VIRGIN HARLEY | FUJICOさん 2014年式 XL1200X レディスハーレー

FUJICOさん 2014年式 XL1200X

  • 掲載日/2016年10月05日【レディスハーレー】
  • 写真・文/田中 宏亮

ハーレーとの出会い

2014年式 スポーツスター XL1200X フォーティーエイト FUJICOさんの画像

ハワイで乗ったフォーティーエイトに一目惚れ
理想のスタイル目指して現在カスタム中

数年前までバイクとは無縁の生活でした。人の後ろに乗ったことはありましたが、それで「自分で運転したい」なんて思うこともなく、バイクと関わり合うことなく今まで過ごしてきました。これといったきっかけがあったわけでなく、暇だったからバイクの免許(普通自動二輪免許)を取りにいき、ヤマハ・ドラッグスター400に乗り始めました。本当に軽い気持ちから、でしたね。

ハーレーに一目惚れしたのが、ハワイ旅行でのこと。レンタルしたフォーティーエイトに乗って(ハワイでは日本の普通自動二輪免許でもレンタルハーレーに乗ることができる)、「カッコいい!」って印象に残ったんです。かといって、帰国してからハーレーを買うことなく過ごしていたのですが、一年後に再びハワイでハーレーをレンタルしようと思ったらフォーティーエイトがなくて、それが悔しくて、帰国してすぐハーレーダビッドソン昭和の森でフォーティーエイトを購入しました(笑)。ちょうど中型免許を取得したときに、「コースを覚えている今だからちょうどいいか」と、大型二輪免許も取得していたんです。

「乗るならアメリカンスタイル」とドラッグスターを選んだのですが、アメリカンとは言い難いフォーティーエイトのスタイルがド刺さりだったんです。惚れたポイントは……黒いボディですね。今は自分の理想のスタイルを目指して、着々とカスタムを進めているところです。

2014年式 スポーツスター XL1200X フォーティーエイト FUJICOさんの画像
このハードキャンディーカスタム クロームフレークのグラフィックが気に入ったというフジコさん。タンクデザインは今のところ変える気はないそう。
2014年式 スポーツスター XL1200X フォーティーエイト FUJICOさんの画像
マシンと同じカラーリングのジェットヘルメットを愛用。ウェブデザイナーという職業柄からか、グラフィックへのこだわりは強い。

私のハーレー

2014年式 スポーツスター XL1200X フォーティーエイト FUJICOさんの画像

2014年式 XL1200X フォーティーエイト

ロー&ロングのダーティマシンへ
レーサー風にさらなる進化を検討中

リアにインパクトを持たせたロー&ロングスタイルのダーティなマシンに……。それがカスタムのテーマです。黒を基調としたカラーリングが好きなんですが、かといって真っ黒はイヤ。ほどよくクロームが差し込まれてのコントラストがあってこそ、ブラックが際立つと思うんです。だから、ローランドサンズのパーツってそのバランス感覚が絶妙なんですよね。いろんな人が愛用していてかぶるのがあまり好きじゃないんだけど、一番カッコよく決まるパーツなんで、結構多用しています。

足まわりやチューニングなど、プロでなければできないところ以外はほとんど自分でパーツ交換をしちゃっています。購入したときは本当に何も知らなかったけど、自分でカスタムを進めていくうちにどんどん知識がついてきちゃって、スポーツスター限定ですが最近ではディーラーのクロームコンサルタントより詳しくなっちゃいました(笑)。ええ、「ウチで働かない?」って誘われたりしますよ。

今一番興味あるのは、ドラッグバー。ノーマルのメーターマウントライザーを換えることなく取り付けられるドラッグバーがないか探しているんですが、結構ローマウントになるので、ポジションがきつそうだな、って。バックステップとかにも興味はありますね。どんどんレーサー風にしていきたいと思っています。

2014年式 スポーツスター XL1200X フォーティーエイト FUJICOさんの画像

2014年式 スポーツスター XL1200X フォーティーエイト FUJICOさんの画像
ローランドサンズのラウンドエアクリーナーに、エンジンのヘッドカバーも換えている。すべて自分でパーツ交換しているのだそう。
2014年式 スポーツスター XL1200X フォーティーエイト FUJICOさんの画像
フルブラックのオーリンズ製リアサスペンションにRSDベルトガード & ライトスプロケット、ケンズファクトリーのウインカーと、黒をベースとする玄人好みのパーツチョイスとなっている。
2014年式 スポーツスター XL1200X フォーティーエイト FUJICOさんの画像
ドライブ製のスポーツスター用シーソーペダル。これでシューズを痛める心配はなくなる。
2014年式 スポーツスター XL1200X フォーティーエイト FUJICOさんの画像
ノーマルホイールのハブはそのままに、リムだけ交換してリアタイヤを180mm化。スイングアームを換えることなくギリギリのクリアランスをキープするフォーティーエイトで人気のカスタムだ。

ハーレーとの思い出

2014年式 スポーツスター XL1200X フォーティーエイト FUJICOさんの画像

フォーティーエイトのこと、ファッションのこと
もっとカッコよくなるためにいろいろ取り入れたい

実は今年、SシリーズのソフテイルスリムSも購入したんです。決め手? フォーティーエイトと同じで、ボバースタイルが好きなんです。カワサキのZ1とZ2に乗っている主人が「一緒に走りに行くときに」って買ったんですが、まったく乗らないまま私のものとなっちゃっています(笑)。いまはフルノーマルですが、チューニングして本気仕様にしてあげたいですね。そんな私たちに影響されたのか、弟もフォーティーエイトを購入したんです。周囲のハーレー化が止まらないんですよ(笑)。

ツーリングなど一緒に走りに行く仲間は、ほとんど他メーカーのバイク乗り。ハーレー仲間って数えるほどしかいないんですよ、私。ひとりでもふらっと走りに行っちゃいますよ、奥多摩を流すのが好きなんです。

特別にこんなことがしたい……っていうのはないですね。今のまま、気になるカスタムがあれば取り入れて、もっとカッコいいフォーティーエイトに仕上げていきたい。だから私って、バイク雑誌、特にハーレー雑誌しか読まないんです。ハーレーに乗ってる女の子が出ていたらファッションを見ちゃうし、スポーツスターのカスタムもいろんなものを見て取り入れたいって思っています。次に見かけたときには、まるで違うフォーティーエイトになっているかも(笑)。

2014年式 スポーツスター XL1200X フォーティーエイト FUJICOさんの画像
自らデザインしたオリジナルのステッカーがサイドカバーに。
2014年式 スポーツスター XL1200X フォーティーエイト FUJICOさんの画像
よりレーシーなスタイルを目指したいというフジコさん。「本当に速くは走れないんですよ、あくまで“速そう”なスタイルにしたいんです」
2014年式 スポーツスター XL1200X フォーティーエイト FUJICOさんの画像
ハーレー雑誌で見かけて即ディーラーに問い合わせたハーレー純正のレディースパーカー。アシンメトリーなデザインがお気に入り。
2014年式 スポーツスター XL1200X フォーティーエイト FUJICOさんの画像
ハワイで購入したハーレー純正の組み合わせ型Tシャツ。スケルトンな袖が一体型になっており、日本では販売されていない本国仕様だという。
2014年式 スポーツスター XL1200X フォーティーエイト FUJICOさんの画像
スペインのブランドだというエンジニアブーツ。スニーカーで乗ることもあるが、それでもブーツはレギュラーだという。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報