VIRGIN HARLEY |  フォーティーエイトの圧倒的人気を支えるスタイリッシュで楽しいライディングを紐解く試乗インプレ

フォーティーエイトの圧倒的人気を支えるスタイリッシュで楽しいライディングを紐解く

  • 掲載日/ 2019年02月15日【試乗インプレ】
  • 取材・写真・文/田中 宏亮

XL1200X フォーティーエイトの特徴

現代のボバースタイルを確立した
時代の寵児とも言うべきモデル

fxsbの画像

1990年代モデル以来となるピーナッツタンクの復活にファットタイヤを履いた前後16インチのFLスタイル、ダブルテクスチャードソロシートと名付けられた通称”そら豆シート”、フォワードコントロールステップ、テールランプ一体型ウインカーと無駄のないアールを描くチョップドリアフェンダー、ボトムマウント型ラウンドヘッドライト、アンダーマウントされたサイドミラー……これらをバランスよく組み上げたことで唯一無二の流麗なシルエットを手に入れているフォーティーエイト。その発表は2010年夏、ハーレーダビッドソンの2011年モデルとして日本に上陸した。

フロントホイールは19インチか21インチ、そしてフューエルタンクも12.5リッターのスポーツスタータンクか17リッターのビッグタンクのいずれかが主流だった当時のスポーツスターモデルにとって、このスタイルは異形そのものだった。しかしながらその異様さは決してノイズとしてではなく、数十年ぶりに復活したピーナッツタンクに「スポーツスターにFLスタイルか」と、新たな選択肢として好意的に受け止められたのである。

スタイルの原点は1950年代アメリカで流行した「ボバースタイル」。”削ぎ落とす”という意味ではチョッパーと同じだが、違いは競技を目的とするレーシングバイクとしてのDNAの有無。フォーティーエイトの登場により脚光を浴びることになったボバーカスタムは、以降明確な地位を確立していった。

fxsbの画像

フォーティーエイトの名の由来は1948年、ハーレーダビッドソン史上初のピーナッツタンク採用モデルとなった排気量125ccのシングルシリンダーエンジンモデル「S-125」の製造年から。オールドファンには懐かしさがこみ上げるネーミングで、そのタンクに描かれた1970年代テイストの「Sportster」ロゴもまたマニア心を大いにくすぐるものだった。翌年のロゴは「FORTY-EIGHT」にデザインチェンジしたこともあり、今ではこの初期デザインにレア感が付与しているとも聞く。

カンパニーによる手が加えられた、いわゆるファクトリーカスタムモデル。2008年には「ここまでやってしまうのか」と見る者すべてを唸らせたFXCWCロッカーCなるド級のファクトリーカスタムモデルが存在したが、スポーツスターモデルでここまでカスタムされたのは初めてだった。当時ラインナップされたXL1200NナイトスターやXL883Nアイアン883と比べても、完成度はもちろんディテールが放つ個性は際立っている。

2016年、フォーティーエイトはアイアン883とともにマイナーチェンジ。スポークホイールはキャスト型の9スポークへと変わり、フロントフォークも41mmから49mmへと剛性アップ。前年よりH-Dカスタムパーツに仲間入りしたプレミアムライドエマルジョンサスペンション(フロントはシングルカートリッジ式)が取り入れられ、ライディングパフォーマンス向上が図られた。排気量1,202ccモデル向けの大きなラウンドエアクリーナーと、そのシルエットを意識した滑らかなデザインのソロシート、そしてフューエルタンクにはバー&シールドのプレートを備え高級感を高めるなど、カスタム色も一層強まった。

fxsbの画像

年式によってECMの配置が異なったり、2016年式以降からABSが標準装備となったりと、後期モデルになるほど細かなスポーツスターモデル共通のバージョンアップが図られているが、フォーティーエイトのスタイルそのものはまったく変わっていない。四半世紀を超えるラインナップ歴を持つモデルが揃うハーレーダビッドソンのなかでは未だ新顔な印象だが、現代のモーターサイクリストたち、さらにオートバイに親しみを持たない人たちの目をも惹きつけてきた実績は、古参モデルに引けを取らない存在感と風格を与えている。

2018年には兄弟モデル「XL1200XS フォーティーエイトスペシャル」も登場した兄貴分、2019年モデルのタンクグラフィックは1964年式 XLCHに採用されたエンブレムデザインを現代風にアレンジしたもの。1970年代を色濃く反映したハードキャンディーカスタムで彩られた2018年モデルまでとは一転、今度は1960年代テイストを主としているようだ。

改めて、ブレない人気車種フォーティーエイトのライディングパフォーマンスを暴いていこう。

fxsbの画像

フォーティーエイトの試乗インプレッションは次ページにて
1234

関連する記事

ピックアップ情報