VIRGIN HARLEY | ハーレーダビッドソン シティ中野店「第1回 テーマとベース車両確定」 週刊カスタムレポート

ハーレーダビッドソン シティ中野店「第1回 テーマとベース車両確定」

  • 掲載日/2011年04月08日【週刊カスタムレポート】
  • ベース車両/2011年式 XL1200N ナイトスター

ハーレーカスタムレポートの画像

テーマとベース車両確定

カスタムコンテストの常連が手がける
スポーツスターカスタムのはじまり

スポーツスター XL1200N ナイトスターをベースに、HDJ正規ディーラー店 ハーレーダビッドソン シティ中野店がフルカスタムに挑む。これまで店長 松本氏が手がけるカスタム車両を数多く紹介してきたが、いずれもカスタムショップのそれかと思わされるほど手がこんだものばかり。そんな経験豊富なクロームコンサルタントとアメリカでメカニック修行を積んだ芦田氏のダッグによるカスタム企画を週間レポートでお届けする。第1回は今回のテーマ紹介。以前松本氏が製作したセパレートハンドル装着のカフェレーサー型スポーツスターのバージョン違いに仕上げる予定とのこと。果たして仕上がりやいかに?

ハーレーカスタムレポートの画像

2011年式 XL1200N ナイトスター

価格/モノトーンカラー = 141万5000円 ツートーンカラー = 144万6000円
全長×全幅×全高(mm) = 2,245×935×1,140

オーナーからの要望

今回はオーナー不在車両……
なので最強ビルドコンビを紹介!

ここでは車両オーナーによる要望&希望をまとめるのだが、今回はイベント出展を目的としたオーナー不在の車両がベースとなっているので、カスタムを手がける H-D シティ中野店の最強コンビをご紹介しよう。

店長の松本 泰輔氏は、ハーレーダビッドソンジャパン主催のカスタムコンテストでも常に入賞ラインナップに食い込むカスタムを手がける業界屈指の手練れ。とりわけカスタムのアイディアに関してはグンを抜いており、制限の多いディーラーカスタム車ながら「カスタムショップのもの?」と思わせるスタイリングを生み出す点や細部へのこだわりは真似できないレベル。

そして同店のメカニック芦田 剛史氏は当サイトで連載していた メカニック芦田のメンテ講座、またコラム USA トレーニング・ダイアリー でもご存知の方もいるだろうスゴ腕メカニック。アメリカで修行を積んだその手腕に疑いの余地はなく、メンテナンスに関しては彼を指名するユーザーがいるほど。独特の語り口調でつづられる 彼のブログ も大人気。

そんなふたりが手を組んだ今回のスポーツスターカスタム、目指すはもちろん2011年度カスタムコンテスト入賞! 今まさにディーラーでカスタムをしようとしているオーナー、ビルダーズポイントは必読である。

【写真】ハーレーダビッドソン シティ中野店 店長 松本 泰輔氏 & メカニック 芦田 剛史氏

新しい潮流? カフェレーサースタイル

ハーレーカスタムレポートの画像
最初に取り組んだカフェレーサー・スポーツスター第1弾がコレ。今回の仕上がりやいかに?

今回取り組むテーマはずばりカフェレーサースタイル。以前ハーレーカスタム紹介でもアップした 2010年式 XL883N iron のイメージを踏襲したもので、キモとなるのは ROLAND SANDS DESIGN製のゲージマウントとセパレートハンドルキット。いつの時代も必ず存在するカフェレーサーカスタムをスポーツスターに取り入れるアイディアはこれまでにもあったが、このほどアメリカから発信されたこのビレットパーツが芦田氏の目にとまり、煮詰めた結果とっておきの一台が完成。

本企画ではその第2弾となるわけだが、ただ同じ型を踏襲するわけではない。松本氏曰く「前回はヴィンテージテイストを醸す一台としましたが、今回は現行モデルらしいモダンなビジュアルに仕上げようと思っています」とのこと。前回同様、塗装は SHAKIN’ SPEED GRAPHIX の清水氏が手がけるという。バリエーション豊富な氏のウデの見せどころ? もちろんペイントは最終回までオアズケ。乞うご期待!

住所/東京都中野区野方4-42-9
Tel/03-6909-1180
Fax/03-3388-8008
営業時間/11:00~20:00
定休日/水曜

関連する記事

注目のアイテムはコチラ