO Setagaya
東京都世田谷区等々力2-5-3
tel:03-6809-8968

WESCO Kanazawa
石川県金沢市堅町12番地
tel:076-222-5677

http://www.wescojapan.com/

The Newest