VIRGIN HARLEY | ファッションチェック2009年1月編 ファッション講座

ファッションチェック2009年1月編

  • 掲載日/2009年01月13日【ファッション講座】

バイクファッションの画像

デビルアロー綿秡の
ストリートファッションチェック

1月、いよいよ本格的な寒さがやってきましたね。もうほとんどバイクに乗ってない…なんて人も多いのでは? でも、オシャレをして少しでもバイクに乗ってみましょう。どんなに寒くても、やっぱり風を切る感覚は楽しいものです。さてさて今回は昨年も行ったように、防寒とファッションの両立をテーマに見て行きたいと思います。かっこよく、でも快適に。ここでそのヒントを学んで、ぜひ街に走り出してくださいね。それでは今月もファッションチェック、いってみましょう!

Riders Style01

バイクファッションの画像

藤田 武さん(36) / 自営業 Harley-Davidson FXDB

着膨れに見せない
アイテムチョイスが◎

綿秡アドバイス

レザー素材のダウンブルゾンにVネックのロンTにチェックシャツ。真冬のこの時期に上半身は3枚のみ(!)ですが、防風性の高いレザーのダウンで上手く防 寒性とスタイルをフォローしていますね。トレンドのチェックシャツもネル素材なので、保温性はあります。シャツの着丈が多少長いのが気になるとこかな。短くお直ししてみては?

バイクファッションの画像
【左】当講座でオススメしているビーニ。ヘアースタイルの乱れを隠すのはもちろん、耳まで覆ってくれますから防寒性にも良いアイテムです。タトゥーマシーンのワッペンが良いアクセントになっていますね。 【中央】バイカー仕様では無いダウンジャケットが、多くのバイカーとは違う印象を醸し出しています。アウターとボトムスの黒ベースにホワイトカラーのロンTがアクセントに。胸の箔プリントがラグジュアリーです。 【右】ボトムスはレザーパンツにエンジニアブーツ。アウターのレザーブルゾンとリンクする重量感あるエンジニアブーツで統一。防寒性もブーツインすれば最強ですね。

Riders Style02

バイクファッションの画像

林 健一さん(37) / 会社員 Harley-Davidson FLSTF

寒さに負けずうまく
トレンドを取り入れたコーデ

綿秡アドバイス

電熱ウェアは邪道だ!と言い切る林さん(笑)。この季節、映画“ターミーネーター”のシュワちゃんのように全身レザーで固めているハーレー乗りが多い中、バイクから離れても違和感が無いスタイルに好感が持てます。人と同じ格好ではツマラナイですから。今季トレンドのチェックシャツも取り入れ て、オシャレにコーデされていますよ。

バイクファッションの画像
【左】アウターのブルゾンは上までしっかりファスナーを上げれば、首元からアゴまで寒さをカバーしてくれる優れモノ。ボタンを留めればファスナーの隙間から風の浸入を防ぎ、裏地のボア素材も保温性がありますね。ダウンブルゾンより防寒性は劣るけど、寒さに強い人には十分かも!? 【中央】アウターとボトムスのカラーが暗いので、インナーに明るめチェックをセレクトしたのはナイス。インナーがダークカラーだと全身の印象が暗くなりますからね。ネル素材も保温性があるのでオススメです。 【右】ウォレットはコードを付けていれば落下防止になりますが、走行中にポケットから落ちるとキケン。林さんのようにウォレットケースと組み合わせて使用すると安心ですね。

Riders Style03

バイクファッションの画像

109さん(32) / 会社員 Harley-Davidson FXSTS

フリースのカラーが重いが
サイズ感はGood!

綿秡アドバイス

フライトジャケットにインナーは厚地のフリース。インナーはロンTの2枚レイヤードで、ボトムスは濃色のジーンズコーディネイト。フライトジャケットのサイズ感がタイトでイイ感じ。ジーンズ下には電熱タイツを履いてるとのことですが、“モコモコ感”が無くスッキリ見せているのはオシャレを忘れていない証拠。ヘッドウェアが無いのが寂しいなぁ。

バイクファッションの画像
【左】フリースは保温効果と着脱の容易さから冬の必須アイテム。ただ惜しいのは、フリースの色目がフライトジャケットより濃いため重たい印象になっていること。淡い色目の方がカラーコーデとしては良かったかな。【中央】アウターから覗く胸部にプリントを施したTシャツは、ホワイトカラーでアウターのカラーと上手くまとまっています。左画像のフリースのカラーリングと比較するとわかりやすいと思いますが、インナーのカラーリングはアウターより色調を抑え目にした方が上手くまとまる場合が多いですよ。 【右】冬の時期にはピッタリな、濃色なジーンズが印象的です。ブーツカットでブーツとの相性も抜群。レングスもバッチリ。

Riders Style04

バイクファッションの画像

宮本 現輔さん(27) / 会社員 Harley-Davidson XL1200R

細身な体型が
着膨れをカバーした着こなし!

綿秡アドバイス

ダーク系のダウンジャケットに、ライトカラーのカーゴパンツをコーディネイトする事で上下のカラーバランスが重たくなく上手く調整できています。ブルー ジーンズではツマラナイですから。「極度の寒がり」という宮本さん、インナーにも薄手のダウンを取り入れることで上手くオシャレと両立した防寒をしています。ヘッドウェアもイイ感じです。

バイクファッションの画像
【左】ダウンジャケットのインナーには、さらに薄手のダウンジャケットをレイヤード。2枚のジャケットの間に温かい空気の層が出来るため、さらに保温性を上げてくれます。【中央】2枚のジャケットの下にはニットとロンTを着用。防寒性重視になちゃっていますが、ニットはダークな無地より柄が入ったニットの方がオシャレ感は出たでしょうね。ここがチョッと惜しいなぁ。 【右】ボトムスのカーゴパンツの下にはタイツにナイロンパンツの3枚重ね。どんだけ寒がりなんでしょうか?(笑) それでも細身の体型なので、“ギリ”で着膨れて見えません。太った体型の人が同じ着こなしをしたら、ヴィバンダム(ミシュランマン) (笑)に見えちゃいますから注意!

Riders Style05

バイクファッションの画像

ヤギさん(31)/ 会社員 Kawasaki ZRX1200R

オトナのお洒落は
目立たない部分に拘る!

綿秡アドバイス

ダウンジャケットに5ポケットのインディゴジーンズ、インナーはボーダー柄のロンTでシンプルにコーディネイト。トップスのカラーコーデが寂しいですね。アディダスの鮮やかなカラーのスニーカーを活かし、明るめな色目のスウェット・パーカーなどをレイヤードしてみては? このままですと、スニーカーのレッドカラーが少し浮いているかな?

バイクファッションの画像
【左】表側はシンプルですが、カモフラージュ柄の裏地が施されたジャケットはニクイ演出ですね。こういう見えないところにこだわってるってことは、アンダーウェアにも気を遣ってるのかな? ただ、ボーダー柄のスウェットはちょっと残念。横ボーダー柄は横長に膨張して見えますから、ガッチリした体型の人は避けた方が無難です。【中央】イイ感じに色落ちしたジーンズは“ヒゲ”のアタリも、しっかり出ています。洗濯用洗剤では全体的にまんべんなく、色落ちしてしまいます。色落ちに濃淡を出したければ、漂白剤の入っていない物をオススメします。【右】全身がダークカラーですから、差し色で鮮やかなカラーのスニーカーはイイんですが、あともう1アイテム明るいカラーを取り入れれば全体のカラーバランスが上手くまとまったでしょうね。
講師プロフィール
綿秡 幹哉(Mikiya Watanuki)

1966年生まれ。大手アパレル会社の企画生産部門に所属していた経験を持ち、独創的なデザインが魅力の商品開発に携わっていた。2000年に新しいチャレンジと、某ラーメン店を立ち上げ、行列ができる店としてメディアの注目を集める存在に。その後、再びアパレル業界への参戦を決意、「Devil Arrow」を開店、現在に至る。愛車はハーレー・スポーツスターXL1200R。

取材協力

国内外を問わず、常に旬の上質なカジュアルブランドを揃え、流行を意識しながらも決して流行だけを追いかけないこだわりのセレクトアイテムを揃えるショップ。店主がバイク乗りであることから、その乗り方を意識した洋服選びをしている稀有な存在と言える。

【現在、店舗休業中にてウェブサイトのみで営業中】

お問い合わせ/info@devilarrow.com

注目のアイテムはコチラ