VIRGIN HARLEY |  第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾トピックス

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

  • 掲載日/ 2018年12月04日【トピックス】
  • 取材協力/ MOON OF JAPAN,INC. 写真・ 文/VIRGIN HARLEY.com編集部
第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾の画像

過去最大級の盛り上がりを見せた
世界中が注目するホットロッドカスタムショー

年も押し迫った12月、カスタムフリークお待ちかねのあのイベントの開催だ! そう、「第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー2018(HCS)」が恒例のパシフィコ横浜で2018年12月2日(日)に開催された。それにしても今年も凄かった! 朝8時のイベントスタートにも関わらず、7時前には何百人という来場者がエントランス前に長蛇の列をなしていた。

8時のゲートオープン後、会場はすでに満員状態で、歩くのもままならないような混み具合となった。9時からはメインコンテンツのライドインショーがスタートし、会場のボルテージは早くも最高潮! ゲストとして数年振りの登場となったチャボエンジニアリングの木村信也氏がヤマハSRのフルカスタムともにライドインショーに参加したことも大きなトピックスとなった。

今回のHCS 2018最速レポート第一弾では、そんなライドインショーの模様とゲストバイク、そしてフラットトラックレーサーを集めた「Have Fun!!」のブースを中心に紹介しよう!

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

ショー前日の土曜日、全国から続々と展示車両が搬入されてくる。アメ車のフルサイズトラックにハーレーのチョッパーという最高の組み合わせ!

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

ブースを設営し、搬入日の最後の仕上げとしてマシンを隅々まで磨き上げる。さて、準備OKですか!?

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

展示車両を引き立てるため、ブースを徹底的に作り込む。出展者の気合が感じられる光景である。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

朝7時過ぎには、ご覧のようにエントランス前はオーディエンスの長蛇の列が! ここまで長い列は、ここ数年でもなかったはずだ。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

8時のゲートオープンとともに会場に流れ込むオーディエンス。まずはメインコンテンツのライドインショーの場所取りだろうか?

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

そのライドインショーの準備としてバックヤードにゲストのカスタムマシンが集められた。今年は昨年に比べて日差しがなく、かなり冷え込んだ模様。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

ライドインショー前に、簡単なブリーフィングが行われた。今年初の試みである。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

チャボエンジニアリングの木村さんがSRのエンジンスタート! さぁ、いよいよライドインショーのはじまりだ。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

ライドインショーのトップはProvost Motorsports / South City Rod & Customが手がけた1970 Chevy C10 Pickup “Mafia Truck”だ!

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

四輪のあとはバイクがライドイン。こちらはVintage Technologies / Hawke Lawshe’ の1946年式Knucklehead “HADES”。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

Born Free 10で “Best Shovelhead”を獲得したFast Eddy Co. / Chris Gravesの1975年式 Shovelhead “Hush Your Mouth”はタンデムでライドイン!

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

お馴染みのローランド・サンズは1934 BMW R7 “9T Concept R7″でライドイン。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

Born Free 10で “Best in Show”を獲得したBuilt The Traditional Way / Justin Walls / Co-designer Bobby Greenの1948 Harley Davidson UL “Blackbird”。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

ライドインショーのトリは、チャボの木村さん。会場はこの日最高潮の盛り上がりに!

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

ライドインショーのあとは会場中央でゲストの紹介が行われ、最後は記念撮影。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

ここからはゲストのカスタムマシンを紹介しよう。まずはVintage Technologies / Hawke Lawshe’ が手がけた1946年式Knucklehead “HADES”。Born Free 10で “Invited Builder 1st Place”と” Best Knucklehead “を獲得したロングフォークチョッパー。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

Built The Traditional Way / Justin Walls / Co-designer Bobby Greenの1948年式UL “Blackbird”。古のランドスピードレーサーをイメージソースに製作されたリアルレーサー。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

Born Free 10で “Best Paint”を獲得したThe Tiger Shack / Ryan Mullionの1953 Triumph 6T。キャンディパープルとクロームのコントラストが美しい。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

Dynamite Joe Kerivan が製作した1957年式Panhead。磨き上げられたエンジンとブラックの外装、エイプハンガーが特徴的なマシンである。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

Vintage Dreams / Ryan Grossmanの1954年式Panhead “Baddd Hunny”。ロッカーアームが剥き出しのエンジンに4本出しのマフラーがポイントの一台。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

Fast Eddy Co. / Chris Gravesが製作した1975年式 Shovelhead “Hush Your Mouth”。ツインマグが見所となるクラブスタイルのマシンである。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

ローランド・サンズが手がけた1934 BMW R7 “9T Concept R7″。現行モデルのR nineTをベースに1934年式のR7をイメージソースに製作されている。流れるようなフレームラインが美しい。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

チャボの木村さんが仕上げたSRカスタム”Crystal Trophy”。人の手の温もりが感じられるチャボ流のカフェレーサーである。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

アルミ叩き出しのエクステリアはもはやアートの域に達している。ヤマハUSAから車両提供を受けて製作されたこのマシン。オーナーは日本人だという。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

続いてここからはショーに出展されたカスタムマシンをご紹介。こちらは東京都足立区のChange-Cycleが手がけたナックルチョッパー。ストレッチされたフォークによる後ろ下がりのフォルムがポイント。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

EVOスポーツをベースにLeveLが製作したカフェレーサーカスタム。メタル剥き出しで、どこか近未来的な雰囲気を醸し出している。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

GRATIAが手がけたショベルリジッドカスタム。ボリュームのある前後タイヤにコンパクトなエクステリアを合わせ、見事にバランス取りされている。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

ハイクオリティーなシートを手がけるK&Hが持ち込んだEVOスポーツスターベースのデモカスタム。まるで純正モデルのような完成度を誇っている。もちろんシートはK&H製だ。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

greenが持ち込んだショベルカスタム。定番の4速フレームかと思いきや、リアエンドはリジッド化されている。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

こちらのショベルスポーツチョッパーはSHIFTの作。極端にローダウンされたフォルムにクレイジーフランクを模したリアフェンダーが見所となっている。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

1980 FLHをベースにNUTSが手がけたクリーンなカスタム。ナロースプリンガーフォークに絞り込まれたハンドルバー、フェンダーストラットの処理など細かなところにも徹底的に手が入れられている。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

OWLが持ち込んだパンヘッドのデモマシン。グリップやシフトノブ、エアクリーナーなどのオリジナルパーツに加え、プロトタイプのブレーキレバーブラケット、フェンダーストラットなどが装着されている。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

カスタムショーを彩るセクシーなモデルも大きな見所と言えるHCS。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

彼女たちがカスタムマシンの前でポーズを決めれば、瞬く間に人集りが!

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

カスタムマシンとセクシーな女性モデル、これ以上の組み合わせはないのでは!?

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

ハーレーダビッドソンのオフィシャルブースにも女性モデルが。トライクファミリーのフリーウィーラーとともに!

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

ハーレーダビッドソンのオフィシャルブースでは話題のニューモデルであるFXDR114にファットボブ、フリーウィーラーというカスタム色が強いモデルが展示された。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

フラットトラックレーサーを集めたコンセプトブース「Have Fun!!」。SHOEIヘルメットとのコラボブースである。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

Have Fun!!のブースでは、モンキー150のエンジンをベースにしたフルスクラッチのフラットトラックレーサーとカスタムペイントが施されたSHOEIの新作ヘルメット「EX-ZERO」とのコラボ展示が行われた。こちらはINU CHOPPERの作。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

ホットドックの河北さんが本気で手がけたフラットトラックレーサー。そのクオリティは遊びのレベルを超えている!

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

こちらは宮城県のDUCK TAILの作。XR750テイストのシートカウルがポイントだ。ヘルメットはブラックベースにカラフルなフレイムスをドロウ。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

CHIPが手がけた本気のモンキー150フラットトラックレーサー。元ダートトラックレーサーのCHIP吉田さんだけに、その気合いはそうとうなもの。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

Have Fun!!主犯格のCHEETAH CCのマシン。カラーリング、デザインといいシャレが効いている。でも走りは本気!

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

もう一台、CHEETAH CCのマシンとヘルメット。こちらはビビッドなイエローでコーディネイト。ヘルメットはCHEETAH CCお馴染みのデザイン。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

フラットトラックレースの普及に努めているBUDDYもHave Fun!!に参加。モンキー150のエンジンと言えども、そのセットアップに妥協はない!

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

Have Fun!!ブースに展示されたカワサキKX250ベースのフラットトラックレーサー。このスタイルは、どこからどう見てもホットドック河北さんの作。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

Have Fun!!ブースでゲストの木村さんと河北さんを撮影。世界に誇るこのお二人、かなりお久しぶりの様子で、このカットはかなりレア!

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

Have Fun!!に参加し、ロゴなどをデザインしたシェイキンもマシンを展示。こちらはスズキのグラストラッカーをベースに仕上げられたフラットトラックレーサー。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

Have Fun!!のSHOEIコーナーでは、EX-ZEROの試着も行われ、大盛況!

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

クラシカルなオフロードヘルメットをイメージしたEX-ZERO。ハーレー乗りからも大きな注目を集めいてることは言うまでもないだろう。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

カスタムマシンにマッチするファッショナブルなジェットヘルメット「J・O」も展示。安全性はもちろんのことシールド内蔵型で使い勝手も良好。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

エーシックス、マンクスマンガレージ、MMMプロダクツのコラボブースではメタルワークが冴えるエーシックスのデモカスタムに、MMMプロダクツの鋳造ヘルメット「Ob-JET Crazy」、マンクスマンガレージのEVOスポーツカスタムを展示。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

ムーンアイズのオフィシャルブースは人集りが絶えることはなかった。そして長蛇の列が会場内にできていたVANSブースではムーンアイズとのコラボスニーカーが販売され大人気。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

お馴染みのシャフト、アトリエチェリー、サンセットベイの合同ブース。サンセットベイ新色のホワイトレザーライダースに、OWLとシャフトのシルバーコラボサクセサリー、アトリエチェリーは定番のレザーウォレットなどを販売。

第27回ヨコハマホットロッドカスタムショー 最速レポート第一弾

その合同ブースのすぐ後ろには、こちらもお馴染みの鎌倉クルー、ブルーグルーブがブースを設置。アパレル販売とともに、作り込まれたブースを展開。

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。