VIRGIN HARLEY | 2004年式 VRSCA フルカスタム

2004年式 VRSCA

  • 掲載日/2009年09月04日【フルカスタム】
  • 撮影/磯部 孝夫
    本記事は HOTBIKE japan vol.101 にて掲載されたものです
2004年式 VRSCAのフルカスタム画像
2004年式 VRSCAのフルカスタム画像

神秘さと手強さを併せ持つ
伝説の海のモンスター

「Leviathan(=リヴァイアサン)」。旧約聖書に記された海のモンスターである。口から火を吐き、体は鎧のような鱗で覆われたこの伝説のモンスターの名が、ここに紹介するV-RODに冠されている。

まずはエクステリアに注目したい。独国NLCのエアボックスカバーに灯火類が仕込まれたラジエターカバー/リアフェンダーの得も言われぬ存在感。鱗を模したラジエターホースカバーにサイドカバー、フロントフェンダー、ヒートガードに至るまで、すべてシートメタルにて製作されている。その労力たるや想像を絶する。徹底的に作り込まれた、これらエクステリアのイメージソースは言わずもがな。伝説のモンスターの名に恥じない造形美に息を呑む。

骨格となるフレームはOEM。フロントフォークにはクリーンなSJPを装着。そして見せ場となるのは、世界でも希少なRick’s製シングルスイングアームが大きく主張するリアエンド。同じくRick’s製18"×11.5Jのビレットホイールに300ワイドタイヤを扁平ぎみに装着し、320に近いフォルムを入手。この迫力かつ、シンプルなリアエンドが三次元で形成されたエクステリアをより一層際立たせているのがお分かりいただけるだろうか。

トドメはペイントワーク。複雑に入り組んだエクステリアを彩るDeep Flake Pearl Purple。一見するとブラック、しかし光によってはブルー系のパープル、さらにレインボーフレイクが浮かび上がるというトリッキーな塗料だ。グラフィックは入れず、あえてここはマシンの造形を見せることに徹しながらも「光で遊ぶ」というトライジャの懐の深さを痛感する。

ひとたび走り出せば、ピーキーな水冷Revolutionモーターは意図も容易くレブリミットに達する。シングルスイングアームへの不安は皆無。ただし扁平ぎみのワイドリアタイヤを履いているため、コーナリングは手強い。このモンスターを手なずけるべく、スロットルを絞り込む。

2004年式 VRSCAのフルカスタム画像

2004年式 VRSCAのフルカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

2004年式 VRSCAのフルカスタム画像
三次元で構成される独国NLCのエアボックスカバーに、メーターはOEMを装着。光によっていくつもの表情を見せる。
2004年式 VRSCAのフルカスタム画像
同じくNLCのラジエターカバーにLEDフロントウインカーが組み込まれている。ウィークポイントを見せ場にリメイク。
2004年式 VRSCAのフルカスタム画像
マフラーベースはOEMながら、サイレンサーのヒートガードは手曲げ成形にて製作。金属パテなどは一切使用していない。
2004年式 VRSCAのフルカスタム画像
リアエンド最大のポイントはRick’s製シングルスイングアームに、スクリューのような18"×11.5Jのビレットホイールだ。
SHOP INFO.
住所/大阪府柏原市本郷5-4-18
電話番号/072-970-3110
営業時間/10時~18時(完全予約制)
定休日/第1火曜、毎週水曜

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報