VIRGIN HARLEY | JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2012 #01 トピックス

JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2012 #01

  • 掲載日/2012年04月25日【トピックス】
  • 取材協力/JOINTS 2012
Hotbike Japan.comコンテンツ
前日の搬入日、JOINTSに照準を合わせて製作されたカスタムマシンが全国から続々と運び込まれてくる。
前日の搬入日、JOINTSに照準を合わせて製作されたカスタムマシンが全国から続々と運び込まれてくる。

もはや名実共に全国屈指のカスタムショーへと成長を遂げた「JOINTS CUSTOM BIKE SHOW」。この名古屋発信の一大ムーブメントは、日本のカスタムシーンを動かす巨大なチカラを秘めている。2012.04.25にポートメッセ名古屋で開催された今期のJOINTS 2012は、雨風が吹きすさぶ悪天候だったにも関わらず、入場者数8500人、出展バイク数320台という過去最大級の規模で開催された。今期はコンテンツの充実に目を見張るものが! JOINTSの目玉コンテンツであるライドインショーをはじめ、プロダンサーによるポールダンスショー、さらにカスタムペイントの祭典「PAINT WALL 2012」も同時開催。そして来場者にスポーツスターがプレゼントされる「GET THE SPORTSTER」に加え、「AMD WORLD CHAMPIONSHIP 2011」のフリースタイルクラスで優勝を飾ったTAVAX ENGINEERINGが手掛けたフルスクラッチカスタム「TAVAX 2011V」が会場に展示され、来場者を釘付けに! それではこの熱きJOINTS 2012のすべてを最速レポート。

広島からエントリーを果たしたカスタムファクトリーBB。どこか「和」テイストを醸し出す独自のマシンは世界的評価も高い。
広島からエントリーを果たしたカスタムファクトリーBB。どこか「和」テイストを醸し出す独自のマシンは世界的評価も高い。
カスタムマシンをただ単に並べるだけではなく、ブースを作り込みトータルで世界観を演出することもカスタムショーでは必須。
カスタムマシンをただ単に並べるだけではなく、ブースを作り込みトータルで世界観を演出することもカスタムショーでは必須。
滋賀のカスタムワークスZONは2台のフルスクラッチカスタムを持ち込んだ。これからブースの設置がはじまる。
滋賀のカスタムワークスZONは2台のフルスクラッチカスタムを持ち込んだ。これからブースの設置がはじまる。
ショー当日の朝は小雨程度であったが、天候は午後に向けて大きく崩れることになった。しかし名古屋は熱かった!
ショー当日の朝は小雨程度であったが、天候は午後に向けて大きく崩れることになった。しかし名古屋は熱かった!
朝10時のゲートオープン前にすでに長蛇の列が! 名古屋のカスタムフリークには天候など全く関係なし。
朝10時のゲートオープン前にすでに長蛇の列が! 名古屋のカスタムフリークには天候など全く関係なし。
入場口にてリストバンドが巻かれ、ゲートオープンとともに会場へ流れ込むオーディエンス。さぁJOINTS 2012のはじまりだ!
入場口にてリストバンドが巻かれ、ゲートオープンとともに会場へ流れ込むオーディエンス。さぁJOINTS 2012のはじまりだ!
入場口すぐ隣りでは、JOINTSオリジナルのイベントTシャツが販売された。やはりカスタムショーのお土産としては人気ナンバー1。
入場口すぐ隣りでは、JOINTSオリジナルのイベントTシャツが販売された。やはりカスタムショーのお土産としては人気ナンバー1。
JAM'Z GARAGEが持ち込んだショベルチョッパー。ビルダー新美ならではの緻密な計算がそこかしこに隠されている。
JAM’Z GARAGEが持ち込んだショベルチョッパー。ビルダー新美ならではの緻密な計算がそこかしこに隠されている。
ヘッドライトステーやフェンダーステーなどの造型はもちろんのこと、ボルトにまでこだわるという徹底振り。これがJAM'Z GARAGEの仕事。
ヘッドライトステーやフェンダーステーなどの造型はもちろんのこと、ボルトにまでこだわるという徹底振り。これがJAM’Z GARAGEの仕事。
LIGHTCYCLEが展示したEVOスポーツチョッパー。ハイマウントされたスポーツタンクにカットリアフェンダーで軽快に仕上げられている。
LIGHTCYCLEが展示したEVOスポーツチョッパー。ハイマウントされたスポーツタンクにカットリアフェンダーで軽快に仕上げられている。
EVOスポーツをベースにGEE-MCが手掛けたコチラのマシン。タイトなスポーツスターをリジッドフレームでさらにコンパクトに。
EVOスポーツをベースにGEE-MCが手掛けたコチラのマシン。タイトなスポーツスターをリジッドフレームでさらにコンパクトに。
スプリングフォークを装備したEVOチョッパー。スリープウォーカーならではの丁寧な作り込みがポイントとなるマシンである。
スプリングフォークを装備したEVOチョッパー。スリープウォーカーならではの丁寧な作り込みがポイントとなるマシンである。
スリープウォーカーの手によるEVOソフテイル。フューエルタンクやオイルタンクの造型が見せ場となるマシンであるが、ディテイルも抜かりナシ。
スリープウォーカーの手によるEVOソフテイル。フューエルタンクやオイルタンクの造型が見せ場となるマシンであるが、ディテイルも抜かりナシ。
YOSSY'Sが手掛けたショベルボッバー。4速フレームにこだわったロッドテイスト溢れるボッバーである。シンプルな展示も◎。
YOSSY’Sが手掛けたショベルボッバー。4速フレームにこだわったロッドテイスト溢れるボッバーである。シンプルな展示も◎。
川崎からエントリーを果たしたブルーリボンファクトリーのショベルヘッド。ショベルのビッグツインをベースに製作されたカフェレーサー。
川崎からエントリーを果たしたブルーリボンファクトリーのショベルヘッド。ショベルのビッグツインをベースに製作されたカフェレーサー。
福岡から参加のVIDAが展示したEVOチョッパー。F23/R18インチのタイヤとバランス取りされた至極のエクステリア。その仕上がりに隙はない。
福岡から参加のVIDAが展示したEVOチョッパー。F23/R18インチのタイヤとバランス取りされた至極のエクステリア。その仕上がりに隙はない。
フレームメインチューブに沿って絞り込まれたフューエルタンクにバレル型のオイルタンク、ビレットホイールが足周りの決め手である。
フレームメインチューブに沿って絞り込まれたフューエルタンクにバレル型のオイルタンク、ビレットホイールが足周りの決め手である。
カスタムファクトリーBBによるEVOカスタム。エッジの効いたフューエルタンクにシャープなシートカウル、マフラーの造型にも注目。
カスタムファクトリーBBによるEVOカスタム。エッジの効いたフューエルタンクにシャープなシートカウル、マフラーの造型にも注目。
コチラのショベルチョッパーもBBの手によるマシン。ハイマウントされたエッグタンクがアイコンとなるハイエンドチョッパーである。
コチラのショベルチョッパーもBBの手によるマシン。ハイマウントされたエッグタンクがアイコンとなるハイエンドチョッパーである。
BBが製作したTCストリートドラッガー。ロングスイングアームにはリジッドバーが! JIMSのヘッドを筆頭にモーターにもかなり手が入っている。
BBが製作したTCストリートドラッガー。ロングスイングアームにはリジッドバーが! JIMSのヘッドを筆頭にモーターにもかなり手が入っている。
MCDが持ち込んだパンヘッドチョッパー。MCD定番のこのスタイルは、いつの時代でも廃れることのない永遠のスタンダードである。
MCDが持ち込んだパンヘッドチョッパー。MCD定番のこのスタイルは、いつの時代でも廃れることのない永遠のスタンダードである。
MCDオリジナルのヘラ絞りヘッドライトにアトリエチェリー製のサドルシート、ネオクラシックのカスタムペイントもとてもイイ雰囲気だ。
MCDオリジナルのヘラ絞りヘッドライトにアトリエチェリー製のサドルシート、ネオクラシックのカスタムペイントもとてもイイ雰囲気だ。
リスキービジネスのパンヘッドチョッパー。1956FLHをベースにエイプバー&アップスイープが取り付けられた定番スタイル。
リスキービジネスのパンヘッドチョッパー。1956FLHをベースにエイプバー&アップスイープが取り付けられた定番スタイル。
東京からエントリーを果たしたブラッククロームのEVOスポーツカスタム。カフェレーサーテイストのスタイルは同店の持ち味である。
東京からエントリーを果たしたブラッククロームのEVOスポーツカスタム。カフェレーサーテイストのスタイルは同店の持ち味である。
プライベートビルダー、YOCKの手によるショベルローライダーベースのマシン。スカイブルーのカラーリングとバランスに留意して製作されている。
プライベートビルダー、YOCKの手によるショベルローライダーベースのマシン。スカイブルーのカラーリングとバランスに留意して製作されている。
静岡県のマンクスマンガレージが製作したEVOスポーツ。未完成ながらも見応え十分のこのマシン。アルミ叩き出しのエクステリアが圧巻の出来である。
静岡県のマンクスマンガレージが製作したEVOスポーツ。未完成ながらも見応え十分のこのマシン。アルミ叩き出しのエクステリアが圧巻の出来である。
埼玉県からエントリーを果たしたオーシャンビートルが手掛けた66アーリー。ラビットハンドルを装着したローカルチョッパー。
埼玉県からエントリーを果たしたオーシャンビートルが手掛けた66アーリー。ラビットハンドルを装着したローカルチョッパー。
同じくオーシャンビートルの49パンチョッパー。市街地を疾走するフリスコスタイルを意識して製作したタイトなフォルムが特徴である。
同じくオーシャンビートルの49パンチョッパー。市街地を疾走するフリスコスタイルを意識して製作したタイトなフォルムが特徴である。
BELLの500TX をモチーフに製作されたオーシャンビートルのBeetle 500-TX。同店のスマッシュヒットモデルだ。
BELLの500TX をモチーフに製作されたオーシャンビートルのBeetle 500-TX。同店のスマッシュヒットモデルだ。
CWZの吉澤さんとA-syksの田中さん。「動いた動いた!」「ホントだホント!」。それにしてもホントに楽しそうですね。
CWZの吉澤さんとA-syksの田中さん。「動いた動いた!」「ホントだホント!」。それにしてもホントに楽しそうですね。
12時前後にはピークを迎え、会場は身動きできないほどの来場者で溢れていた。これがJOINTSのパワーなのだ!
12時前後にはピークを迎え、会場は身動きできないほどの来場者で溢れていた。これがJOINTSのパワーなのだ!
カスタムショーには欠かせない、華やかな女性コンパニオン。バイクのカスタムショーにロリータファッションが新鮮。
カスタムショーには欠かせない、華やかな女性コンパニオン。バイクのカスタムショーにロリータファッションが新鮮。
今期のWJMSでナンバー1に輝いたフロンティアのショベルヘッドとコンパニオンの共演。しかもダブル!
今期のWJMSでナンバー1に輝いたフロンティアのショベルヘッドとコンパニオンの共演。しかもダブル!
コチラはガラリと雰囲気が変わってパンキッシュなテイスト。ハードなテイストの中にも女性らしい可愛さが見え隠れしている。
コチラはガラリと雰囲気が変わってパンキッシュなテイスト。ハードなテイストの中にも女性らしい可愛さが見え隠れしている。
地元名古屋のオールドスピードファクトリーが展示したEVOスポーツカスタム。絞り込まれたハンドルバーの造型に絶句!
地元名古屋のオールドスピードファクトリーが展示したEVOスポーツカスタム。絞り込まれたハンドルバーの造型に絶句!
関西ニュースクールシーンの雄、トライジャのブース。徹底的に作り込まれた4台のハイエンドマシンを展示。2台は未完成ながらも見応え十分。
関西ニュースクールシーンの雄、トライジャのブース。徹底的に作り込まれた4台のハイエンドマシンを展示。2台は未完成ながらも見応え十分。
埼玉県からエントリーを果たした車坂下モトサイクルのパンヘッド。同店のレーザーズペイントが手掛けた鏡面塗装の輝きはケタ違いである。
埼玉県からエントリーを果たした車坂下モトサイクルのパンヘッド。同店のレーザーズペイントが手掛けた鏡面塗装の輝きはケタ違いである。
STOOPが手掛けたショベルヘッド。ガーターフォーク&ティラーバーがポイントとなるディガーライクなマシンと言える。
STOOPが手掛けたショベルヘッド。ガーターフォーク&ティラーバーがポイントとなるディガーライクなマシンと言える。
レーザーズペイントが手掛けたカスタムペイント。ブラックベースにオレンジ&ブラックのコントラストが映える鏡面塗装が見所となっている。
レーザーズペイントが手掛けたカスタムペイント。ブラックベースにオレンジ&ブラックのコントラストが映える鏡面塗装が見所となっている。
レーザーズペイントが鏡面塗装を施したカスタムヘルメット。フレークを多用したオールドテイストであるが、その輝きは限りなく深い。
レーザーズペイントが鏡面塗装を施したカスタムヘルメット。フレークを多用したオールドテイストであるが、その輝きは限りなく深い。
三重県のデービッドが製作したツインカムカスタム。イメージソースはソルトフラッツレーサー。23インチビレットホイールがポイント。
三重県のデービッドが製作したツインカムカスタム。イメージソースはソルトフラッツレーサー。23インチビレットホイールがポイント。
美しい弧を描くダウンチューブに目を奪われるロングフォークチョッパー。宮城県のMarley Metal Fab.の高い鈑金技術が感じられる車両である。
美しい弧を描くダウンチューブに目を奪われるロングフォークチョッパー。宮城県のMarley Metal Fab.の高い鈑金技術が感じられる車両である。
CHERRY'S COMPANYのユウトが手掛けたTCカスタムに台湾のROUGH CRAFTSのオリジナルパーツを配したコラボカスタム。
CHERRY’S COMPANYのユウトが手掛けたTCカスタムに台湾のROUGH CRAFTSのオリジナルパーツを配したコラボカスタム。
ROUGH CRAFTSのヘッドライトグリルにフィンドエアクリーナー、台湾アーティストLimが手掛けた風神オーナメントにも注目!
ROUGH CRAFTSのヘッドライトグリルにフィンドエアクリーナー、台湾アーティストLimが手掛けた風神オーナメントにも注目!
ベンダーブースもヒートアップ! 写真は福岡から駆け付けたジンギーズのブース。浅川さん、お疲れさまでした!
ベンダーブースもヒートアップ! 写真は福岡から駆け付けたジンギーズのブース。浅川さん、お疲れさまでした!
D-CLUB MOTORCUCLEのブースにてJOINTS特別価格で販売されていた北斗の拳のジャギヘルメット。かなり精密に出来ているから驚かされる。
D-CLUB MOTORCUCLEのブースにてJOINTS特別価格で販売されていた北斗の拳のジャギヘルメット。かなり精密に出来ているから驚かされる。
コチラも同じくD-CLUB MOTORCUCLEのブースにて販売されたジェイソンヘルメット。血のりがリアル過ぎ!
コチラも同じくD-CLUB MOTORCUCLEのブースにて販売されたジェイソンヘルメット。血のりがリアル過ぎ!
SATO MARINE CYCLEが持ち込んだショベルヘッド。非常にクリーンに仕上げられた隙のない車両である。
SATO MARINE CYCLEが持ち込んだショベルヘッド。非常にクリーンに仕上げられた隙のない車両である。
イエローMCの遊びココロが炸裂したナックルヘッド。ディスプレイも含めてこの世界観は唯一無二と言えるはず。
イエローMCの遊びココロが炸裂したナックルヘッド。ディスプレイも含めてこの世界観は唯一無二と言えるはず。

注目のアイテムはコチラ