新米編集部員ジャージータナカの体当たり企画 ハーレー楽習レポート 第1回 スポーツスター購入! | バージンハーレー

“ど”シロート ハーレー楽習レポート

新米編集部員ジャージーが着任!
バージンハーレー新時代の幕開け…か!?

バージンハーレーをご覧の皆さん、はじめまして。2009年よりバージンハーレー編集部員として着任した“ジャージー”タナカと申します。初代編集長ターミーさんが去った今、新たにこのサイトを背負って立つ才能豊かな逸材として大抜擢されました。実はワタクシ、以前からハーレーには憧れていたものの、一度もハーレーを所有したことがありませんでして…そこで! 今回の着任を機に「思い切ってハーレー買うて、とことん乗り回して経験したことをネタにしてまおう!」というあつかましい企画を立ち上げちゃいました。ハーレーに乗りたいと思っている人、これからハーレーライフを楽しもうという人には必見!の、ハーレー“ど”シロートによる体当たり企画です。記念すべき第1回は、僕がスポーツスターに出会い、購入するまでの流れをご紹介します。

※編集部注:上記内容のほとんどは本人の妄想です。軽く受け流してあげてください。

取材で訪れたディーラーで出会った
運命のスポーツスターに心奪われて…

バージンハーレーの担当になったはいいけど、未だハーレーには乗っておらず…という日々を過ごしていたある日、取材で訪れたディーラー店「ハーレーダビッドソン練馬」にて、僕は一台のスポーツスターに目を奪われました。2008年式のスポーツスターXL1200Rで、昨年モデルではあるものの、試乗車として使われていたことから走行距離が300キロにも満たないいわゆる新古車です。何より惹かれたのはそのスタイル。練馬店オリジナルのカスタムが施された一台で、タンクはXL883用のミニタンク、XL1200Nナイトスター仕様のパンチングされたフロントフェンダー、ハーレー純正のソロタックシートなど、本来の1200Rをよりスマートなスタイルにまとめたカスタム車両です。


そしてもっとも印象的だったのは、全体のペイント! 従来のパシフィックブルーパールで鮮やかにまとめられてあり、そこに1978年に登場したKLHアニバーサリーモデルの「HARLEY-DAVIDSON」ロゴが描かれているではありませんか。「スタイリッシュ&旧車風」というテーマの元にカスタマイズされたこのスポーツスターに、僕の心は奪われてしまったのです。それでもハーレーは決して安くない買い物。「勢いで買うにはデカすぎる」という理性が働き、それからは朝から晩まで「ハーレー購入」という現実と向き合う日々が続きました。

 

H-D練馬店オリジナルカスタムのXL1200R

H-D練馬店オリジナルカスタムのXL1200R

まるで恋焦がれる人を想うかのように…

まるで恋焦がれる人を想うかのように…

ここがポイント!ハーレー購入までの流れ1

新車のほか、多くの中古車が出回っているハーレー。新車の価格は不変だが、バージンハーレーの中古車検索などを利用して市場の相場を調べておくといいだろう。

いろんなハーレーを検索してみよう

新車のほか、多くの中古車が出回っているハーレー。新車の価格は不変だが、バージンハーレーの中古車検索などを利用して市場の相場を調べておくといいだろう。

当たり前のことだが、ハーレー購入は決して安くない。ここは経験豊富なディーラーに相談し、いろいろと考えていることや予算などを思い切って話してみよう。

店員さんに何でも相談しちゃえ

当たり前のことだが、ハーレー購入は決して安くない。ここは経験豊富なディーラーに相談し、いろいろと考えていることや予算などを思い切って話してみよう。

購入に際してもっとも大きな決め手となるのが「乗り心地」だ。中古車なら、気軽に「一度乗ってみたいんですが」と店員さんに聞いてみるといい。

何より乗ってみなきゃ!

購入に際してもっとも大きな決め手となるのが「乗り心地」だ。中古車なら、気軽に「一度乗ってみたいんですが」と店員さんに聞いてみよう。結構乗せてもらえちゃうぞ。

悩みに悩んでついに決断!
自分流カスタムで希望のスタイルを目指す

結局数日悩んだ末、購入を前提にお付き合い…じゃなくて、もう一度このスポーツスターをじっくり見てみようと練馬店を訪れました。そこで大竹店長から衝撃のひとことが! 「このスポーツスターについて問い合わせてこられた方がいらっしゃったんですよ」と言うではありませんか。このまま再び「悩みの螺旋」に迷い込み、優柔不断な男として過ごしているうちにほかの人に奪われたとあっちゃあ、悔やむに悔やみきれない。青いスポーツスターを前に、自問自答を繰り返すジャージー。そして「大丈夫、後悔しない!」と言い聞かせ、ついに…「このスポーツスター、買います」と、漢(おとこ)の決断を下したのであります。やはり最後の一手は、「勢い」ということでしょうか。ああ、このときの大竹店長の笑顔は一生忘れません…(笑)。


早速購入の手続きに入った僕ですが、そのまま納車を迎えたのではあまりに芸がない。天下のバージンハーレー編集部員なのだから、何がしかのオリジナリティを付け加えたいと思い、大竹店長にカスタムの相談をしました。購入も勢いなら、カスタムも勢いさ!とばかりに、純正の「ミニエイプ・ハンドルバー」に、新しく登場したカスタムパーツ「ドーム・ビレットスタイルミラー(サテンブラック)」、そしてメーターをXL883用のスピードメーターひとつにしてもらったのです。

しかし勢いでお願いしたため、実際のスタイルをきちんとイメージできておらず、「納車の際にどんな姿で現れるのやら…」とわずかな不安を抱いたまま、納車日を迎えることになりました。

 

再びスポーツスターにまたがり…決心はついた!

再びスポーツスターにまたがり…決心はついた!

ついに契約書にハンコを押しちゃいました!

ついに契約書にハンコを押しちゃいました!

ここがポイント!ハーレー購入までの流れ2

ハーレーを気持ちよく購入するため、決断をする前に、自分が迷っていることや疑問に思うことはすべて店員さんに質問し、自分が納得できるまでとことん考え抜こう。

改めて車両をじっくり見てみよう

ハーレーを気持ちよく購入するため、決断をする前に、自分が迷っていることや疑問に思うことはすべて店員さんに質問し、自分が納得できるまでとことん考え抜こう。

好みのハーレーを選ぶ最初の判断材料は「見た目」だが、ここは一度冷静になって、ほかの近しいモデルを試乗して乗り比べてみよう。意外な発見することができるぞ。

ほかの車両と乗り比べてみるのもテ

好みのハーレーを選ぶ最初の判断材料は「見た目」だが、ここは一度冷静になって、ほかの近しいモデルを試乗して乗り比べてみよう。意外な発見することができるぞ。

購入の際にカスタムしちゃうのもかなり面白い。もちろん購入後に模索していくのが常道だが、ノーマルのままよりも、納車日を迎える楽しみが一層膨らむこと間違いなし!

納車前のカスタムも楽しい!

購入した際にカスタムしちゃうのもかなり面白い。もちろん購入後に模索していくのが常道だが、ノーマルのままよりも、納車日を迎える楽しみが一層膨らむこと間違いなし!

この世に一台しかないスポーツスターがお目見え
ついに今日からハーレーオーナーに!

いよいよ納車日。期待と不安を胸に練馬店を訪れると、大竹店長が笑顔で出迎えてくれました。「タナカさんのスポーツスター、店頭にご用意していますよ」と言われ、はやる気持ちを抑えながら外に出ると、以前見たときとは少しばかりスタイルを変えた青いスポーツスターがそこにいました。僕の中にあった不安のひとつが「ミニエイプ・ハンドルバーが似合っているのかどうか」でしたが、実際はすっきりと収まっていました。むしろ従来の1200Rにはないスタイルにまとまっているのです。「購入時のカスタムの要望を聞いたときは、『ヘンなカスタムを言うもんだなぁ』と思いましたが、実際に組んでみたら結構カッコよかったんですよ。驚きました」と大竹店長。ヘンだと思ったんならそのときに言ってくれたらええのに…。


そしてハーレー購入時の恒例行事「納車式」が始まりました。スペアキーが収められた特製キーボックスとアメリカ本国からこのスポーツスターを運んできたタイダウンベルト、記念の写真立てをいただき、それらを手に新しい愛車の元へ。メカニックの高橋さんが取り扱いに関する説明をしてくださっているのも耳に入らず、ただただスポーツスターに見とれるばかり。ひと通りの説明が終わり、いよいよエンジンスタート! 心地よい鼓動がスポーツスターを震わせ、念願のハーレーライフの始まりを感じさせてくれました。
ついにハーレーオーナーとなったジャージー、これからはこのスポーツスターとともに、日本全国津々浦々まで取材に行かせていただきマス!

 

装いを新たに、スポーツスターXL1200R納車!

装いを新たに、スポーツスターXL1200R納車!

無事納車式を終え、ハーレーライフの始まり!

無事納車式を終え、ハーレーライフの始まり!

ここがポイント!ハーレー購入までの流れ3

ハーレー購入における契約書にサインする際に出される特製ペン。ほかの業務では一切使用できない特別なもので、ハーレーならではのおもてなしの心を感じる。

購入契約時だけに使われるペン

ハーレー購入における契約書にサインする際に出される特製ペン。ほかの業務では一切使用できない特別なもので、ハーレーならではのおもてなしの心を感じる。

納車の際、メカニック担当から操作など取り扱いに関する説明がなされる。自分の新しい愛車を前に気分が浮き足立ってしまうが、大切な説明なのできちんと聞こう。

メカニック担当による説明を聞こう

納車の際、メカニック担当から操作など取り扱いに関する説明がなされる。自分の新しい愛車を前に気分が浮き足立ってしまうが、大切な説明なのできちんと聞こう。

ハーレーは高価なバイク、それゆえ納車式ではさまざまな催しが準備されている。そしてこれからがディーラーとのお付き合いの始まりとなるのだ。

ホスピタリティあふれる納車式

ハーレーは高価なバイク、それゆえ納車式ではさまざまな催しが準備されている。そしてこれからがディーラーとのお付き合いの始まりとなるのだ。

さらに! ハーレーならではの豪華特典がズラリ!

ディーラーとのお付き合いこそが
これから始まるハーレーライフの第一歩

夢が膨らむハーレーライフを影で支えてくれるのが、各地に点在するディーラーだ。購入からメンテナンス、修理、トラブル時のサポートに加え、各ディーラーでさまざまなイベントが催されており、ハーレー乗りの楽しみをさらに広げてくれている。ディーラーとのお付き合いからハーレーのことを学べば、きっとあなたのハーレーライフはより楽しいものになるだろう。

 

>> ハーレー正規ディーラー検索を活用しよう

ハーレーダビッドソン練馬

住所/〒177-0031 東京都練馬区三原台3-31-14

電話番号/03-3978-8338

営業時間/10時~19時

定休/火曜日、第2水曜日

URL/http://www.hd-nerima.com/

ショップ
関連人気パーツをチェック!
記事メニュー
PROFILE

ジャージー

ジャージー

バイクに関する知識は皆無だが、バイクに乗るのは大好きという関西人。バージンハーレー編集部に配属されてからハーレーに乗り出した初心者で、それを武器に「腰の低い取材を心がける」などと抜かすフトドキ者。スポーツスターXL1200R所有。