VIRGIN HARLEY | 2003年式 FXSTC フルカスタム

2003年式 FXSTC

  • 掲載日/2009年08月28日【フルカスタム】
  • 撮影/磯部 孝夫
    本記事は HOTBIKE japan vol.107 にて掲載されたものです
2003年式 FXSTCのフルカスタム画像
2003年式 FXSTCのフルカスタム画像

「世界屈指」の呼び名にふさわしい
ホットドックのマスターピース

メカニカルなディテイルワークとロー&ロングのフォルム。「これぞホットドック!」と呼ぶべきスタイルが与えられた2003モデルのTC96ソフテイル。フレームからスイングアームまでシルバーで塗装された外装には、同店のオリジナルパーツが惜しげもなく散りばめられている。

ビレットホイールにローマウントのフューエルタンク、フェンダーなどすべてがこのマシンに合わせて製作したかのマッチング。ホットドックの強みはワン&オンリーのモディファイを彩る、これらオリジナルパーツの豊富なラインナップだ。

ミッドコントロールと手前にベントしたライザー、ドラッグバーが形成するタイトなポジション。シート高は見た目の印象より実際に着座すると若干高く感じたが、両手でグリップを握り、改めて腰位置を確認すれば、手足の先に「あるべきものがすべてある」という極めて快適なポジションであることがわかる。

絶妙なハンドル幅の恩恵で都内の渋滞も難なくクリア。視界が開けると「待っていました!」とスロットルをワイドオープン。FCRキャブ以外はストックだが、その加速は侮れない。1450ccエンジンが100パーセントで炸裂した瞬間、それは気を抜けば振り落とされんばかりの加速感だった。スロットルワークに敏捷な走りはFCRの恩恵かもしれない。しかし吸排気や点火、足回り、ポジションを含めたセッティングワークがあってこそ実現する安定感のあるポジションだ。

もはや国内はおろか「世界屈指」と呼ぶべき手練のカスタムビルダー、河北啓二率いるホットドックのマスターピースとも言える1台だ。

2003年式 FXSTCのフルカスタム画像

2003年式 FXSTCのフルカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

2003年式 FXSTCのフルカスタム画像
米国レースシーンで広く使われているAuto Meter社製タコメーターがメカニカルなハンドル周りに貢献する。
2003年式 FXSTCのフルカスタム画像
パイピングをオレンジとしたソロシートと、アルミ製ローライズフェンダー&ストラットは共にオリジナル商品だ。
2003年式 FXSTCのフルカスタム画像
プライマリーにはBANDIT3インチオープンを、そしてホットドックのキラーパーツ、ミッドコントロールキットをチョイス。
2003年式 FXSTCのフルカスタム画像
卓越した加工技術が伺えるスイングアームとアクスル処理。両側ともにヘックスボルトでマウントされている。
SHOP INFO.
住所/〒176-0021 東京都練馬区貫井5-20-7
電話番号/03-3825-1221
営業時間/9時~18時
定休日/日曜・祝日

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報