VIRGIN HARLEY | JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2014 最速レポート トピックス

JOINTS CUSTOM BIKE SHOW 2014 最速レポート

Hotbike Japan.comコンテンツ
開催日前日の搬入日。PAINT WALLに参加するために水戸から名古屋に駆けつけたシェイキン。ブースに展示するパンヘッドをトランポから降ろす清水さん。
開催日前日の搬入日。PAINT WALLに参加するために水戸から名古屋に駆けつけたシェイキン。ブースに展示するパンヘッドをトランポから降ろす清水さん。

日本を代表するカスタムショーへと成長した名古屋発信の「JOINTS CUSTOM BIKE SHOW」。2014.04.20、恒例のポートメッセ名古屋で開催された今期のショーでは入場者数8,500人、そして昨年を大きく上回る出展カスタムマシンは320台を記録。前日の天気予報では「曇り」との予報であったが、午前中からポツリポツリと小雨が降りだした。しかし来場者用駐車場にはバイクが溢れていた。やはり名古屋のカスタムフリークは熱い! もちろん会場内も盛り上がっていた。ポートメッセ名古屋の中でも最大級の3号館に場所を移して開催された今期のJOINTSであったが、会場内はオーディエンスでスシ詰め状態。朝10時の会場前にはJOINTS恒例の長蛇の列ができていたことは言うまでもないだろう。カスタムペインターが集結するペイントウォールにライドインショー、さらに今期もショベルヘッドカスタムのプレゼント企画が用意され、来場者はヒートアップ! 今回はJOINTS 2014の網様を3回に分けてレポート。それでは第一弾をお届けしよう!

搬入日はどこのブースも大忙し。お馴染みイージーライダースのブースでは大量のパーツ&アイテムが続々と整理されていく。
搬入日はどこのブースも大忙し。お馴染みイージーライダースのブースでは大量のパーツ&アイテムが続々と整理されていく。
東京から名古屋まで自走でやってきたセレクテッドの西岡さんもカスタムマシンを会場に搬入。帰りの雨は大丈夫でしたか?
東京から名古屋まで自走でやってきたセレクテッドの西岡さんもカスタムマシンを会場に搬入。帰りの雨は大丈夫でしたか?
コチラも搬入日のお馴染みの光景。手塩にかけて製作したカスタムマシンの晴れ舞台なので、最後の仕上げとして綺麗に磨き上げる。
コチラも搬入日のお馴染みの光景。手塩にかけて製作したカスタムマシンの晴れ舞台なので、最後の仕上げとして綺麗に磨き上げる。
モーターサイクルカスタムショーとして不動の地位を築き上げた名古屋発信のJOINTS CUSTOM BIKE SHOW。今シーズンも熱い一日がはじまる。
モーターサイクルカスタムショーとして不動の地位を築き上げた名古屋発信のJOINTS CUSTOM BIKE SHOW。今シーズンも熱い一日がはじまる。
朝10時の開場前には、ご覧のように長蛇の列が! 会場の外まで数百メートルに渡って待ち切れない来場者が列をなしていた。
朝10時の開場前には、ご覧のように長蛇の列が! 会場の外まで数百メートルに渡って待ち切れない来場者が列をなしていた。
千葉県柏市から参加のA-syksが持ち込んだEVOカスタム。絶妙のサジ加減でサラリと製作されている。現在売り出し中とのことなので、気になる方は問い合わせを。
千葉県柏市から参加のA-syksが持ち込んだEVOカスタム。絶妙のサジ加減でサラリと製作されている。現在売り出し中とのことなので、気になる方は問い合わせを。
ユーロカスタムの第一人者、BAD LANDが手掛けた渾身のV-RODカスタム。Rick's製の前後ホイールにNO LIMIT CUSTOMの外装など、ハイエンドの極み。
ユーロカスタムの第一人者、BAD LANDが手掛けた渾身のV-RODカスタム。Rick’s製の前後ホイールにNO LIMIT CUSTOMの外装など、ハイエンドの極み。
地元愛知県のFEWが持ち込んだフリスコチョッパー。ビルダー百瀬のオートバイに対する美意識が投影されたバランスのイイ一台。
地元愛知県のFEWが持ち込んだフリスコチョッパー。ビルダー百瀬のオートバイに対する美意識が投影されたバランスのイイ一台。
MC FORCEが製作したナックルボッバー。アップスイープのフィッシュテールマフラーの取回しに個性を投影。エンジンの彫金はシルバースミスFinの仕事。
MC FORCEが製作したナックルボッバー。アップスイープのフィッシュテールマフラーの取回しに個性を投影。エンジンの彫金はシルバースミスFinの仕事。
京都ホットチョップのブランニューチョッパー。一見サラリと仕上げられたマシンのように見受けられるが、その実……
京都ホットチョップのブランニューチョッパー。一見サラリと仕上げられたマシンのように見受けられるが、その実……
凝った造形のライザーバーに各部の鋳物パーツ、ショートシッシーバーに取り付けられたナンバーの位置も絶妙。要所の3本ラインモチーフもポイントだ。
凝った造形のライザーバーに各部の鋳物パーツ、ショートシッシーバーに取り付けられたナンバーの位置も絶妙。要所の3本ラインモチーフもポイントだ。
低く身構えた戦闘的なフォルムが特徴的なEVOカスタム。ロッカーカバーを覆うフューエルタンクからオイルタンクを兼ねるシートカウルまでの流れがキモ。
低く身構えた戦闘的なフォルムが特徴的なEVOカスタム。ロッカーカバーを覆うフューエルタンクからオイルタンクを兼ねるシートカウルまでの流れがキモ。
60年代テイストのオーセンティックなチョッパーを得意とするHAMANSが製作したショベルヘッド。マフラーエンドやショートシッシーバーに注目。
60年代テイストのオーセンティックなチョッパーを得意とするHAMANSが製作したショベルヘッド。マフラーエンドやショートシッシーバーに注目。
新たな試みとしてDJブースを設置し、車両を展示した車坂下。新作のショベルスポーツチョッパーとパンヘッドカスタムは同店ならではの仕上がり。
新たな試みとしてDJブースを設置し、車両を展示した車坂下。新作のショベルスポーツチョッパーとパンヘッドカスタムは同店ならではの仕上がり。
CAR EXHIBITIONとしてパラダイスロードの1927 FORD GALAXIANが展示された。我が国を代表するホットロッドカスタムと言える。
CAR EXHIBITIONとしてパラダイスロードの1927 FORD GALAXIANが展示された。我が国を代表するホットロッドカスタムと言える。
毎年恒例のピンスト&レタリングエリア、PAINT WALLにはシェイキン清水さんに広島から駆けつけた雑貨屋ポッポのLOUさんも参加。
毎年恒例のピンスト&レタリングエリア、PAINT WALLにはシェイキン清水さんに広島から駆けつけた雑貨屋ポッポのLOUさんも参加。
毎年JOINTSのポスターを手掛けるM&Kのマコトさん、KEN THE FLATTOP氏もPAINT WALLに参加。その他、PAINT FACTORYによるグッズも販売された。
毎年JOINTSのポスターを手掛けるM&Kのマコトさん、KEN THE FLATTOP氏もPAINT WALLに参加。その他、PAINT FACTORYによるグッズも販売された。
トライジャが手掛けたショベルカスタム。美しいフォルムに目を奪われるが、フットコントロールにウィンカーが仕込まれていたりと細かな作り込みも尋常ではない。
トライジャが手掛けたショベルカスタム。美しいフォルムに目を奪われるが、フットコントロールにウィンカーが仕込まれていたりと細かな作り込みも尋常ではない。
4速フレームのショベルヘッドをベースに仕上げられたコチラのボッバーはDICKYS GARAGEが手掛けた車両。メッキのフューエルタンクがポイントである。
4速フレームのショベルヘッドをベースに仕上げられたコチラのボッバーはDICKYS GARAGEが手掛けた車両。メッキのフューエルタンクがポイントである。
カスタムファクトリーBBが製作したショベルヘッド。シングルクレードルのフレームに、要所のスパイダーウェブのモチーフがアイコンとなるマシン。
カスタムファクトリーBBが製作したショベルヘッド。シングルクレードルのフレームに、要所のスパイダーウェブのモチーフがアイコンとなるマシン。
CYLAが展示したインディアンボッバー。ホワイトのダブルシートの取り付けと2段シッシーバーにこだわりを感じさせる一台。
CYLAが展示したインディアンボッバー。ホワイトのダブルシートの取り付けと2段シッシーバーにこだわりを感じさせる一台。
コンプリートカスタムの草分け的存在のロデオ。ビンテージスタイルのマシンからハイエンドカスタムまでその守備範囲は広い。
コンプリートカスタムの草分け的存在のロデオ。ビンテージスタイルのマシンからハイエンドカスタムまでその守備範囲は広い。
マットペイントで落ち着いた雰囲気に仕上げられたBULL'S EYEのEVOスポーツカスタム。アイボリーのリムにホワイトリボンタイヤでクラシカルな雰囲気に。
マットペイントで落ち着いた雰囲気に仕上げられたBULL’S EYEのEVOスポーツカスタム。アイボリーのリムにホワイトリボンタイヤでクラシカルな雰囲気に。
マニアックなアプローチで独自の路線を突き進むSTANCEのナックルヘッド。ハンドル周りやフェンダーストラットなど細かな箇所も抜かりなし。
マニアックなアプローチで独自の路線を突き進むSTANCEのナックルヘッド。ハンドル周りやフェンダーストラットなど細かな箇所も抜かりなし。
BLACK CHROMEが持ち込んだEVOスポーツカスタム。直線を基調としたエクステリアがスピードを感じさせる。シャンパンゴールドのカラーも◎。
BLACK CHROMEが持ち込んだEVOスポーツカスタム。直線を基調としたエクステリアがスピードを感じさせる。シャンパンゴールドのカラーも◎。
ショベルスポーツベースのコンパクトなディガー。製作はJOYRIDE。キャンディーブラウンのカスタムペイントはシェイキンが担当している。
ショベルスポーツベースのコンパクトなディガー。製作はJOYRIDE。キャンディーブラウンのカスタムペイントはシェイキンが担当している。
4インチオーバーのガーターフォークはJOYRIDEのオリジナル。コフィンタンクを彩るゴールドリーフ&ピンラインの緻密な仕上がりにも注目。
4インチオーバーのガーターフォークはJOYRIDEのオリジナル。コフィンタンクを彩るゴールドリーフ&ピンラインの緻密な仕上がりにも注目。
地元名古屋のオールドスピードファクトリーが手掛けたTCダイナカスタム。大柄なダイナフレームながらもコンパクトな外装でタイトにフィニッシュ。
地元名古屋のオールドスピードファクトリーが手掛けたTCダイナカスタム。大柄なダイナフレームながらもコンパクトな外装でタイトにフィニッシュ。
お馴染み鎌倉のシャフト本間さん。新作ベルとマネークリップがオススメ。同じく鎌倉アトリエチェリーの水野さんはDENの松永さんと談笑中。
お馴染み鎌倉のシャフト本間さん。新作ベルとマネークリップがオススメ。同じく鎌倉アトリエチェリーの水野さんはDENの松永さんと談笑中。
鋳物専科FORKのブースにハマーサイクルのブース、ジャンクモーターのツトムさんに新作ヘルメットが人気のオーシャンビートルのブース。
鋳物専科FORKのブースにハマーサイクルのブース、ジャンクモーターのツトムさんに新作ヘルメットが人気のオーシャンビートルのブース。
車坂下のブースを彩るキャンペーンガール。パープルのパンヘッドカスタムとともに、なんともイイ雰囲気。
車坂下のブースを彩るキャンペーンガール。パープルのパンヘッドカスタムとともに、なんともイイ雰囲気。
やはり美しいカスタムマシンとセクシーな女性はよく似合う。華やかなカスタムショーにキャンペーンガールは欠かせない存在と言える。
やはり美しいカスタムマシンとセクシーな女性はよく似合う。華やかなカスタムショーにキャンペーンガールは欠かせない存在と言える。
四輪ホットロッドのBORDERS PICKを受賞したシウンのエレクトリックチョッパー。製作は3年前の2011年であるが、このコンセプトが色褪せることはない。
四輪ホットロッドのBORDERS PICKを受賞したシウンのエレクトリックチョッパー。製作は3年前の2011年であるが、このコンセプトが色褪せることはない。
PLOTブースに展示されたロードホッパーTYPE 9i。H-D製TC88エンジンを搭載したフラッグシップ。デザインはゼロエンジニアリングが担当。
PLOTブースに展示されたロードホッパーTYPE 9i。H-D製TC88エンジンを搭載したフラッグシップ。デザインはゼロエンジニアリングが担当。
パラダイスロードPICKとクラブハーレーPICKを受賞した105サイクルサービスのTCカスタム。丁寧な各部の作り込みが評価され、見事にダブル受賞を果たした。
パラダイスロードPICKとクラブハーレーPICKを受賞した105サイクルサービスのTCカスタム。丁寧な各部の作り込みが評価され、見事にダブル受賞を果たした。
東京から自走で参加したセレクテッドのEVOスポーツカスタム。コンパクトな外装のバランスが絶妙、落ち着いたカラーリングも好感が持てる。
東京から自走で参加したセレクテッドのEVOスポーツカスタム。コンパクトな外装のバランスが絶妙、落ち着いたカラーリングも好感が持てる。
ベストツインカムを受賞したセレクテッドのカスタムマシン。要所のハイエンドパーツは「走ること」を再優先するがための選択である。
ベストツインカムを受賞したセレクテッドのカスタムマシン。要所のハイエンドパーツは「走ること」を再優先するがための選択である。
マウントにもこだわったストレッチタンクに上質なレザー製ソロシート、プライマリーサイドに取り回されたマフラーも見逃すべからず。
マウントにもこだわったストレッチタンクに上質なレザー製ソロシート、プライマリーサイドに取り回されたマフラーも見逃すべからず。
昨年のBORN FREEに出展されたラックMCのナックルチョッパーがベストナックルヘッドに選ばれた。同店ならではの徹底した作り込みが要所に確認できる。
昨年のBORN FREEに出展されたラックMCのナックルチョッパーがベストナックルヘッドに選ばれた。同店ならではの徹底した作り込みが要所に確認できる。