VIRGIN HARLEY | 1993年式 FLSTC フルカスタム

1993年式 FLSTC

  • 掲載日/2015年03月11日【フルカスタム】
  • 執筆&撮影/モリヤン
    本記事は VIRGIN HARLEY vol.22 にて掲載されたものです
1993年式 FLSTCのフルカスタム画像
1993年式 FLSTCのフルカスタム画像

ソフテイルを徹底的にシェイプする

ノーマルのフレームをベースとして、限りなく軽量化を施したチョッパーを製作する。これはまさしく贅肉をはぎ取ったハーレー本来の機能美を前面に打ち出したカスタムだ。

製作したのは、東京都足立区にあるセブンスタイルズ。代表の山本さんのカスタムコンセプトは「都内でも軽量で乗りやすいハーレー」というもの。エボリューション以降、どんどん大柄になっていくハーレーダビッドソンに対して、日本人が扱いやすい車体という基本を曲げないカスタムバイクを数々生み出している人なのである。

ショベル以前のエンジンを使い、リジットフレームに乗せたチョッパーは本当に軽くて扱いやすい。しかし、やっぱりそれでは乗り手を選んでしまうから、エンジンはエボリューション。そして、ノーマルフレームを生かしたまま最高のシルエットを追及するという答えが導き出されたのである。

カスタムをオーダーしたオーナーからは、「とにかくシンプルで無駄のないシルエットを」というものだった。なんとガソリンタンクは、旧スポーツスター用のピーナッツタンクを分割してカットし、さらに小さなタンクに仕上げている。ガソリン容量は4Lほどだが、「都内クルーズ用」としての航続距離は充分と、オーナー納得のシルエットになった。

ソフテイルフレームは乗り心地も確保され、クラシカルな74スプリンガーフォークも良く動く設定。最高のシティクルーズチョッパーが完成した。

1993年式 FLSTCのフルカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

1993年式 FLSTCのフルカスタム画像
ハンドルバーもオリジナルで製作されたもので、微妙なカーブが美しい仕上がりだ。
1993年式 FLSTCのフルカスタム画像
タンクはハーレー純正2.25ガロンの中心をカットして左右を詰める。驚くほど小振りなシルエットである。
1993年式 FLSTCのフルカスタム画像
セルボタンや各種スイッチは、すべてタンクの左サイドに集中配置しハンドルまわりをすっきりさせた。
1993年式 FLSTCのフルカスタム画像
エンジンはストックのエボリューションに定番のSUキャブレターをセットする。
1993年式 FLSTCのフルカスタム画像
3インチベルトを使用したプリモ製のオープンプライマリーキットを装着。ワイルドな雰囲気だ。
1993年式 FLSTCのフルカスタム画像
ベース車はステップボードだが、プリモ製のミッドコントロールバーに改められている。
SHOP INFO.
住所/東京都足立区皿沼3-31-2
Tel/03-5647-0880
Fax/03-5647-0881
営業/10:00~19:00
定休日/月曜日・第三日曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)
ピックアップ情報