VIRGIN HARLEY | 1979年式 FLH フルカスタム

1979年式 FLH

  • 掲載日/2010年08月20日【フルカスタム】
  • 撮影/磯部 孝夫
    本記事は HOTBIKE japan vol.114 にて掲載されたものです
1979年式 FLHのフルカスタム画像
1979年式 FLHのフルカスタム画像

直線的なラインが印象の4速フレーム
プロにしか出せない緻密なモディファイ

ご覧のチョッパーは石川県金沢市の UPPER が製作した一台。ベースは1979年式の FLH。シルエットの要となる骨格は、ストックの4速フレームが活かされている。

「そもそものオーダーが4速フレーム + テレスコフォークで、それ以外はお任せで作らせてもらった」

ビルダー石川大はオーナーが託したイメージを汲み取るべく、4速フレームにしか実現できないチョッパーを企画した。しかし4速フレームベースのカスタムは今は巷にあふれている。小さいタンクに短いフェンダー、ドラッグパイプ。リジッドバーにしたところでもはやドラマチックな演出も望めない。ビルダーは骨格となる4速フレームを改めて観察していた。

「結局はご覧の通りで奇をてらう事無くシンプルにまとめた。ただしトータルのバランスとシルエットにはこだわっています。そのためにフレームに少々細工した。ほとんどの人は気づかない地味な加工なんだけど、それをやるとやらないとで完成時のバランスが異なります」

ネックからシート下にかけてのメインチューブに注目して欲しい。フレームのシートレール部が1インチほどロワードされメインチューブのラインが修正される緻密なモディファイ。でも確かにストックの4速フレームには、ここまで直線的なラインは存在しない。

かくして石川は4速フレームのチョッパーを心待ちにしていたオーナーに100% + αの満足を与えることに成功する。扱う素材の特性を見極めて、その素材を最大限に活かすこと。あっさりとしているがプロにしか出せない味。過去の HOTROD SHOW でアワードを獲得したビルダーの実力は健在である。

「実はこの7月になんとかうちも10周年を迎えました。ここ最近はカスタムショーもご無沙汰していますが、カスタムビルダーとしての自分の集大成と呼べるプロジェクトを製作中です」

1979年式 FLHのフルカスタム画像

1979年式 FLHのフルカスタム画像

カスタムの詳細をチェック!

1979年式 FLHのフルカスタム画像
手前にシェイブされたタンクはワンオフ製作。MS-GRAPHIX+PSYCHO-GRAFIXによる印象的なペイントワークも見所。
1979年式 FLHのフルカスタム画像
マスターシリンダーはカバーが取り外されている。やれたキャスティングの風合いが車両のテイストにベストマッチ。
1979年式 FLHのフルカスタム画像
跳ね上げられたボブフェンダーはTツイン製をベースに加工。マットで深いブルーにアイボリーのピンラインが粋だ。
1979年式 FLHのフルカスタム画像
ラウンドタイプのスイングアームを利用してロワード。サスペンションはリジッドバーに、アクスルはW支持で固定。
SHOP INFO.
住所/石川県金沢市湊2-120-10
電話/076-239-3336
ファックス/076-239-3376

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報