VIRGIN HARLEY | 2011 COOL-BREAKER 13th #03 トピックス

2011 COOL-BREAKER 13th #03

Hotbike Japan.comコンテンツ
お台場の青海パーキングは来場者の車両で埋め尽くされた。怒濤のカスタムマシンから等身大のガレージチョッパーまで1000台オーバーの車両が集まった。
お台場の青海パーキングは来場者の車両で埋め尽くされた。怒濤のカスタムマシンから等身大のガレージチョッパーまで1000台オーバーの車両が集まった。

ライドインショーをメインとしたアウトライドカスタムショーとして姿を変えてお台場の青海パーキングで2011.10.16(SUN)に開催された今期のクールブレイカー。イベントのメインコンテンツである出展されたカスタムマシンのアウトライドショーはもちろんのこと、会場内に設置された来場者の駐車場も見逃せない。同じ敷地内ということもあり、駐車場を散策する来場者は例年に比べても多かったと言える。今期のクールブレイカーの見所は出展車両、ベンダーブース、アウトライドショー、そして駐車場のマシンがひとつの会場で楽しめるということに尽きる。それではガレージショーならではの駐車場をレポート!

スカルダグリー、マスターの愛車46ナックルヘッド。後ろ下がりのこのスタイリングにこだわりアリ。徹底的に走り込まれた、まさに愛機と言える存在。
スカルダグリー、マスターの愛車46ナックルヘッド。後ろ下がりのこのスタイリングにこだわりアリ。徹底的に走り込まれた、まさに愛機と言える存在。
フラッティベースのバーホッパー。ハイマウントされたスポーツスタータンクにスカルダグリーのオリジナルシートがポイントとなっている。
フラッティベースのバーホッパー。ハイマウントされたスポーツスタータンクにスカルダグリーのオリジナルシートがポイントとなっている。
ショベルヘッドをベースとしたガレージチョッパー。マスタングタンクに純正エンブレムが粋。絞り込まれたアップハンドルで軽快なポジションを入手。
ショベルヘッドをベースとしたガレージチョッパー。マスタングタンクに純正エンブレムが粋。絞り込まれたアップハンドルで軽快なポジションを入手。
立体的な造型が施されたピーナッツタンクが個性的なショベルヘッド。フラットグリーンのカスタムペイントに合わせ、ヘルメットもコーディネイト。
立体的な造型が施されたピーナッツタンクが個性的なショベルヘッド。フラットグリーンのカスタムペイントに合わせ、ヘルメットもコーディネイト。
ナイトイエーガーのEVOスポーツカスタム。アルミ製のエクステリアにオリジナルシート、ショートショックで武装したオンリーワン。
ナイトイエーガーのEVOスポーツカスタム。アルミ製のエクステリアにオリジナルシート、ショートショックで武装したオンリーワン。
上方へエクステンドされたステムヘッドがポイントとなるショベルヘッド。グースネックテイストの美しい曲線を描くダウンチューブも必見だ。
上方へエクステンドされたステムヘッドがポイントとなるショベルヘッド。グースネックテイストの美しい曲線を描くダウンチューブも必見だ。
ツインカムのFXDをベースに製作されたコチラのマシン。マフラー、シート形状から察するに、手掛けたのはブラットスタイルに間違いないだろう。
ツインカムのFXDをベースに製作されたコチラのマシン。マフラー、シート形状から察するに、手掛けたのはブラットスタイルに間違いないだろう。
昨年のクールブレイカーに出展されたスリープウォーカーの93FLSTFカスタム。今年は展示スペースではなく、駐車場に停められていた。
昨年のクールブレイカーに出展されたスリープウォーカーの93FLSTFカスタム。今年は展示スペースではなく、駐車場に停められていた。
ナロードタンクのフォルムが特徴的なパンヘッド。カムカバーから、おそらく最終65年のエレクトラグライドベースであろう。前後のHリムがグッド!
ナロードタンクのフォルムが特徴的なパンヘッド。カムカバーから、おそらく最終65年のエレクトラグライドベースであろう。前後のHリムがグッド!
EVOスポーツスターをベースとしたライトカスタム。カットフェンダーにソロシート、オーリンズサスで走りも抜かりなしの一台である。
EVOスポーツスターをベースとしたライトカスタム。カットフェンダーにソロシート、オーリンズサスで走りも抜かりなしの一台である。
ハイマウントされたフューエルタンクのペイズリーペイントは、レースペイントを思わせる緻密さである。カチ上げられたハンドルバーもポイント。
ハイマウントされたフューエルタンクのペイズリーペイントは、レースペイントを思わせる緻密さである。カチ上げられたハンドルバーもポイント。
パンヘッドモーターを搭載した怒濤のロングフォークチョッパー。ホワイト&ピンクのカラーリングがなんともキョート。スタイリングも文句なし。
パンヘッドモーターを搭載した怒濤のロングフォークチョッパー。ホワイト&ピンクのカラーリングがなんともキョート。スタイリングも文句なし。
21オンスデニムで名を馳せるアイアンハートのデモマシン。製作はテイスト河内山アキラ。オリジナルのXRスタイルは永遠のスタンダードである。
21オンスデニムで名を馳せるアイアンハートのデモマシン。製作はテイスト河内山アキラ。オリジナルのXRスタイルは永遠のスタンダードである。
ワイグラフォークが存在感を放つショベルチョッパー。エッグタンクのDIYと思われるフレイムスがイイ雰囲気。錆が浮いたフラットフェンダーも○。
ワイグラフォークが存在感を放つショベルチョッパー。エッグタンクのDIYと思われるフレイムスがイイ雰囲気。錆が浮いたフラットフェンダーも○。
後方にスラリと伸びたショットガンマフラーが見所のパンヘッドチョッパー。ワイグラフォークにチョップドタンク、シッシーバーもバランス良好。
後方にスラリと伸びたショットガンマフラーが見所のパンヘッドチョッパー。ワイグラフォークにチョップドタンク、シッシーバーもバランス良好。
今から10年以上も前にホットドックが製作したEVOスポーツスターベースのストリートリーガル。ホットドック定番のドラッグスタイルは廃れることはない。
今から10年以上も前にホットドックが製作したEVOスポーツスターベースのストリートリーガル。ホットドック定番のドラッグスタイルは廃れることはない。
スポーツスターのロードホッパーベースのチョッパー。エクステリアをメインにカスタムが施されたスペシャルワン。ホワイトシートが軽快な印象である。
スポーツスターのロードホッパーベースのチョッパー。エクステリアをメインにカスタムが施されたスペシャルワン。ホワイトシートが軽快な印象である。
ツインカムをベースとした見応えある2台。落ち着いたカラーリングとデザインで大人が乗るカスタムマシンという洒落たイメージである。
ツインカムをベースとした見応えある2台。落ち着いたカラーリングとデザインで大人が乗るカスタムマシンという洒落たイメージである。
クリップオンハンドルが装着されたEVOスポーツ。下方にオフセットされたヘッドライトにより、さらに低い印象を見る者に与える戦闘的なマシン。
クリップオンハンドルが装着されたEVOスポーツ。下方にオフセットされたヘッドライトにより、さらに低い印象を見る者に与える戦闘的なマシン。
AMF時代のグラフィックが描かれたタンクがポイントのEVOスポーツ。ブラックアウトされたマフラーにスパルトテールなどディテイルも抜かりなし。
AMF時代のグラフィックが描かれたタンクがポイントのEVOスポーツ。ブラックアウトされたマフラーにスパルトテールなどディテイルも抜かりなし。
チェーンが剥き出しの1次ドライブがハードな印象のパンヘッドチョッパー。ベアメタルのフューエルタンクとグリーンのグリップがアクセントになっている。
チェーンが剥き出しの1次ドライブがハードな印象のパンヘッドチョッパー。ベアメタルのフューエルタンクとグリーンのグリップがアクセントになっている。
定番のフリスコフェンダーが取り付けられたショベルチョッパー。ハイマウントタンク&スプリングマウントのサドルシートから軽快な印象を受ける。
定番のフリスコフェンダーが取り付けられたショベルチョッパー。ハイマウントタンク&スプリングマウントのサドルシートから軽快な印象を受ける。
数年前にフェイテックが手掛けたショベルヘッド。グラデーションを多用したカスタムペイントはシェイキン清水の仕事。これからもガンガン走って欲しい。
数年前にフェイテックが手掛けたショベルヘッド。グラデーションを多用したカスタムペイントはシェイキン清水の仕事。これからもガンガン走って欲しい。
ツインカムソフテイルをベースにエクステンドされたステムヘッドが見せ場のロングフォークチョッパー。ドリルドステップなどディテイルも見逃せない。
ツインカムソフテイルをベースにエクステンドされたステムヘッドが見せ場のロングフォークチョッパー。ドリルドステップなどディテイルも見逃せない。
ストレッチされたリジッドフレームが特徴的なコチラのチョッパー。前後のブロックタイヤとエンドが3本に別れるワンオフマフラーに注目したい。
ストレッチされたリジッドフレームが特徴的なコチラのチョッパー。前後のブロックタイヤとエンドが3本に別れるワンオフマフラーに注目したい。
エッグタンクが取り付けられたEVOスポーツ。74スプリンガーに絞り込まれたアップハンドル、カットリアフェンダーで無二の存在感を演出。
エッグタンクが取り付けられたEVOスポーツ。74スプリンガーに絞り込まれたアップハンドル、カットリアフェンダーで無二の存在感を演出。
サンダンス製のコブラタンクが只ならぬ迫力のハイエンドマシン。ショベルヘッドがベースであるが、おそらくサンダンスによるチューニング済みであろう。
サンダンス製のコブラタンクが只ならぬ迫力のハイエンドマシン。ショベルヘッドがベースであるが、おそらくサンダンスによるチューニング済みであろう。
ゼロエンジニアリング店長の前田さんが手掛けたフラッティ。今から数年前の製作であるが、古さなど微塵も感じさせないオリジナルスタイル。
ゼロエンジニアリング店長の前田さんが手掛けたフラッティ。今から数年前の製作であるが、古さなど微塵も感じさせないオリジナルスタイル。
定番のエッグタンクが取り付けられたナックルヘッド。レザーの切り返しがポイントとなるサドルシートが面白い。非常にデザイン製の高いディテイルである。
定番のエッグタンクが取り付けられたナックルヘッド。レザーの切り返しがポイントとなるサドルシートが面白い。非常にデザイン製の高いディテイルである。
定番のパンヘッドチョッパーかと思いきや差に非ず。リアフェンダーのタイヤとのクリアランスやコブラシートのマウントなど只ならぬこだわりが潜んでいる。
定番のパンヘッドチョッパーかと思いきや差に非ず。リアフェンダーのタイヤとのクリアランスやコブラシートのマウントなど只ならぬこだわりが潜んでいる。
今期の神戸ニューオーダーショーに出展されたレッドホットモーターサイクルのインディアン。バイザーを筆頭に、この異様な雰囲気はズバ抜けている。
今期の神戸ニューオーダーショーに出展されたレッドホットモーターサイクルのインディアン。バイザーを筆頭に、この異様な雰囲気はズバ抜けている。
パンヘッドベースのロングフォークチョッパー。極端に絞り込まれたハンドルバーに目を奪われるが、マシンのスタイリングは均整の取れたものである。
パンヘッドベースのロングフォークチョッパー。極端に絞り込まれたハンドルバーに目を奪われるが、マシンのスタイリングは均整の取れたものである。
波のようにうねるマフラーが個性的なEVOソフテイルチョッパー。タンクグラフィックもマフラーに合わせてディフォルメされたフレイムスで雰囲気がある。
波のようにうねるマフラーが個性的なEVOソフテイルチョッパー。タンクグラフィックもマフラーに合わせてディフォルメされたフレイムスで雰囲気がある。
EVOスポーツスターベースのマシンであるが、ショベルスポーツ時代のタンクグラフィックで、何ともノスタルジックなイメージに仕上げられている。
EVOスポーツスターベースのマシンであるが、ショベルスポーツ時代のタンクグラフィックで、何ともノスタルジックなイメージに仕上げられている。
ブラックアウトされたエンジン&エクステリアでソリッドな雰囲気にフィニッシュされたEVOスポーツ。タイトなドラッグバーで攻撃的なポジションを実現。
ブラックアウトされたエンジン&エクステリアでソリッドな雰囲気にフィニッシュされたEVOスポーツ。タイトなドラッグバーで攻撃的なポジションを実現。
フルドレスのFLHショベルヘッド。赤のウインドシールドやフレームダウンチューブのライト類から「デコトラ」テイストを醸し出すファニーな1台である。
フルドレスのFLHショベルヘッド。赤のウインドシールドやフレームダウンチューブのライト類から「デコトラ」テイストを醸し出すファニーな1台である。
ストックスタイルを保持するフラットヘッド。リアキャリアはワンオフ製作されたものであろう。ロングツーリングも余裕でこなすフラッティだ。
ストックスタイルを保持するフラットヘッド。リアキャリアはワンオフ製作されたものであろう。ロングツーリングも余裕でこなすフラッティだ。
スタンダードなフォルムのパンヘッドチョッパーであるが、ポイントはハンドルにある。潔い幅広のストレートバーで個性を演出している。
スタンダードなフォルムのパンヘッドチョッパーであるが、ポイントはハンドルにある。潔い幅広のストレートバーで個性を演出している。
タンクのトンネルを無視したハイマウント。これぞB級チョッパーという出来のアイアンである。ヤレたフレイムスもならではの味を醸し出している。
タンクのトンネルを無視したハイマウント。これぞB級チョッパーという出来のアイアンである。ヤレたフレイムスもならではの味を醸し出している。
ネイバーフッド滝沢さんのナックルチョッパー。メッキタンクに彫金が施されたカムカバー、そしてこのヘッドライトが最大の特徴となっている。
ネイバーフッド滝沢さんのナックルチョッパー。メッキタンクに彫金が施されたカムカバー、そしてこのヘッドライトが最大の特徴となっている。
ホットドックのラジアル4バルブエンジンが搭載されたダートトラッカー。オーリンズの極太倒立フォークとビレット製の三つ又は伊達じゃない!
ホットドックのラジアル4バルブエンジンが搭載されたダートトラッカー。オーリンズの極太倒立フォークとビレット製の三つ又は伊達じゃない!

注目のアイテムはコチラ