VIRGIN HARLEY | 1998年式 XL1200S フルカスタム

1998年式 XL1200S

  • 掲載日/2012年11月08日【フルカスタム】
  • 写真・文/HIRO(有森弘忠)
GEE MOTORCYCLES / 1998 XL1200S

1998 XL1200S(GEE MOTORCYCLES)

自転車をソースにした
ライトグリーン・スポーツ

スポーツスターならではのコンパクト&ナローなフォルムで、ひと言でヴィンテージと言うよりも、どこかレトロな雰囲気を感じさせる作り。このバイクを製作したのは、福岡の老舗ハーレーカスタムショップGEE-MCだ。イメージしたのは60~70年代のヨーロッパの自転車で、フロントホイールはスポークの物では自転車らしい可愛さと軽快感が出ないためキャストホイールをチョイス。そして実はこのホイール、社外ではなくハーレーの物で、ソフテイル・ロッカーCの物を流用しているのだ。ポリッシュ加工を施したトリプルツリーのボトムケースにマッチして純正品かと見間違えるほどのまとまり具合である。

中でも一番こだわったのがカラーリングとピンストデザイン。白に近い淡いグリーンで全体をまとい、ネック部分には旧い自転車に多く見られるエンブレム調のピンストをドローイング。タンクにはイタリアントリコロールとハーレー純正ロゴが描かれ、車両のパーツディテイルとカラーリングの一体感は、さすがと言ったバランスで構成されている。

今までに無く、かつ激しすぎることない唯一無二のバイク作りをカンパニーポリシーとしているGEE-MC。自信作の一台である。

老舗ならではの経験とスキルでバランス良くまとめたフォルム。スッキリとしていながらも各部の作り込みとディテイルのクオリティで、単なる「シンプル」さを払拭。またライディングポジションも考慮したデザインで、ロングランも楽にこなせるスタイルとなる。

カスタムの詳細をチェック!

違和感なく収まったソフテイルロッカーのホイール。ポリッシュされたボトムケースとの相性も良くキレイにまとめられている。
ネック部にエンブレム調で描かれたピンストはBOO氏によるもの。こういったワンポイントが車両のクオリティをアップさせる。
ハイマウントされたタンクにはイタリアカラーのラインが入る。さりげなくゴールドのラインが入ることで煌びやかな印象に。
どの角度から見ても違和感無く綺麗なアールを、と青木代表が製作したワンオフマフラー。エンド部にはブラスが装着される。
レザーではハードなスタイリングになるためアルカンターラ素材で柔らかくも高級感を感じさせるよう製作したワンオフシート。
アクスルプレート部も、さり気にトリコロールカラーで仕上げたタンクと同様、ゴールドのラインはチェーンの地色で演出している。
SHOP INFO.
住所/福岡県福岡市東区東浜1-14-53
tel&fax:092-633-2933
営業/11:00-20:00
定休日/水曜日・第一日曜
ピックアップ情報