VIRGIN HARLEY | COOL-BREAKER 15th #02 2013クールブレイカーの 駐車場からレポート トピックス

COOL-BREAKER 15th #02 2013クールブレイカーの 駐車場からレポート

Hotbike Japan.comコンテンツ
この無二のスタイルから、ホットドックが手掛けたカスタムだとひと目で分かる圧倒的な個性を宿すEVOカスタム。リアのリンクサスに注目。
この無二のスタイルから、ホットドックが手掛けたカスタムだとひと目で分かる圧倒的な個性を宿すEVOカスタム。リアのリンクサスに注目。

昨年は原点に立ち返り、パシフィコ横浜でインドアカスタムショーとして開催されたクールブレイカー。今年は去る11月3日(日)にレースイベントの様相を濃くし、FUJIスピードウェイ・ショートサーキットで開催された。VDAのレギュレーションに準じた愛車でのドラッグレースや往年のスポーツスターカップに準じたフリーサーキットラン、LOC、さらにAVCCビンテージレーサーによるフリーサーキットランなどが開催され、ショートサーキットのコースは大賑わい。青空のもとガレージセールやペインターエリアも用意され、来場者を楽しませた。もちろんクールブレイカーのキモであるカスタムマシンの展示や目玉コンテンツのライドインショーも行われ、コースは熱気に包まれた。それではサーキットイベントとして生まれ変わったクールブレイカー15thの全貌をお届けしよう!

グッドコンディションの1947年式FLナックルヘッド。47年式と言えば、ナックルのラストイヤーモデルである。まさに歴史的価値のある一台と言える。
グッドコンディションの1947年式FLナックルヘッド。47年式と言えば、ナックルのラストイヤーモデルである。まさに歴史的価値のある一台と言える。
ゼロエンジニアリングが過去に手掛けたナックルカスタム。この低く身構えたフォルムは今見ても新鮮。まさに時を超えるカスタムマシンである。
ゼロエンジニアリングが過去に手掛けたナックルカスタム。この低く身構えたフォルムは今見ても新鮮。まさに時を超えるカスタムマシンである。
オフセットされたヘッドライトがポイントのSVボッバー。ウインドシールドを外せば、このままAVCCのレースに参加できそうな車両だ。
オフセットされたヘッドライトがポイントのSVボッバー。ウインドシールドを外せば、このままAVCCのレースに参加できそうな車両だ。
ファクトリーカスタムの金字塔、FXSローライダー。この車両はハーレーFXモデルの礎を築いた記念すべきモデルと言えるだろう。
ファクトリーカスタムの金字塔、FXSローライダー。この車両はハーレーFXモデルの礎を築いた記念すべきモデルと言えるだろう。
パンショベルモーターをリジッドフレームに搭載したコチラのマシン。センターに取り回されたサンダーヘッダーマフラーがスピードを予感させるカスタムである。
パンショベルモーターをリジッドフレームに搭載したコチラのマシン。センターに取り回されたサンダーヘッダーマフラーがスピードを予感させるカスタムである。
まるで日章旗のようなゴールドのカスタムペイントが施されたピーナッツタンクがアイコンとなるショベルチョッパー。タイトなフォルムも◎。
まるで日章旗のようなゴールドのカスタムペイントが施されたピーナッツタンクがアイコンとなるショベルチョッパー。タイトなフォルムも◎。
シャープなシートカウルがリアエンドの要となるショベルカスタム。ハイマウントされたスポーツスタータンクとのバランスも良好。
シャープなシートカウルがリアエンドの要となるショベルカスタム。ハイマウントされたスポーツスタータンクとのバランスも良好。
走りを意識したパンヘッドチョッパー。ミッドコントロールにアップハンドルが作り出すポジションは快適そのもの。ウインドシールドでロングランも問題なし。
走りを意識したパンヘッドチョッパー。ミッドコントロールにアップハンドルが作り出すポジションは快適そのもの。ウインドシールドでロングランも問題なし。
ワインレッドのカラーリングが美しい、AMF時代のショベルスポーツ。純正度の高いグッドコンディションの車両である。
ワインレッドのカラーリングが美しい、AMF時代のショベルスポーツ。純正度の高いグッドコンディションの車両である。
ハイマウントされたエッグタンクがポイントとなるショベルチョッパー。スプリングフォーク&ライザーバーでタイトに仕上げられている。
ハイマウントされたエッグタンクがポイントとなるショベルチョッパー。スプリングフォーク&ライザーバーでタイトに仕上げられている。
走りを意識したエボリューションのFXR。フロントブレーキにはAPレーシングのキャリパーをダブルで装備。ストッピングパワーも申し分ナシ!
走りを意識したエボリューションのFXR。フロントブレーキにはAPレーシングのキャリパーをダブルで装備。ストッピングパワーも申し分ナシ!
JENE CHOPPERSが手掛けたワイドグライドショベルスポーツ。モールディングされたフューエルタンクとリアフェンダーの作りが見所となっている。
JENE CHOPPERSが手掛けたワイドグライドショベルスポーツ。モールディングされたフューエルタンクとリアフェンダーの作りが見所となっている。
レアなホモロゲーションモデルであるXR1000。XLXの腰下とXR750のシリンダーヘッドを組み合わせた当時のスポーツスター最速モデル。
レアなホモロゲーションモデルであるXR1000。XLXの腰下とXR750のシリンダーヘッドを組み合わせた当時のスポーツスター最速モデル。
アーリーショベルをベースに製作されたボッバーテイスト溢れるコチラのマシン。ストレッチされたワイグラフォークとハンドルバーがポイント。
アーリーショベルをベースに製作されたボッバーテイスト溢れるコチラのマシン。ストレッチされたワイグラフォークとハンドルバーがポイント。
タイトかつコンパクトに仕上げられたナックルチョッパー。鉄の質感が剥き出しのワイルドなマシンである。
タイトかつコンパクトに仕上げられたナックルチョッパー。鉄の質感が剥き出しのワイルドなマシンである。
赤のカラーリングに目を奪われる1941年式のUH。リアフェンダー上に設置されたキャリアがリアエンドのポイントとなっている。
赤のカラーリングに目を奪われる1941年式のUH。リアフェンダー上に設置されたキャリアがリアエンドのポイントとなっている。
ショベルスポーツをベースに仕上げられたロングフォークチョッパー。後ろ下がりのスタイリングがいい雰囲気である。
ショベルスポーツをベースに仕上げられたロングフォークチョッパー。後ろ下がりのスタイリングがいい雰囲気である。
ブラックモーターが特徴的なFXBスタージス。昨今のH-Dダークカスタムの先駆けとも言えるファクトリーカスタムマシンだ。
ブラックモーターが特徴的なFXBスタージス。昨今のH-Dダークカスタムの先駆けとも言えるファクトリーカスタムマシンだ。
EVOスポーツをベースに製作されたコンパクトなカスタム。ゴールドリーフを多用したカスタムペイントが、ならではの雰囲気を醸し出している。
EVOスポーツをベースに製作されたコンパクトなカスタム。ゴールドリーフを多用したカスタムペイントが、ならではの雰囲気を醸し出している。
JENE CHOPPERS&Shakin'が手掛けたナックルチョッパー。過去にいろんなイベントで展示されたマシンなので見覚えのある方も多いだろう。
JENE CHOPPERS&Shakin’が手掛けたナックルチョッパー。過去にいろんなイベントで展示されたマシンなので見覚えのある方も多いだろう。
エキセントリックなフォルムのフューエルタンクがアイコンとなるJENEのショベルヘッド。カラーリングも刺激的だ。
エキセントリックなフォルムのフューエルタンクがアイコンとなるJENEのショベルヘッド。カラーリングも刺激的だ。
ワイルドなナックルヘッドボッバー。ブラックのエクステリアに赤のシートが映えるマシンである。
ワイルドなナックルヘッドボッバー。ブラックのエクステリアに赤のシートが映えるマシンである。
EVOソフテイルをベースに軽快に製作されたコチラのマシン。グリーンベースのフレークが美しいカスタムペイントに目を奪われる。
EVOソフテイルをベースに軽快に製作されたコチラのマシン。グリーンベースのフレークが美しいカスタムペイントに目を奪われる。
ナックルヘッドをタイトなロングフォークチョッパーにフィニッシュ。ポップな印象のカスタムペイントが印象的な一台。
ナックルヘッドをタイトなロングフォークチョッパーにフィニッシュ。ポップな印象のカスタムペイントが印象的な一台。
メタル感を前面に押し出したコフィンタンクとワイドグライドフォーク、幅広のプルバックバーが見所となるショベルヘッド。
メタル感を前面に押し出したコフィンタンクとワイドグライドフォーク、幅広のプルバックバーが見所となるショベルヘッド。
シンプルなハイドラボッバー。気負いなく、日常の足として使用されていることが伺い知れるマシンである。
シンプルなハイドラボッバー。気負いなく、日常の足として使用されていることが伺い知れるマシンである。
絞り込まれたエイプハンガーがスタイリングの要となっているショベルスポーツ。ボルドオンハードテイルで限りなくコンパクトにフィニッシュ。
絞り込まれたエイプハンガーがスタイリングの要となっているショベルスポーツ。ボルドオンハードテイルで限りなくコンパクトにフィニッシュ。
ショベルのビッグツインベースでありながら、信じられないほどコンパクトに製作されたコチラのマシン。タイトなナローバーに絶句!
ショベルのビッグツインベースでありながら、信じられないほどコンパクトに製作されたコチラのマシン。タイトなナローバーに絶句!
大胆にアンダーパネルがカットされたフューエルタンクがシャープな印象のパンヘッドカスタム。ミッドハイステップがコンパクトなポジションを実現している。
大胆にアンダーパネルがカットされたフューエルタンクがシャープな印象のパンヘッドカスタム。ミッドハイステップがコンパクトなポジションを実現している。