VIRGIN HARLEY | XL883R 試乗インプレ

XL883Rの画像
HARLEY-DAVIDSON XL883R(2011)

XL883R

伝統の4カムエンジンを搭載する
スポーツスターのスタンダードモデル

幅が広くマシンを押さえ込みやすいXRバーのハンドルや、ハーレーワークスマシンを思わせるチェッカーグラフィックをあしらった燃料タンクを装備し、ダートトラックレーサーを思わせる XL883R。スポーツスターファミリーの中でも、高いスポーツ性を持つモデルとして人気を集めている1台だ。

883Rが登場したのは2002年。883ワンメイクのダートトラックレーサーをモチーフとした、走りを意識させるモデルとして誕生。デビュー当初は2in1マフラーを採用していたが、2004年モデル以降は2本出しマフラーに改められている。また、2004年はスポーツスターにとって大変革を迎えた年。エンジンのほとんどのパーツが新設計され、通称でニューエヴォリューションと呼ばれる世代に進化。フレームも新設計されるが、その最大の特徴はエンジンマウントがラバーマウント化されたこと。2008年からは吸気システムをインジェクション化。環境問題に対応するとともに、始動性向上など日常使用での利便性も向上させている。

XL883Rの特徴

XL883Rの画像

車高の高さが生み出す、高い運動性
シンプルながら煮詰められたシャシー性能

近年のハーレーは、全般的にローダウン化が進んでいる傾向がある。ロー&ロングは、クルーザーのひとつのアイコン。スタイリングの良さは認めざるを得ないが、国内の道路事情を考えると諸手を挙げての歓迎もできない。交差点で曲がるたびにステップやマフラーを擦るのは気持ちの良いものではないだろう。その点、883Rはサスペンションが長めで、車高が高く設定されている。ステップやマフラーの位置も高めなので、バンク角は充分に確保されている。これは、スポーツランだけでなく、日常使用でも大切な要素。

フロントブレーキにはダブルディスクを採用。これは883シリーズでは唯一。スポーツスターファミリーの中では、他にXR1200Xにしか採用されていない装備でもある。ブレーキディスクはリジッドタイプ、ブレーキキャリパーはピンスライド式の2ピストンと、メカニズム的に目新しさはないが制動力は充分。ハーレーはリヤブレーキで止まるもの…という考え方が古いものだとしても、ブレーキングのフロント依存度が高い車種だと言えるだろう。

XL883Rの試乗インプレッション

XL883Rの画像

アイドリングが高めなこともあり、発進は実にイージー。クラッチを繋ぐだけで、マシンは前へと進み出す。回転上昇は軽快で、スロットル開度に合わせてズンズンと速度が上がっていく。1200クラスのような、蹴り出されるような加速感は薄いのだが、Vツインらしいトルクバンドの広さはしっかりと確保されているので、ひとつのギヤのまま低回転域から高回転域までを使う走りが楽しめる。ただし、あまり高回転まで引っ張ると振動が辛い。レブリミットに当たるまで引っ張るような回し方をするより、早めにシフトアップして回転上昇を楽しむ方がいいだろう。エンジンといえば気になるのは鼓動感。はっきり言って、期待するほどのものはないかもしれない。ラバーマウント世代で、インジェクション化されたスポーツスターは、振動面はかなりマイルドだ。

XL883Rの画像

エンジンで特筆すべきはクラッチの軽さ。この排気量のエンジンとしては例外的に軽い。信号待ちなどで停止する時、ギヤを一速に入れたままクラッチを握っていても左手が辛くないほどだ。クラッチ操作の軽さは、ライダーの疲労度に大きく関わる部分。握力に自信がないビギナーや、女性ライダーならずとも有り難い特性だ。気になったのは、スロットルを全閉時から開いていくときのこと。ラフに開けるとドンツキする傾向があること。レスポンスが良いことの弊害なのだが、パーシャルを出すのがデリケートなのだ。高いギヤと低い回転数の組み合わせが使える大排気量Vツインなのだから、大切にしたい部分だと思うのだが……。

車体に目を向ければ、やはりバンク角の大きさが高ポイント。試乗ではワインディングも走ったのだが、それなりのペースで走り、わざと深くバンクさせてみたりもしたのにも関わらず、一度もマフラーやステップが接地することはなかった。ハンドリング自体は適度な手応えがあり、俊敏とまでは言えないものの軽快。オーバースピードでコーナーに進入すると車重の大きさがネガになるので、コーナー手前でしっかりと速度を落とし、スロットルを早めに開けることを意識して走るとキレイな二次旋回をみせてくれる。チョコマカした峠道ではなく、大きめのRのコーナーでドカッとリヤに荷重して、スロットルを開けながら曲がっていくのは実に気持ち良い。

XL883Rの画像

また、ブレーキも好印象。ダッブルディスク装備とはいえガツンとは効かないが、制動力自体は充分で車体をしっかりと減速させてくれる。そして、その「ガツンとこない」キャラクターがいい。これ以上フロントブレーキが効いたら、サスペンションが耐えられない。そう考えれば、実にバランス良くセットアップされている。また、ハーレーと言えばリヤブレーキ。ブレーキングのフロント依存が高いため、リヤの制動力は思ったほど高くはないが、とてもコントローラブル。ブレーキングやコーナリング、Uターン時の姿勢制御に活用すれば、走りのレベルを一段上げることができるに違いない。

XL883Rの画像

残念ながら乗り心地は上質とは言えない。設定自体は柔らかめなのだが、突き上げが強く路面からの衝撃がダイレクトに伝わってくる。ポジションがアップライトなこともあり、高速道路を延々を走るのは楽しいものではない。また、タンデムシートを装備してはいるものの、これはエマージェンシー用と割り切った方がいい。タンデムシートの面積自体が小さい上に、断面形状がセンター部が盛り上がったカマボコ状で、パッセンジャーの着座位置が安定しない。さらに、後ろ下がりのシート形状のため、走っていると後方にズリ落ちてしまうのだ。総じてコンフォート性はあまり高い評価は与えられない。だが、ラクに走りたいだけなら、他の車種を選べばいい。良い意味でのガサツさがあるワイルドな乗り味がスポーツスターの身上だ。しかもこれは、883R。軽快な乗り味こそを楽しみたい。車線変更するだけで、走る喜びを感じさせるバイクは希有なのだから。

XL883R の詳細写真

XL883Rの画像
エンジンはスポーツスター伝統の4カムVツイン。排気量はその名の示す通り 883ccで、’04年にデビューしたニューエボリューション系エンジンを搭載する。吸気にはインジェクションを採用、信頼性と使い勝手に優れたエンジン。
XL883Rの画像
エンジンのマウント方式にはラバーマウントを採用、振動低減に大きな効果をもたらしている。フレームの2本のアンダーチューブに挟まれた円形のパーツが、そのラバー。サイズの大きさに驚かされる。
XL883Rの画像
マフラーはテーパードタイプを採用。前後バンクが独立して見えるが、サイレンサーの陰の目立たない部分に連結パイプを設置。トルク特性の最適化を行っている。
XL883Rの画像
ドライブトレインは当然ベルトドライブで、高いマイレージ性能とメンテナンスフリー性は健在。スプロケットは2010年モデルからフロント28T → 29T、リア136T → 137Tとなり、より高速巡航に向いた設定へと変更されている。
XL883Rの画像
フロントブレーキは883シリーズ唯一のダブルディスクを搭載。キャリパーは片押しピンスライドの2ピストンタイプ、ブレーキディスクはリジッドマウントを採用する。フロントホイールは19インチのアルミキャストホイール。
XL883Rの画像
リヤタイヤは16インチの150/80サイズで、ホイールはフロントと同系デザインを採用したアルミキャストホイール。軽快感をスポイルするほど太すぎず、迫力が足りないほどは細くない、絶妙なサイズ設定。リヤブレーキは油圧式シングルディスク。
XL883Rの画像
キーシリンダーは、イグニションとハンドルロック別体式。ハンドルロックのシリンダーはクリック感がなく、慣れないとロックできているかがわかり辛い。そもそも、ハンドルロックとイグニションは一体式の方が便利だろう。位置的にも不可能ではないはずなので、改善を期待したい。
XL883Rの画像
左ハンドルスイッチは、ヘッドライトのHi/Lo、ホーン、左ウインカーのスイッチが設けられる。ウインカーのオートキャンセラーは、ほぼ正確に機能してくれて実に便利。国産車の集中スイッチに慣れていると、ウインカーとホーンを間違えやすいが、すぐに慣れるだろう。
XL883Rの画像
右ハンドルスイッチには、セルボタン、キルスイッチ、右ウインカーのスイッチが設けられる。左右のウインカースイッチを同時に押すことで、ハザードランプが点灯する。スイッチの数を増やさずに機能を増やす、合理的な設計だ。
XL883Rの画像
往年のダートトラックレーサーをモチーフに誕生したスポーツハーレー。 その軽快な動きは改めてバイクに乗る楽しさを与えてくれる。
XL883Rの画像
メーターはシンプルな1眼タイプで、スピードメーターのみ表示される。遊びの面でタコメーターが欲しいこともあるが、実用上は問題ない。液晶パネルは、オドメーター、ツイントリップメーター、時計が切り替え表示可能。視認性は良好だ。
XL883Rの画像
燃料タンクの容量は12.5L。一般道18km/L、高速道路26km/Lという燃費データを実走で得たが、一般道は峠で相当高回転まで回したもの。最低でも200km以上の航続距離は確保しているといえるだろう。タンクキャップには相変わらずキーロックが装備されていない、セキュリティ面からぜひとも追加装備を期待したい。
XL883Rの画像
オイルタンクのキャップはポップアップ式を採用。通常時は引っ込んでいるため、スタイリングを崩さない。車体右側に張り出しているのだが、ライディング時にライダーに干渉することはない。
XL883Rの画像
リヤフェンダーは、オーソドックスなダウンタイプ。形状的にはXL系 / FX系に通じるもので、ハーレーらしいスタイリングとなっている。それだけに、カスタム時にフェンダー形状を変更すれば、大きくイメージを変えることができるポイントになるだろう。
XL883Rの画像
シートはライダー、パッセンジャー一体形状。ライダー側の自由度は高く、居住性も悪くはないが、スポンジにもう少しコシがあれば疲労度が軽減されるだろう。パッセンジャー側シートは、面積が小さく形状も長時間のライディングには耐えられない。タンデムランは不可能ではないが、非常時の短距離移動専用と割り切るべきだろう。
XL883Rの画像
ステップは可倒式。かなり外側に張り出してるが、バンク時もそうそう擦ることはない。ライディング時のポジションは自然で好感のもてるもの。ただし、停車時に足を出す時には、体格や着用しているウェアによってスソに絡むことがあるようだ。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

関連する記事

注目のアイテムはコチラ