VIRGIN HARLEY | VINTAGE MOTOCROSS Round-2 イベントレポート トピックス

VINTAGE MOTOCROSS Round-2 イベントレポート

  • 掲載日/2012年08月02日【トピックス】
  • 取材協力/DIRT A.C.T.S. UNION  取材・写真・文/VIRGIN HARLEY.com
VMXの画像

ハーレーがモトクロスを走る? そんな驚きを覚えずにはいられないイベント VMX =ビンテージモトクロス= ミーティング 2012 Round-2 に伺いました。

粋な大人たちが熱中する真夏の祭典
現代に蘇った 『ON ANY SUNDAY』

2012年7月28日(土)と29日(日)の2日間、埼玉県川越市のモトクロスヴィレッジにて VMX =ビンテージモトクロス= のイベント VINTAGE MOTOCROSS MEETING Round-2 が開催されました。往年のトレールバイクでモトクロスを楽しむというこのイベント、今回の出走台数が350台を超えるなど、人気を博しているのです。本格的なモトクロスレースと違い、ビンテージバイクを駆るライダーのウェアを見ても1970年代前後のダートスポーツシーンをほうふつさせるものでまとまっており、往年の雰囲気を再現して楽しむといった要素を取り入れたイベントと言えます。その光景は、映画『栄光のライダー =on any sunday=』が現代に蘇ったかのよう。ここでは VMX Round-2 2日めの模様をフォトレポートとムービーでお届けします!

フォトTOPICS(写真点数/47枚)

VMXの画像
01会場はこちら、埼玉・川越にある モトクロスヴィレッジ 、通称“モトヴィ”。
VMXの画像
02AM7:00 よりエントリー開始。すでに場内はトランスポーターやテントなどで埋めつくされていました。
VMXの画像
03こちらは トイズマッコイ のブース。ヘルメット MOTO BUCO のB品セール販売なども。そしてこのトライアンフは、代表 岡本 博さん の愛車。
VMXの画像
04ハーレー用シートなどを手がけるメーカー K&H の上山さん、青鹿さんも参戦。
VMXの画像
05愛車 YAMAHA XT500 の状態を入念にチェック。詳しくは 上山ブログ をご覧ください。
VMXの画像
06こちらは神奈川のカスタムショップ SPEEDBUGGY (スピードバギー)のブース。
VMXの画像
07代表 岩田さんの愛車は“イタリアンハーレー” アエルマッキ! さすが SPEEDBUGGY といったところでしょうか。
VMXの画像
08同じくアエルマッキで参戦するのは、カメラマンの高倉 康さん。本イベントの常連だそう。
VMXの画像
09カスタムされた YAMAHA SR 4台で参戦するのは、ハーレーのカスタムなども手がける東京のショップ BRAT STYLE (ブラットスタイル)。
VMXの画像
10ついでといってはナンですが……、BMW BIKES 編集部の土山も、愛車 HONDA MT250 エルシノアで参戦。●
VMXの画像
11こちらは今はなきイギリスのモーターサイクルメーカー BSA! こんなバイクまで走るんですね。
VMXの画像
12ヘルメットだって、イメージしているモトクロスのそれとは違い、こんなビンテージものが主なのです。
VMXの画像
13レース前のフリー走行がスタート。K&H の上山さん、慣らしながらのチェックを繰り返します。
VMXの画像
14ご覧のとおり、70年代アメリカのダートスポーツシーンからそのまま飛び出してきたかのようなファッション。
VMXの画像
155年ぶりの VMX 参加だという BRAT STYLE 代表の高嶺さん。普段からモトクロスの練習はされているそう。
VMXの画像
16BELL のビンテージオフロードヘルメット、MOTO4ですね。フリー走行だけで泥々です。
VMXの画像
17ブリーフィングでは、この日は気温が40度近くになるということで、脱水症状や熱中症対策を万全にするよう促されました。
VMXの画像
18そして本戦に参加されるレジェンドライダーの5名を紹介。
VMXの画像
19BMW MOTORRAD GS トロフィジャパン 2012 でインストラクターを務められていた吉友寿夫さんもレジェンドライダーのひとり。
VMXの画像
20クラッチレバー側である左手をヘルメットに当ててスタートの合図を待つ“ヘルメットタッチ方式”が採用されています。
VMXの画像
21いよいよスタート、緊張の一瞬。スタート時の真横アングルはオフロードレースの醍醐味とも言えますね。
VMXの画像
22レース開始! 排気量や年式、国内/海外モデル別などでカテゴリー分けされ、各クラスごとで競争するのです。
VMXの画像
23こちらもアエルマッキでの参戦! 文字どおり、ハーレーがダートを疾走しています。
VMXの画像
24SPEEDBUGGY 代表の岩田さん、アエルマッキを自在に操りながら軽やかにコーナーをかわしていきます。
VMXの画像
25K&H 上山さんもハイジャンプ。
VMXの画像
26こちらも BRAT STYLE のトラッカー SR。
VMXの画像
27K&H 青鹿さんは HONDA CR で疾走!
VMXの画像
28一般的なモトクロスとは思えないシーンが見られる、それが VMX です。
VMXの画像
29女性ライダーだっていますとも!……あれ、先程の方と同じバイクですね。
VMXの画像
30イタリアンスクーター ランブレッタでジャンプする御仁。こんなバイクで土の上を走るとは。
VMXの画像
31こちらはれっきとしたオフロードバイク HONDA EZ-9。なんとも渋いチョイスですね。
VMXの画像
32当然 HONDA カブで走る人だって!
VMXの画像
33ヘルメットやウェアも千差万別。速さを争うというよりは、昔のモトクロスシーンの雰囲気を楽しもうというイベントなのです。
VMXの画像
34この日の暑さは尋常じゃありませんでした! スタッフの方々がコースに水を撒きます。
VMXの画像
35今回のレースにあわせてシートを新調した上山さん、好調か?と思いきや……。
VMXの画像
36まさかのマシントラブルでリタイア。その落ち込みっぷりが分かるほどガックリと肩を落とされていました。
VMXの画像
37ブース帰還。レース一本を終えただけでこの泥っぷり。
VMXの画像
38次のレースに備えて泥を落とします。「泥だけで数キロは重さが変わるよ」と。
VMXの画像
39青鹿さんも車両の汚れを丁寧に落としていきます。次のレースでは健闘を!
VMXの画像
40場内には湧き水を貯めたボックスがあり、レースで熱を帯びたライダーがここで体を冷やしておりました。プールに来たみたいで気持ち良い!
VMXの画像
41先ほどランブレッタで走られていた御仁、今度はドイツのモーターサイクルメーカー MZ に乗り換えて参戦。ファッションがキマっております。
VMXの画像
42レースとレースの合間には、こうしてスプリンクラーにて水が撒かれます。
VMXの画像
43レース、レース、レース。多少は軽装とはいえ、この炎天下です、体に熱がこもって大変なのですが、やっぱり遊ぶならとことん遊びたい!
VMXの画像
44随所でこうしたデッドヒートも……っていうほど、ガリガリ削り合ったりはしていないですよ。
VMXの画像
45BRAT STYLE の高嶺さんがかなり速かったことに驚き。さすがです。
VMXの画像
46そして表彰式。シャンパンファイトも爽快ですね!
VMXの画像
47ハーレーもが溶け込む“大人の遊び場”、それが VMX です。こういう楽しみ方もアリですね。

注目のアイテムはコチラ