VIRGIN HARLEY | FLHTK ウルトラ リミテッド 試乗インプレ

2017年式 FLHTKの画像
HARLEY-DAVIDSON FLHTK(2017)

FLHTK ウルトラ リミテッド

フラッグシップに相応しい豪華装備
しかしその魅力は、豪快な走りにこそある

2014年の『プロジェクトラッシュモア』にて大幅な進化を遂げたウルトラリミテッドだが、2017年モデルでは完全新作エンジン『ツインクールドミルウォーキーエイト107』を搭載。排ガス規制の世界基準「EURO4」に対応するのはもちろん、排気量を拡大しVツインエンジン本来の性能を最大限に引き出すことに成功している。バッドウイングフェアリングやロワーフェアリングといった充実のツーリング装備、前後とも連動するブレーキングシステム、ハンドリングを軽快にする高剛性フレームと、最高のエンジンを生かす骨格を持ち合わせた最新鋭のメガクルーザー。いち早く渡米し、ワシントン州西端のオリンピック半島にてテストライドをおこなった。

FLHTK ウルトラ リミテッドの特徴

これぞ King of Highway
エンジンはツインクールド式

ひと目でハーレーダビッドソンだと分かるバッドウイングフェアリングをハンドルマウントし、その重さが操作系に影響しないようフロント17インチ、レイク角26度の熟成され尽くしたディメンションで対応。見た目では想像がつかぬほどワインディングでも軽快に走り、今回パワーアップされたVツインエンジンで、その走りにますます磨きをかけた。

FLHTK ウルトラ リミテッドの画像

4バルブ化によって「スムーズで軽やかになるばかりで、味気ないものになってしまったのかも……」と、試乗前は不安に思ったが、その心配は無用だった。昔ながらのハーレーVツインらしさがあり、ドコドコとした鼓動感に満ちたエンジンとなっている。全域でトルクが太くなって、より力強いパワーフィールを得ているが、45度Vツインならではの不等間隔爆発による心地良さを取り戻している。ツインカムをエボリューション以前のシングルカムにし、フライホイールを新設計して慣性を増したことによる影響だろう。

新生ミルウォーキーエイトエンジンには、ツインカム時代同様にシリンダーヘッドの排気バルブまわりに冷却のためのウォーターラインを持つツインクールド式も設定。ロワーフェアリングを持つウルトラ仕様に採用され、このウルトラリミテッドはその筆頭だ。

FLHTK ウルトラ リミテッドの画像

バットウイングフェアリングにLED式のヘッドライトや補助灯、大容量の積載量を誇るツアーパックなどを装備した威風堂々のスタイルは、フラッグシップモデルならでは。クオリティの高い外装のペイントも目を見張るものがある。

バリエーションモデルとしてサスペンションストロークを短くし、専用シートなどで足つき性を重視したウルトラリミテッドローもラインナップされるが、6段階調整機構付きのグリップヒーターはこのスタンダードにしかない。ハンドルグリップも太いインチ径のしっかりとしたものが用いられ、パッセンジャー用フットレストもコチラの方が大きい。

FLHTK ウルトラ リミテッドの画像

こちらはサスペンションをロープロファイル化し、専用シートによって足着き性をさらに向上させたウルトラ リミテッド ロー。堂々たるスタイルや装備内容はリミテッド同様だが、グリップヒーターは未搭載。グリップも握りが細く、手の小さい人でも操作しやすい。

当然、コンフォート性に長け、これぞ King of Highway と呼ばれるフラッグシップモデルに相応しいクルージング力。ロングライドでも疲れ知らずの大陸横断ツアラーだ。

FLHTK ウルトラ リミテッドの試乗インプレッション

1カム化によって、エボリューション以前の
鼓動感ある不等間隔爆発の旨味を取り戻した

FLHTK ウルトラ リミテッドの画像

前後サスペンションの一新で身のこなしが軽くなった。初期荷重ではしなやかに動き、路面を丁寧に追従し、負荷がかかるストロークの奥ではしっかりと踏ん張ってくれる。足まわりの強化は高速巡航での安心感向上だけでなく、ワインディングでも軽快な走りをもたらした。

8月下旬に発表されて以来、待ちに待ったファーストライドの機会。それは9月に入って間もない、アメリカ・ワシントン州タコマで開かれたメディア向け試乗会で得ることができた。ミルウォーキーエイト搭載車の実車を目の当たりにしてまず感じたのは、車体サイズに変更はなく、全体のムードはツインカム時代とほとんど変わらないこと。「一段とデカくなるのでは……」と懸念していたが、その点においてはひとまず安心だ。

跨ると足着き性が大幅に良くなっていることに気付く。プライマリーチェーンケースの出っ張りが少なくなっていて、カバーだけでなくケース自体も薄くなっている。左足が地面へ出しやすい。そして、エアクリーナーケースも張り出しがなくなっていて収まりが良い。燃料タンクを両膝でしっかりニーグリップできるから、加速時や減速時に安定感が増しライディングの次元を上げてくれる。

FLHTK ウルトラ リミテッドの画像

日本導入モデルは2017年式から、ヨーロッパ仕様に準ずることとなった。排気音がより元気になり、歯切れの良いサウンドが楽しめるはず。今回試乗したのは北米仕様で、音量規制の兼ね合いからエキゾーストノートがより元気だった。

始動がスムーズなのはセルモーターの強化によるもの。アイドリングが850回転と低く落ち着き、心地が良いのも報告しておかなければならない。ギアを入れ走り出すと、低中速トルクがさらに力強く、あっという間にクルージングスピードに達する。4バルブ化によってスムーズさばかりが際立ち、ドコドコとした鼓動感が影を潜めるのではないかと試乗前は不安に思ったが心配無用。1カム化、フライホイールの再設計、低回転化などさまざまな角度からのアプローチで、ハーレーのビッグツインらしさは健在どころか、エボリューション以前のようなテイスティなものを取り戻しているといっても過言ではないだろう。ハイウェイに上がると、頬が緩んだ。

FLHTK ウルトラ リミテッドの画像

より足着き性を向上させたウルトラ リミテッド ロー。シート高はスタンダードのウルトラリミテッドが740mm、ローが675mmと65mmほど低く、コンパクトなライディングポジションとなるようハンドルもプルバックされている。

FLHTK ウルトラ リミテッドの画像

身長175cmのテスターが乗った場合、ウルトラ リミテッド ローなら両足カカトまでベッタリ地面に届く。重量感のあるウルトラリミテッドで、この足着き性の良さは取り回し時に安心感が増し、ありがたい。しかし乗り心地の良さはスタンダードが上。どちらを選ぶかは乗り手次第だ。

FLHTK ウルトラ リミテッドの詳細写真

FLHTK ウルトラ リミテッドの画像
2016年式までツインカム103(1,689cc)だったエンジンは、ミルウォーキーエイト107(1,745cc)へスイッチ。排気バルブまわりにウォーターラインを設け冷却効果を高めたツインクールド式を、ミルウォーキーエイトでも踏襲している。
FLHTK ウルトラ リミテッドの画像
プライマリーチェーンケースの張り出しが抑えられ、足着き性を向上しているのは、ナローカバーの採用に加えてケース自体も薄型になっているから。スリッパークラッチもダイヤフラムスプリングをコイルバネに一新した新型に進化した。
FLHTK ウルトラ リミテッドの画像
制限速度70mphのハイウェイで、ハイスピードレンジでのクルージングも試したが、2014年式で改良されたバットウイングフェアリングの整流効果は相変わらず高い。強力なエンジンと高性能サスペンションを手に入れ、得意な高速巡航にますます磨きをかけた。
FLHTK ウルトラ リミテッドの画像
フェアリング内のインストゥルメントパネルに変更はない。右から電圧計、タコメーター、速度計、フューエルゲージがアナログ式で横並びし、その下には6.5インチのカラータッチパネルが埋め込まれる。試乗した米国ではナビゲーションシステムも使えたが、日本導入モデルでは未対応のままだ。
FLHTK ウルトラ リミテッドの画像
吸入容量を増やし、燃焼効率を高め出力アップに貢献する新設計のエアクリーナーケース。張り出しが抑えられ、ライダーはニーグリップがしやすくなった。また、カバーには美しいクロームメッキが施されるほか「107」あるいは「114」と、排気量を示す数値が入った。
FLHTK ウルトラ リミテッドの画像
フロントフォークが一新されたのも2017年式ツーリングファミリーの大きなトッピクス。SHOWA製デュアルベンディングバルブ・フロントフォークを採用し、ストローク量117mm、ローモデルでも98mmを確保した。乗り心地、運動性能を向上している。
FLHTK ウルトラ リミテッドの画像
2014年式の project RUSHMORE で刷新され使いやすくなったスイッチ類をそのまま継続。ハンドル左のスイッチボックス右下にはオートクルーズコントロールのスイッチがあり、ロングライドではなくてはならない装備となる。グリップエンドにはヒーターのダイヤルスイッチがあり、6段階で調整可能だ。
FLHTK ウルトラ リミテッドの画像
ロングライドでも疲れ知らずな座り心地の良い前後シート。パッセンジャーにはバックレストや肘掛けだけでなく、リアスピーカーとオーディオ操作のためのスイッチまでもを用意。そしてペアライドでも、ライディングフィールが大きく変わらないのもツーリングファミリーの魅力だ。
FLHTK ウルトラ リミテッドの画像
フルフェイスヘルメット2個を入れてもまだ余裕があるキングツアーパックの収納力。車体左右のハードサドルケースもあり、合計132リットルの容量を確保した。また、今回のテストライドでは雨に降られることがあったが、中に水が入ることは一切なく、荷物を濡らさずに済んだ。
FLHTK ウルトラ リミテッドの画像
後続車から見ても迫力を感じるリアまわり。キングツアーパックの上にはラゲッジラックが備わり、ここに荷物を積むこともできる。ハイマウントストップランプも追加され、安全性を高めているのも嬉しいかぎり。このバックビューに憧れる者は少なくない。
FLHTK ウルトラ リミテッドの画像
ウルトラリ ミテッドの車両本体価格(税込)はビビッドブラックの379万7,600円からで、写真のツートーン(ブラックヒルズゴールド / ブラッククオーツ)は388万6,600円。カスタム色のボンネビルブルー / ファーダムブルーが最上級のカスタムカラーで388万9,600円だ。
FLHTK ウルトラ リミテッドの画像
車両本体価格(税込)はウルトラ リミテッド ローの方が高く、ビビッドブラック387万2,600円から。カラーバリエーションはスタンダードと同じで、写真のカスタム色ボンネビルブルー / ファーダムブルーは396万1,600円となっている。(PHOTO 青木タカオ)
FLHTK ウルトラ リミテッドの画像
アメリカ・タコマ(ワシントン州)で開催されたミルウォーキーエイト技術説明会およびメディア向け試乗会では、2017年式ツーリングファミリーおよびCVO2機種に乗った。そのインプレッションレポートも引き続き順次レポートしていく予定だ。

こんな方にオススメ

飽くなき冒険心を心に持つ
タフなツーリストにこそ乗って欲しい

誰もが認めるハーレーダビッドソンの頂上モデル。その所有感はこの上ないもので、手にしたことの歓びは凄まじく大きいものになるだろう。しかし、ロングライドでのコンフォート性、ハイウェイクルージングでの余裕あるライディングは上質な走りを求める真のライダーにこそ高く評価される。飽くなき冒険心を心に持つ、タフなツーリストにこそ乗っていただきたい。

想像してみてほしい、ウルトラリミテッドでの旅を。鼓動感のあるツインクールドミルウォーキーエイト107が心地良いVツインサウンドを奏で、ゆったりとしたライディングポジションのままハイウェイをどこまでも突き進む。荷物はラゲッジスペースに余裕を持って余すことなく収まり、雨が降ったときのレインウェアもスマートに取り出せる。

予約を入れた宿泊先は1ランク上の大人の旅館。オートバイでの到着に戸惑いを感じられてしまうかもしれないと不安が頭を過ぎるが、心配は無用だった。ハーレーダビッドソンのフラッグシップモデルなら、一目置かれること間違いない。大人のライダーに選んで欲しい、特別な1台だ。

試乗ライダー プロフィール
青木 タカオ
雑誌 Virgin Harley 編集長を務める傍ら、多くのバイク専門誌、一般誌、WEBメディアに寄稿するモーターサイクルジャーナリスト。10代の頃からモトクロスレースでライディングの基礎を学び、現在では競技用オフロードモデルから、サーキットでのロードスポーツモデルの試乗インプレッションまで手広く担当する。また、バイクの仕組みを解説する著書もある。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報